旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

オールデータパートナーとしてCMO・CDOと並走『通販DXサービス』提供開始 ブランディングからLTV向上まですべてのデータを可視化し最適化へ 

2021年05月14日16時15分 / 提供:PR TIMES

⠀ヘルスケア、ビューティ、食品領域でKPI保証サービスを展開するマーケティングコミットカンパニー、株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表:飛鳥貴雄、以下「当社」)は、オンラインとオフラインのデータを一元管理し、ブランディングからLTV向上までを一気通貫で最適化する「通販DXサービス」を開始します。

■WEB広告市場 景表法・薬機法厳重化で中長期的にクリーンな市場に移行へ

[画像1: https://prtimes.jp/i/12491/112/resize/d12491-112-518756-0.png ]

⠀当社は、正しい広告表現を遵守することで、クリエイティブの安全性を担保し、健全なマーケティングを実施してまいりました。クリーンで安全な広告を求め、通販事業者から当社へのご依頼は増化している状況にあります。ただ、中長期的にみると、規制立法の厳重化により違反広告が減少し、広告業界がクリーンになることが予想されるものの、いまだに市場では景表法や薬機法に違反している広告が散見され、それらの違反広告と、法律に則った当社の広告を比較すると、違反広告のほうが目につきやすいため、当社の広告からヒットが生まれにくい状況であることも事実です。
⠀またメーカーの立場では、ブランディング等の効果が可視化できない、データが色々なところに散らばっていて統合した分析ができない、また、デジタルトランスフォーメーション(DX)に費用が大きくかかり、投資に着手が出来ないなどの様々な問題が散見される状況にあります。

⠀当社はこういった状況を受け、WEBを中心としたKPI保証による新規顧客の獲得や既存顧客の育成を中心としていた事業形態から、ブランディング広告やTVCM等にも事業領域を拡大し、トータルのマーケティング効果の最適化を狙います。そのためメーカー独自のプライベートDMPを構築しオンライン・オフラインのデータをそこに蓄積するとともに、独自MAツールで計測することで一気通貫で分析を行い、マーケティング効果を効率化するサービスに着手しました。当社が、マーケティング支援をすることにより、メーカー側でDXにかかる大きな投資をすることなく、通販DXを推進することが可能となります。

■「通販DXサービス」の意義
⠀当社は、通販事業者のさらなる成長をサポートするため、これまでデータ化されていなかったオフラインのデータやインフルエンサー・オンラインマーケティングのデータを統合・一元管理し、これまでの事業の中心であったKPI保証によるWEB広告での獲得施策という枠を超え、クライアントのCMO※1、CDO※2のデータパートナーとして、運用型TVCMや認知広告、インフルエンサーの活用などのブランディングから新規顧客の獲得の効率化、LTVの向上までを一気通貫で支援してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12491/112/resize/d12491-112-647428-1.png ]

⠀当社独自のMAツール「RESULT MASTER」は、オフラインのデータを計測するための機能を加え、ユーザーの位置情報や、時間、検索数など相対的に効果を分析することでECを含めた売上アップを最適化する運用ができる仕様へとバージョンアップし、データの一元管理が可能となりました。プライベートDMPの基礎は、GCP※4 の機能を使っており、安価にデータを蓄積できる状況で、当社がデータ整理を行い、分析し利用できる環境を構築いたします。

⠀「RESULT MASTER」には、当社がこれまで支援してきた、ヘルスケア・ビューティ、食品領域における800社以上のデータが蓄積されています。今後「RESULT MASTER」にオフライン・オンラインに関わらずクライアントの全てのデータを入力し、既存のデータと結び付けることで、AIが学習を繰り返し、ブランディングからLTVの向上までをワンストップでサポートすることが可能となります。

⠀またCookie※3規制が懸念される中で、「RESULT MASTER」にはFacebook社のコンバージョンAPI※4を連携していることから、的確な広告運用、精度の高い広告効果の計測を行うことが可能となっております。今後他の脱Cookie技術が構築された場合にも、速やかに対応できる環境を構築していく予定です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12491/112/resize/d12491-112-425357-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12491/112/resize/d12491-112-243662-3.png ]

⠀当社は、次のフェーズでクライアントのCMO・CDOと並走するデータパートナーとして、通販事業者のさらなる成長の支援、ゲームチェンジの実現を図ってまいります。

CMO※1:Chief Marketing Officerの略、最高マーケティング責任者
CDO※2:Chief Digital Officerの略、最高デジタル責任者
Cookie※3:ウェブブラウザに保存された情報のこと
コンバージョンAPI※4:主要なウェブイベントやオフラインイベントおよび顧客のアクションを自分のサーバーからFacebookのサーバーに直接共有するためのFacebookビジネスツール
GCP※4:Google Cloud Platformの略、Googleが提供するクラウドコンピューティングサービスの総称

【株式会社ピアラ 会社概要】
商号   : 株式会社ピアラ
代表者  : 代表取締役社長 飛鳥 貴雄
所在地  : 〒150-6013 東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー 13階
設立   : 2004年3月
事業内容 : 1.ECマーケティングテック事業 2.広告マーケティング事業
資本金  : 849百万円(2021年3月末)
証券コード: 東京証券取引所市場第一部7044
関連会社 : 比智(杭州)商貿有限公司 、 PIATEC(Thailand)Co., Ltd. 、
      株式会社PIALab. 、 台灣比智商貿股份有限公司 、
      CHANNEL J(THAILAND)Co., Ltd. 、 PG-Trading(Vietnam)Co., Ltd.
      株式会社ピアラベンチャーズ
URL   : https://www.piala.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る