旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【銀座 蔦屋書店】龍崎翔子×原研哉によるトークイベント「HOTELを軸に世界が回りはじめる」をオンラインで11月17日(火)に開催。

2020年11月04日13時15分 / 提供:PR TIMES

ZOOM ウェビナーによるオンラインイベントを実施。イベント申し込みは11月4日(水)~スタート。

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX6F)は創立60年を迎えた日本デザインセンターによる展覧会『VISUALIZE 60』の一環として、ホテルプロデューサーの龍崎翔子とデザイナーの原研哉によるオンライントークセッション「HOTELを軸に世界が回りはじめる」を11月17日(火)開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/58854/54/resize/d58854-54-737309-3.png ]

イベント概要

銀座 蔦屋書店では外務省「JAPAN HOUSE」での総合プロデューサー、2019年7月にはウェブサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から、高解像度な日本紹介を始め、観光分野に新たなアプローチを試みている原研哉がソーシャルホテル「HOTEL SHE」をはじめ新しい形のホテルを多く手がける、新進気鋭のホテルプロデューサーの龍崎翔子を招き、ホテルや観光をテーマに対談します。

HOTELを軸に世界が回りはじめる

人生とキャリアの始まりをホテルにおいている龍崎翔子、様々なデザイン活動の果てにホテルに接近しつつある原研哉。遊動の時代を迎えつつある今、二人が見ているものはホテルであってホテルではない。ホテルを軸に回りはじめている新世界の様相と可能性を、互いの視点を交錯させつつ語り起こしていく、新次元のクリエイティブ論。
龍崎翔子は、5つの新業態のホテルを経営する気鋭のホテルプロデューサー。自分らしいものを選択することが人生を豊かにするという視点から、ホテルというサービスの再構築を始めている。
一方、日本をよりよく見ようと始めた「低空飛行」は、新しい価値の創造が、ローカルとグローバルの相克に生まれるという原研哉の直感と洞察から生まれた活動。観光という手垢のついた産業とは一線を画する、高解像度のローカル・クリエイティブを考え続けている中で、龍崎翔子の活動は若々しい魔女のように新鮮だと原研哉は感じている。経路は違えど、見始めている可能性や感じているときめきは同根ではないかと。
はじめて言葉を交わすこととなった二つの感受性の化学反応の行方は‥‥。
[画像2: https://prtimes.jp/i/58854/54/resize/d58854-54-800734-2.jpg ]

『VISUALIZE 60』とは

『VISUALIZE 60』は創立約60年を迎えた日本デザインセンターが2020年9月から翌年3月にかけて開催する4つの展覧会。メディア変革時代におけるデザインの役割について、本質を可視化するVISUALIZE(ヴィジュアライズ)の視座から問い直す試みでもある。同時に開催されるオンライントークイベントでは、日本デザインセンターのクリエイターが、それぞれ興味のある分野のゲストを招き、企業、観光、絵本、アート、文化人類学、ファッション、社会学、自然科学といった異分野のVISUALIZEについてクロストークを行う。
VISUALIZE 60:https://visualize60.ndc.co.jp/

登壇者プロフィール

■原 研哉(はら・けんや)

1958年生まれ。グラフィックデザイナー。日本デザインセンター代表取締役社長。武蔵野美術大学教授。
世界各地を巡回し、広く影響を与えた「RE-DESIGN:日常の21世紀」展をはじめ、「HAPTIC」「SENSEWARE」「Ex-formation」など既存の価値観を更新するキーワードを擁する展覧会や教育活動を展開。また、長野オリンピックの開・閉会式プログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを実践した。
2002年より無印良品のアートディレクター。活動領域は極めて広いが、透明度を志向する仕事で、松屋銀座、森ビル、蔦屋書店、GINZA SIX、MIKIMOTOなどのVIを手がける。外務省「JAPAN HOUSE」では総合プロデューサーを務め、日本への興味を喚起する仕事に注力している。2019年7月にウェブサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から、高解像度な日本紹介を始め、観光分野に新たなアプローチを試みている。

■龍崎翔子(りゅうざき・しょうこ)

L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表、CHILLNN, Inc.代表、ホテルプロデューサー
1996年生まれ。2015年にL&G GLOBAL BUSINESS Inc.を設立し、「ソーシャルホテル」をコンセプトにしたホテル「petit-hotel #MELON」をスタート。2016年に「HOTEL SHE, KYOTO」、2017年に「HOTEL SHE, OSAKA」を開業したほか、「THE RYOKAN TOKYO」「HOTEL KUMOI」の運営も手がける。今年はホテル予約システムのための新会社CHILLNNを本格始動。ホテル宿泊券の販売サービス「未来に泊まれる宿泊券」や、新型コロナウイルスによって稼働率の下がったホテルと自宅が安全ではない人々をマッチングする予約プラットフォーム「ホテルシェルター」などの事業を始動。

オンラインイベント詳細

龍崎翔子×原研哉トークイベント
HOTELを軸に世界が回りはじめる」

・開催日時:2020年11月17日(火) 20:00開始(22:30終了予定)
・申込開始日:2020年11月2日(月) AM10:30~
・開催形式:ZOOMウェビナーでのオンライントークイベント 
 ※本イベントご予約の方に、視聴用URLをお送りします。
・参加条件:
 イベントチケット1,200円(税込)もしくは書籍付きイベントチケット付き書籍3,080円(税込) をご購入下さい。
 https://store.tsite.jp/ginza/event/architectural-design/16574-1335221019.html

店舗情報

銀座 蔦屋書店

銀座 蔦屋書店は、本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
[画像3: https://prtimes.jp/i/58854/54/resize/d58854-54-711637-1.jpg ]

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号: 03-3575-7755
営業時間:ホームページにてご確認ください。
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook:https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter:https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram:https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る