旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

定年後再雇用制度を改定。最長70歳まで雇用を延長

2021年03月29日16時45分 / 提供:PR TIMES

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)、アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女太一)、アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 川原浩)の3社は、4月1日(木)から60歳の定年後65歳まで継続して働ける定年後再雇用制度(以下、「シニアスタッフ制度」)の一部を改定します。

 「シニアスタッフ制度」の改定により、65歳以降も一定の条件を満たした場合は最長で70歳まで継続して働くことが可能になります。アサヒビール社では、定年前の58歳以上の社員を対象としていたグループ内外の求人情報を提供する「ジョブマッチ支援制度」の適用対象を拡大し、定年後再雇用者の利用も可能とします。

 アサヒグループは、多様な個性を持つ社員一人ひとりが自分の能力や適性を存分に生かすことが、新たな価値を創造し、企業の持続的な成長につながると考えています。今回の制度改定により、年齢に関係なく能力のある社員が活躍できる環境を整えることで、多様性のある組織風土を醸成し、企業価値の向上を目指します。

【参考】定年後再雇用者に関する制度
【3社共通の制度】
■シニアスタッフ制度(定年後再雇用制度)※今回改定
60歳の定年後、65歳まで継続して働ける定年後再雇用制度。60歳~65歳で希望する社員は、フルタイムあるいはパートタイムで勤務。今回の改定により、65歳以降も条件を満たした場合、継続して働ける制度へ改定(上限は70歳まで、フルタイムのみ)。
■キャリアセミナー キャリア面談 キャリアデザインeラーニング
年代別オンラインキャリアセミナーや、社内キャリアアドバイザーによるオンラインキャリア面談、キャリアデザインeラーニングなど、定年後も含めたキャリア自律支援の機会を提供。

アサヒビール社独自制度】
■ジョブマッチ支援制度 ※今回対象拡大
58歳以上の社員を対象に、グループ内外の求人に関する希望をヒアリングし、希望に沿った求人情報を提供する制度。今回の改定により、定年後再雇用の社員へも対象を拡大。
■リセット休暇※今回新設
60歳の定年退職後再雇用した社員を対象に、心身ともにリフレッシュし、新鮮な気持ちで働けるように定年退職後から最大1年間有効な特別有給休暇制度(最大10日間取得可能)。
■セカンドライフ支援制度
多様なライフプランやキャリアプランの実現に向けて、新たなチャレンジのために退職する定年後再雇用の社員の独立・開業、再就職、地方や海外への移住などのライフプランを支援する制度。在籍期間に応じて退職支援金を支給。
■副業制度
培ってきた業務遂行力や技術・ノウハウ発揮の促進を目的に、一定条件のもとで副業を認める制度。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る