旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グローバルに3D CADを販売する株式会社ファソテック、カスタマーサポートにAIチャットボットKUZENを導入~Q&Aデータと翻訳データベースをAPI連携し、自動応答を実現~

2020年12月29日15時45分 / 提供:PR TIMES

ノーコード対話AIプラットフォーム『kuzen』を開発する株式会社コンシェルジュ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:太田 匠吾、以下コンシェルジュ)は、航空機から医療分野まで幅広い3D CADを販売から運用支援までを提供する株式会社ファソテック(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長 :竹内 淳一、以下ファソテック)が運用するカスタマーサポートツールとAPI連携を開始いたしました。

◆ 連携の背景
ファソテックは、以前から国内はもちろん海外のお客さまからの問い合わせにカスタマーサポートツールを活用していました。
そのカスタマーサポートツールと『kuzen』をAPI連携することで、「すでに蓄積されているQ&Aデータとの連携」が可能となり自動回答を実現。さらに、多言語の問い合わせもチャットで自動回答ができるようになります。今までのナレッジ提供方法の他にチャットボットが追加され、よりユーザーの利便性が向上いたしました。
このたびのファソテックが運用するカスタマーサポートツールとのAPI提携により、『kuzen』をハブとして、Q&Aの自動回答を行い、多言語で悩まれるさまざまな企業様のご支援をすべく、力強く推進してまいります。

◆API連携の全体像
[画像: https://prtimes.jp/i/17833/55/resize/d17833-55-933214-0.png ]

お客さまがチャットで問い合わせを行うと、入力した製品名や質問内容、記載した情報を『kuzen』が自動保存します。
『kuzen』が翻訳エンジンと連携し翻訳します。
保存した内容をもとに『kuzen』が回答をリクエスト。
『kuzen』がチャットでお客さまが使用する言語で自動回答を表示します。

◆コンシェルジュ 「kuzen」の特徴
・ノーコード且つ専門知識のいらない直感的な操作により、誰でも短時間でスピーディーにAIチャットボットの作成が可能。
・AIチャットボットが人の代わりとなり365日24時間稼働。細やかなシナリオ設計でさまざまな応答方法にも対応します。
・リアルタイムに外部システム間連携を行い、ダイナミックな活用を開発不要で行うことができます。
・LINEを始めとしたSNSツール、CRM、MAとの連携も簡単。LINEではセグメント配信を行うことで、特定のターゲットユーザーに適切なタイミングで効果的な配信も可能です。

◆ファソテック 企業ホームページ
URL:https://www.fasotec.co.jp/

◆コンシェルジュ『kuzen』 サービスページ
URL:https://www.kuzen.io/

▼コンシェルジュについて
ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」の開発・販売を行うスタートアップ企業です。 カスタマーサポート、 マーケティング領域などにおいてAIによる自動応答、複雑な自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

▼会社概要
会社名: 株式会社コンシェルジュ
設立: 2015年2月
代表取締役 CEO: 太田匠吾
所在地 東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 6F
事業内容: ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」の開発・販売・運用
連絡先: info@conciergeu.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る