旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大河ドラマで注目度上昇中!室町幕府十五代将軍・足利義昭の知られざる素顔と晩年とは?【歴史群像12月号発売】

2020年11月06日12時45分 / 提供:PR TIMES

株式会社 ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)は、2020年11月6日(金)に「歴史群像12月号」(特別定価:本体1027円+税)を発売しました。今号では特集記事のひとつとして、室町幕府十五代将軍、足利義昭の後半生を紹介する「足利義昭伝~将軍権威に固執した不撓不屈の生涯」を掲載しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/60318/53/resize/d60318-53-522163-3.jpg ]

僧から将軍へ、義昭の波乱の生涯

大河ドラマ「麒麟がくる」で滝藤賢一が演じて回を追うごとに注目度が高まっているのが室町幕府十五代将軍・足利義昭です。
義昭は十二代将軍・義晴の二男でしたが、長男として、のちに十三代将軍となる義輝(よしてる)がいたため、奈良の興福寺で覚慶と名乗り、僧として暮らしており、歴史の表舞台には無関係の生涯を送るはずでした。
しかし、ありえないことが起こるのが戦国の世です。兄の将軍・義輝が三好義重らの軍勢に攻められて殺されてしまったのです。この「永禄の政変」は、まさしく幕府の権威失墜と下克上を象徴する事件でした。
空いてしまった将軍の座には誰が就くのか。ここにおいて、義輝の唯一存命中の実弟として、覚慶は将軍後継者と目され、戦国乱世の表舞台に登場することになります。そして、興福寺を出て還俗して義昭に改名し、当時急速に力を伸ばしてきていた織田信長と出会い、信長の力を背景にして、念願の上洛を果たし、一枚岩ではなかったものの三好勢力の一部からの協力を受けて先に将軍の座(第十四代)に就いていたライバル、いとこの足利義栄(よしひで)に代わって第十五代将軍となったのです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/60318/53/resize/d60318-53-335055-2.jpg ]

晩年の意外なエピソードも紹介

「歴史群像」12月号に掲載の特集記事「足利義昭伝」では、筆者である歴史作家の桐野作人氏が、この足利義昭の生涯を、最新の研究動向に自身の考察を織り交ぜつつ、わかりやすく紹介しています。原稿字数約2万字の読み応え満点の記事となっています。
特に、信長側の歴史記述からは紹介されることの少ない、信長と対立して敗れて京から追放された後の義昭についても詳しく紹介しています。例えば、信長から義昭に、京に戻るように説得するための使者として羽柴秀吉が派遣されて説得を試みますが、義昭のあまりの高飛車な条件提示に呆れて説得をあきらめます。この時の二人のやりとりの内容や、本能寺の変のあと、義昭は将軍に復帰する機会を狙っていたものの果たせず、反対に、天下人となった秀吉に仕えることになった経緯についてなど、興味深いエピソードが多数紹介されています。
歴史ファンの方も、また、大河ドラマを見て足利義昭に興味を持った方も、ぜひ、最新研究を踏まえた本記事をご一読ください。

「歴史群像」とは……「戦い」という視点から歴史を読み解く雑誌

「歴史群像」は1992年に創刊した隔月刊の歴史雑誌です。中心としているテーマは「戦い」です。日本史なら戦国、幕末から日露戦争、太平洋戦争など、世界史ならローマ帝国、ナポレオン戦争から第一次、第二次世界大戦、朝鮮戦争、中東戦争等に至るまで、古今東西のさまざまな戦いからテーマ、切り口を厳選し、多彩な記事を掲載しています。
この12月号では特集は以下の3本です(本誌では毎号読み応えのある16ページ前後の特集を3本掲載しています)。

検証 満洲攻防戦1945
足利義昭伝
“中欧の大国の栄光と悲劇”ポーランドの興亡

その他、「図解でわかる!垂直離着陸戦闘機開発史~黎明期からハリアー、F-35Bまで」「『武藏 戦闘詳報』作成秘話~生存者らはいかにして事実を再現させたのか」「軍事分析 佐賀の乱(佐賀戦争)後編 佐賀軍はなぜ敗れたのか」「フランス領インドシナの第二次大戦」「大清帝国の成立」「風洞試験~航空機開発に不可欠のプロセス」など、さまざまな時代をテーマとした多彩な切り口の記事が満載です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/60318/53/resize/d60318-53-419203-0.jpg ]

豪華!小誌特製カレンダー付き!

また今号には、毎年12月号恒例のオリジナル・カレンダーが付いています。今年は「『蒼空の記憶』カレンダー2021」。独ソから英米仏伊まで、第二次大戦期の日本以外の国々の軍用機の開発経緯と実戦での活躍を、カラー彩色写真とともに紹介する小誌人気連載「蒼空の記憶」で、これまでに登場したものの中から厳選した7機種の彩色写真+解説が掲載された特製カレンダーです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/60318/53/resize/d60318-53-380176-1.jpg ]

歴史に興味のある方でまだ小誌をお読みになられたことのない方は、ぜひ手に取ってみてください。

[商品概要]

[表: https://prtimes.jp/data/corp/60318/table/53_1.jpg ]

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08LNJLCGF/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_K7ZOFb43QZA1K
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1222669225

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る