旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カワサキからモデルチェンジした「KX450/KX250」をはじめ、2021年モデルKX/KLXシリーズ登場。

2020年07月17日13時40分 / 提供:PR TIMES

世界で活躍するKXシリーズ、2021年モデル登場!

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、2021年モデル「KX250」「KX100」「KX85-II」「KX65」「KLX110R L」を2020年8月20日(木)に、「KX450」「KX85」を10月1日(木)に発売いたします。
【URL】https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/

[画像1: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-622830-0.jpg ]

【KX450】
数多くの先進機能を採用したエンジンとスリムな車体を与えられたKX450。「中級レベルのライダーからエキスパートライダーまで、表彰台の頂点に立たせる」というKXの設計概念は、KXブランドをこの世に送り出し40年以上経った今でも揺るぎません。数々のAMAタイトル獲得の事実は、KXの真の実力を証明しています。2019年モデルにて吸気ラインのダウンドラフト化とフィンガーフォロワーロッカーアームの採用によるエンジンの高出力化、セルフスターターや油圧クラッチを搭載などフルモデルチェンジ。そしてこの度2021年モデルのアップデートにて、さらなるエンジン性能、操作性の向上を達成。ファクトリーマシンからフィードバックされた先進技術により、レースでの戦闘力を高めています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-731047-2.jpg ]

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_1.jpg ]

※KX450は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

●主な変更点
・ピストンスカートのドライフィルムコーティングにより、フリクションを低減しエンジン性能を向上。
・油圧クラッチ構造の見直しを行い、クラッチのコイルスプリングを皿ばねに変更とクラッチプレートの大径化、摩擦材の見直しにより、優れた耐フェード性と操作性を実現。

[画像3: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-457090-1.jpg ]

・ファクトリースタイルのレンサル製ø28.6mmアルミファットバーを標準装備。
[画像4: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-268085-4.jpg ]

・カラー&グラフィックの変更

【KX250】
高回転域における高いパフォーマンスと力強いパワーを誇るKX250が、さらなるアップデートを果たし登場。「中級レベルのライダーからエキスパートライダーまで、表彰台の頂点に立たせる」というKXデビューから普遍の設計理念をもとに進化を遂げ、世界最高峰のモトクロスレースと称されるAMA スーパークロスとAMA モトクロスの4 ストローク250ccクラスにおいて、KX は最多タイトルを獲得しています。新しく登場したKX250は、249cm3水冷4ストローク単気筒エンジンのさらなる出力向上を達成。さらにセルフスターターと油圧クラッチを採用し、操作性を高めています。また、ポテンシャルを最大限に発揮するためKX450をベースにした新設計のフレームとスイングアームを採用。2021年モデルにて進化を遂げたKX250はレースにおける戦闘力をさらに高めています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-363369-3.jpg ]

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_2.jpg ]

※KX250は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

●主な変更点
・最高出力を約1.0kW(1.4PS)、レブリミットを350rpm高めたエンジン
[画像6: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-290230-5.jpg ]

・素早いエンジン始動を可能にするセルフスターター
・フロントブレーキのコントロール性と総合的なフィードバック性能を高めるフロントマスターシリンダー
[画像7: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-683977-6.jpg ]

・優れたコントロール性を発揮するKX450同様の油圧クラッチ
[画像8: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-870245-7.jpg ]

ポテンシャルを最大限に発揮する、KX450をベースした新設計のフレームとスイングアーム
・ライダーが動きやすいように、デザインが一新されたボディワーク
[画像9: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-217617-8.jpg ]

・新フレームに合わせて最適化されたフロントとリヤのサスペンションセッティング
・標準装備されたファクトリースタイルのレンサル製ø28.6mmアルミファットバー
・カラー&グラフィックの変更

【KX100】
ファクトリーマシンをイメージした本格派FUNライドモデルKX100。KX85・KX85‐IIに比べ、よりパワフルなエンジンを搭載しています。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニトラックリヤサスペンションなど充実した装備との組み合わせは優れたパフォーマンスを発揮。また、ハンドルバーは6つのポジションに調節可能で、ライダーの好みに応じて選択出来るようになっています。さらに人間工学を取り入れたボディワークは快適な乗り心地と操作性を両立。「表彰台のトップにライダーを送り込む」というカワサキの設計理念がふんだんに盛り込まれています。
[画像10: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-882700-9.jpg ]

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_3.jpg ]

※KX100は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

【KX85/KX85-II】
KX85・KX85-IIは高い剛性を誇るペリメターフレームに84cm³のパワフルな2ストロークエンジンを搭載。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニトラックリヤサスペンションなど充実した装備との組み合わせは優れたパフォーマンスを発揮します。また、ハンドルバーは6つのポジションに調節が可能。ライダーの好みに応じて選択出来るようになっています。さらに人間工学を取り入れたボディワークは快適な乗り心地と操作性を両立。「表彰台のトップにライダーを送り込む」というカワサキの設計理念がふんだんに盛り込まれています。フロント17インチ、リヤ14インチのKX85に加え、フロント19インチ、リヤ16インチの大径ホイールを採用したKX85-IIも同時にラインナップしています。

KX85
[画像11: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-536574-10.jpg ]

[表4: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_4.jpg ]

※KX85は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

KX85-II
[画像12: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-445564-11.jpg ]

[表5: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_5.jpg ]

※KX85-IIは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

【KX65】
6速ミッションを装備した本格的なキッズモトクロッサーKX65。上級モデルのスタイルをそのまま凝縮したアグレッシブなデザインと高い走破性は、多くのキッズライダーたちから高い評価をいただいています。高い信頼性と耐久性を持つ排気量64cm³の2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンは、パンチのある高回転域でのパワー特性と扱いやすさを両立。また、ハードな走行にも耐えられるよう、車体には本格的なセミダブルクレードルフレームを採用しています。伸側減衰力の調整機構を持つ前後サスペンションを装備し、リヤサスペンションはプリロード調整も可能。路面状況やスキルに合わせてセッティング出来る様になっています。
[画像13: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-385328-12.jpg ]

[表6: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_6.jpg ]

※KX65は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

【KLX110R L】
子供から大人まで幅広くオフロードを楽しめるKLX110R L。KACR(カワサキ・オートマチック・コンプレッション・リリース)とセルスターターを採用し、安定した始動性を確保。加えて、スロットルの開け過ぎを防ぐストッパーや大型のチェーンガイド、ヒートプロテクターなどの安全装備も充実しています。堅牢なバックボーンフレームに111cm³ 空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載。変速方式には4速ミッションとマニュアルクラッチを採用し、オフロード走行をよりスポーティに楽しむ事が出来ます。また、サスペンションには140mmのストロークを確保したテレスコピック式のフロントフォークとガス封入式のリヤショックを採用。リヤのホイールトラベルは132mmを誇り、走破性と安定感のあるハンドリングを実現しています。
[画像14: https://prtimes.jp/i/28066/189/resize/d28066-189-831726-13.jpg ]

[表7: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/189_7.jpg ]

※KLX110R Lは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
※メーカー希望小売価格は消費税10%を含む参考価格です。

※使用している画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。

主要諸元

https://prtimes.jp/a/?f=d28066-20200715-7887.pdf

会社概要

会社名:株式会社カワサキモータースジャパン
所在地:〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号
代表取締役社長:寺西 猛
設立:昭和28年12月15日

カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト
URL:https://www.kawasaki-motors.com/

カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn

カワサキ公式SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/Kawasaki.Motorcycle.and.Engine.Company/
YouTube:https://www.youtube.com/user/Kawasakimec

カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn

カワサキ公式SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/Kawasaki.Motorcycle.and.Engine.Company/
YouTube:https://www.youtube.com/user/Kawasakimec

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る