旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

セールスフォース・ドットコム、みずほフィナンシャルグループにおけるクラウド顧客管理基盤の刷新を支援

2020年02月27日11時00分 / 提供:PR TIMES

みずほ、国内銀行業としてFSCの国内最大規模導入 パーソナライズされたマーケティングの高度化により次世代金融への転換を推進

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(本社:東京都千代田区、執行役社長:坂井 辰史 以下、グループを総称して「みずほFG」)の主要子会社である、みずほ銀行、みずほ信託銀行における顧客関係管理(CRM)ならびに営業支援アプリケーションとして、Financial Services Cloud(以下FSC)が採用されたことを発表いたしました。この度のみずほFGのFSC導入は、国内銀行業において国内最大規模となります。

みずほFGでは、今回のFSCの採用により、お客さまとの新たなパートナーシップを構築し、エンゲージメントを強化することで、お客様一人ひとりのニーズを先取りした真に必要とされるサービスを提供すること目指します。

FSCは、顧客、案件、見込顧客に関する情報をまとめて管理し、生産性を向上させる金融機関向けソリューションです。みずほFGでは、これまでリテール・事業法人カンパニーで活用してきた約6,000人に加え、10,000人を超える社員が新規でSalesforceを活用し、合計16,000人体制で顧客情報やノウハウを共有します。これにより、みずほFGでは、あらゆるお客さま情報の一元管理を行い、グループ全体の総合力を生かした付加価値の高い金融ソリューションをより多くのお客さまに最適なタイミングで提案可能な営業基盤が構築されます。

セールスフォース・ドットコムでは、今後もみずほFGのデジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に支援していきます。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る