旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

都内有数のオフィス街・品川に拠点を置く企業が集結!7月28日(火)「品川新ワークスタイル/プレイス創生会議」をオンライン開催!

2020年07月14日14時40分 / 提供:PR TIMES

~オフィス街のワークプレイスをどう再構築するか~

 品川駅周辺地域を対象としたエリアマネジメント活動(※)の一環として、品川シーズンテラス(東京都港区港南1丁目2番70号)では、新型コロナウイルス感染症の拡大によって強制的に働き方をアップデートすることを求められている今、都内有数のオフィス街である品川に拠点を置く企業が集結し、今後のワークスタイル/ワークプレイスについてディスカッションし、今後の道筋とヒントを提供する「品川新ワークスタイル/プレイス創生会議~オフィス街のワークプレイスをどう再構築するか~」(以下、「品川新ワークスタイル会議」)を2020年7月28日(火)にオンラインで開催することとなりましたのでお知らせいたします。

※エリアマネジメント活動とは
地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取り組み (国土交通省エリアマネジメント推進マニュアルより)

[画像1: https://prtimes.jp/i/17494/54/resize/d17494-54-305966-0.jpg ]

コロナ禍により迎えたワークスタイル/プレイスの新たな変化
 新型コロナウイルス感染症が蔓延し、世界中でロックダウンや外出自粛が発令され、強制的にテレワークへとシフトされました。自粛解除後もオフィスワークとテレワークの併用や、安全面を考慮したオフィスの分散化・拡大/縮小といった様々なニーズが生まれ、オフィスの価値観はこれまで以上に多様化する時代となります。
 不確実な時代に企業の柔軟な対応が問われる今、今後のワークスタイル/プレイスの在り方に悩みを抱える企業も少なくありません。そこで今回、品川新ワークスタイル会議では、品川に拠点を置く企業が集結し、コロナ禍以降の働き方やオフィス活用の具体的な事例を交えてディスカッションする中で、今後の働き方をどう変化させていくべきか悩みを抱えている方々にヒントを提供し、“新・品川ワークスタイル”を創生していきます。

経営者・企業担当者必見!ニューノーマル“新・品川ワークスタイル”のヒントを提供
 今回は、株式会社コクヨでオフィスコンセプト『WORK TRANSFORMATION』を研究しているワークスタイルスペシャリストの山下氏をメインゲストに迎えます。国内外企業での働き方の変遷を辿りながら、今後のワークスタイル/プレイスの在り方や品川の街の変化を紐解いていきます。
 さらに、パネルディスカッションでは『場から人をエンゲージメントする』をビジョンに掲げ、働きたい・働きやすいワークプレイスづくりに注力されている株式会社NSFエンゲージメント クリエイティブセンター チーフプロデューサー高野氏や、多様な社会への学びや気づきを促す「ダイバーシティ研修」など、全社で多様性に関する継続的な取り組みを行い、空間創造のリーディングカンパニーである株式会社丹青社 企画開発センター企画 部長の菅波氏を招き入れ、具体的な取り組み事例の紹介を交えながら意見交換を行います。モデレーターには、商業施設の開発や不動産の将来予測、次世代オフィスサービスの検討まで幅広く手がけるNTT都市開発株式会社の岡本氏が加わり、オフィス街・品川の今後の在り方についてより深く考えるディスカッションを目指します。
 この緊急事態を新たな働き方・職場環境に生まれ変わる好機として捉え、イノベーティブなワークプレイスを提供するそれぞれの視点から、ニューノーマルな働き方について考える機会をご提供いたします。コロナ禍の出口が見えず、中長期的な目線でのオフィス空間の活用法や計画に悩んでいる経営者・企業の担当者におすすめのイベントとなっています。

【登壇者】
[画像2: https://prtimes.jp/i/17494/54/resize/d17494-54-606708-4.jpg ]

コクヨ株式会社
ワークスタイル研究所 所長/ WORKSIGHT 編集長
山下 正太郎 (やました・しょうたろう)氏

コクヨ株式会社に入社後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンサルティング業務に従事。手がけた企業が「日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞、クリエイティブオフィス賞など)」を受賞。2011年、グローバルで成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT (ワークサイト) https://www.worksight.jp/』を創刊。また同年、未来の働き方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.(現ワークスタイル研究所)」を立ち上げる。2020年、国内外の働き方/働く場に関するキュレーション・ニュースレター『MeThreee(ミースリー) https://www.methreee.com/』を創刊。2016-17年 英RCA ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン 客員研究員、2019年より国立大学法人 京都工芸繊維大学 特任准教授を兼任。

[画像3: https://prtimes.jp/i/17494/54/resize/d17494-54-573793-1.jpg ]

株式会社NSFエンゲージメント
クリエイティブセンター チーフプロデューサー
高野 昌幸(たかの・まさゆき)氏

株式会社NTTファシリティーズとソニーピープルソリューションズ株式会社の合弁会社「株式会社NSFエンゲージメント」のチーフプロデューサー。「本質を創る」をテーマにしたクリエイションで、過去には、ソニー本社のリニューアル「S-ity Project」やワークプレイス改革などをリード。現在は、様々なワークプレイスのクリエイションに留まらず、新規ビジネス開発、コーポレートデザインも行う。

[画像4: https://prtimes.jp/i/17494/54/resize/d17494-54-394419-5.jpg ]

株式会社丹青社
企画開発センター企画部 部長
菅波 紀宏 (すがなみ・のりひろ)氏

株式会社丹青社に入社後、営業として商業施設、空港、オフィスなどの空間づくりに携わる。経営企画部門に異動後、理研ベンチャーと共同でオフィス内の感情や働き方を分析するアプリケーションの「kokoroスケール for workstyle」を開発し、自社のワークスタイル変革に活用する。2019年より企画部に異動。「未来のオフィス空間」の実現に向けて会員型コワーキングスペースpoint 0 marunouchiでの実証実験に参画。

【モデレーター】

[画像5: https://prtimes.jp/i/17494/54/resize/d17494-54-591455-3.jpg ]

NTT都市開発株式会社
商業事業本部 商業・ホテル開発部 担当課長
岡本 篤佳(おかもと・あつよし)氏

1983年生まれ。千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻を卒業後、NTT都市開発へ入社。商業施設およびホテルの開発とオフィス営業を担当。都市計画視点から具体的な開発コンセプト作成・建築計画・実行を得意とし、過去に品川エリアマネジメントの立上げと推進、福岡での商業施設開発、数十年先の不動産の将来予測、東京大学との都市空間生態学の共同研究、次世代オフィスサービス検討などを担当。

※順不同
※2020年7月14日現在
※登壇者は予告なく変更する可能性がございます。

【取り扱うテーマ】※変更する可能性がございます。
・強制的なリモートワークで変わった社員の意識にどう向き合うか?
・今後のオフィス利用を考える上で重要な指標は何か?
・どのような手順でオフィス改革を進めるか?
・オフィス街・品川はどのような空間になっていくか?
など

品川新ワークスタイル会議 イベント詳細】
名  称:品川新ワークスタイル/プレイス創生会議
~オフィス街のワークプレイスをどう再構築するか~
開催日時:2020年7月28日(火)10時~12時
定  員:90名
配  信:ビデオ会議ツール「Zoom」
参加費 :無料
申し込み:https://sst-am.com/event/6656.html
主  催:品川シーズンテラス
企画・運営:品川シーズンテラスエリアマネジメント事務局

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る