旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

動くクリスマス絵本をつくろう!博多阪急×Springin’ プログラミングコンテスト 11月11日(水)より開催

2020年11月11日13時15分 / 提供:PR TIMES

博多阪急のクリスマスとSpringin’のコラボレーション!
プログラミングで動くクリスマス絵本をつくろう!

[画像1: https://prtimes.jp/i/23556/54/resize/d23556-54-768014-0.png ]

株式会社しくみデザイン(本社:福岡市博多区、代表取締役:中村俊介、以下「しくみデザイン」)は、自社で開発するビジュアルプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」にて、株式会社阪急阪神百貨店博多阪急)の2020年クリスマスのメインキャラクターである「ギフトちゃん」を使用した、動くクリスマス絵本をつくるプログラミングコンテストを11月11日(水)より開催します。

もうすぐクリスマス。大切な人やお世話になっている人たちに贈るプレゼントを用意する季節がやってきます。

今年の博多阪急は「LINK OF HAPPINESS」をテーマに、離れていても、大切な人とつながるクリスマスになるような企画を用意しました。

その一つとして、制作したプログラミング作品を世界中のユーザーへ届けることができるスプリンギンとのコラボレーション企画をおこないます。

博多阪急クリスマスキャンペーンのメインキャラクターである「ギフトちゃん」を使用したプログラミングでつくるクリスマスストーリーの絵本作品を大募集。

この冬に大切なひとたちと読みたくなるような絵本ワークをお待ちしております。
ステキな作品には優秀賞を用意。副賞として、博多阪急よりクリスマスのお菓子を贈呈します。

さらに、優秀賞に選ばれた作品は博多阪急1Fのウェルカムホールに設置されるクリスマスモニュメント内のデジタルサイネージで上映予定です。

応募してくれた人にはもれなく「Springin'」内で作品をダウンロードするのに使えるコイン、500コインをプレゼントいたします。

応募期間は11月11日(水)~11月23日(月)です。

優秀作品の発表は12月初旬ごろを予定しています。
ぜひチャレンジしてみてください。

コンテスト概要

動くクリスマス絵本をつくろう!
博多阪急×Springin’ プログラミングコンテスト

博多阪急クリスマスキャンペーンのメインキャラクターである「ギフトちゃん」を使用した、プログラミングでつくる動くクリスマス絵本作品を募集します。

この冬に大切なひとたちと読みたくなるような動く絵本作品をお待ちしております!

応募した方にはもれなく500コインプレゼント!

さらに、優秀作品に選ばれた5作品は、なんと博多阪急1Fのウェルカムホールに設置されるクリスマスモニュメント内のデジタルサイネージで上映予定です。

募集テーマ:「ギフトちゃん」を使用したクリスマスストーリーの動く絵本作品

条件:
・提供されているキャラクター素材の「ギフトちゃん」を使用すること
・クリスマスにまつわる作品であること
・30秒~1分以内に見終えることができること

募集期間:2020年11月11日(水)から2020年11月23日(月・祝)まで

年齢制限:なし

参加方法: Springin’アプリ内から参加いただけます。

審査・賞品:応募作品の中から優秀作品5点を選出し、対象者には博多阪急よりクリスマスのお菓子を贈呈します。また、優秀作品5作品は博多阪急1Fのウェルカムホールに設置されるクリスマスモニュメントのデジタルサイネージで上映予定です。展示期間は2020年12月2日(水)~2020年12月25日(金)までです。

公式サイト:https://note.com/springin/n/nde34fe3535a5

子どものプログラミング教育におすすめ「Springin'」

Springin’は、しくみデザインが開発する、文字を使わずに誰でも簡単にデジタル作品がつくれるプログラミングアプリです。

プログラミング未経験者や、まだ読み書きができない低年齢のお子さんでも、描いた絵や写真に、音や動きをつけられる属性アイコンの組み合わせで、ゲームや動く絵本など自分だけのオリジナル作品をつくりだせるクリエイターになれます。

また自分がつくったデジタル作品をアプリ内のマーケットを通じて、他のユーザー向けに配信したり、他のユーザーがつくった作品をダウンロードすることもできるプラットフォームも備えています。

今年度には、文部科学省、総務省及び経済産業省による小学校プログラミング教育の充実を図る取り組み「みらプロ2020」で採択され、プログラミング教育の現場で注目が高まっており、Springin’を使った指導案の作成や講師派遣、先生へのプログラミング講習、学校向け専用クラウド環境の提供などを行っています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/23556/54/resize/d23556-50-774197-3.jpg ]

■ Springin’は絵×音×動きの組み合わせで、創れるものは無限大
・ 直感的なビジュアルプログラミング
・ 描き味抜群のペイントツール
・ 変幻自在のサウンドエディタ

■ Springin’は創って遊ぶことで、将来に役立つチカラを育むアプリ
・ 創造力・・・・・・・・ アイデアをカタチにする。
・ 論理的思考力・・・・・ プログラミングで考える。
・ 試行錯誤力・・・・・・ 自ら挑戦・改善する。
・ 物語力・・・・・・・・ ストーリーを考える。
・ 表現力・・・・・・・・ ものごとを人に伝える。
・ マーケティング力・・・ 価値を生み出せる。

■ Springin'ダウンロード情報
・ 対応OS : iOS 10.0以降。 iPhone、 iPad、 および iPod touchに対応。
・ ダウンロードURL : https://springin-media.onelink.me/kE3n/Fes2
・ 価格 : 無料

Springin’公式サイト: https://www.springin.org/jp/

小学校・塾・教室向けプログラミング授業支援クラウドサービス
Springin’ Classroom 公式サイト : https://classroom.springin.org/

株式会社しくみデザインについて

[画像3: https://prtimes.jp/i/23556/54/resize/d23556-50-472377-1.png ]

「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」という企業理念の下、 2005年に、 現代表の中村俊介が設立。 ユーザー参加型コンテンツのパイオニアとして、 1,500件以上の実績数を誇る。

米インテル社主催の世界的コンテストでのグランプリなど、 国内外での受賞多数。

2017年7月に世界中の子どもたちがクリエイティブになる方法と環境を研究・実践する「クリエイティブ教育ラボ(EduCreative Lab)」を立ち上げるなど、 子供向けのクリエイティブ教育にも力を入れている。

所在地 : 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4-8-15 博多鳳城ビル401
設立 : 2005年2月
代表者 : 代表取締役 中村 俊介(芸術工学博士)
事業内容 : テクノロジーとデザインによる体験型コンテンツ及びシステムの開発。ビジュアルプログラミングアプリケーション「Springin'」や直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリ「KAGURA」等の開発・販売。

URL : https://www.shikumi.co.jp/

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社しくみデザイン 担当 : 小方七海
メール : info@springin.org
電話 : 092-474-0153

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る