旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

伊藤超短波、「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定

2021年03月04日18時45分 / 提供:PR TIMES

2019年から3年連続での認定!

物理療法機器のパイオニア、伊藤超短波株式会社(本店:東京都文京区、代表取締役社長:倉橋 司、以下 伊藤超短波)は、経済産業省と日本健康会議が共同で認定する「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定されましたのでお知らせいたします。

大規模法人部門としては、2019年より3年連続の認定となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-998487-9.jpg ]

今後も弊社では従業員の健康維持・増進へのチャレンジを様々な形でサポートしてまいります。

「健康経営優良法人(ホワイト500)」とは?
健康経営優良法人制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
大規模法人部門の認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人が「ホワイト500」として認定されます。

【健康経営の取り組み】
・健康経営推進体制

[画像2: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-854604-1.gif ]

■取り組み目標と実績(http://www.itolator.co.jp/health-management/

BMI適正範囲内
2019年実績-66.4%
2022年目標-70%

1日平均歩行数
2019年実績-6,080歩
2022年目標-7,000歩

歩行以外の運動実施率
2019年実績-40%
2022年目標-50%

歯科検診受診率
2019年実績-46%
2022年目標-60%

■取り組み内容(http://www.itolator.co.jp/health-management/effort.html
・ウォーキングシューズ・ウェアラブルデバイス購入費用補助
社員の歩行促進のため、ウォーキングシューズやウェアラブルデバイスの購入費用の補助を行なっています。
社内のイントラネットを使用して、購入したアイテムで実現したい目標や使用感などを投稿し、社員同士の交流を図る場も設けています。

・ウォーキング特別ボーナス制度
「運動の習慣化」を目的とし、継続して一定の歩数を歩いた社員に報奨金を支給しています。
個人の生活や仕事に合わせ、ウォーキングを通して、無理なく楽しく「運動」をしていけるようサポートしています。

・スポーツ競技費用補助
社員個人や公認サークルの活動を支援するため、スポーツ競技大会への参加費用に対する補助を行なっています。参加報告や大会の様子は、社員間の情報交換の場で共有しています。

・各種施設利用料補助
ウォーキングや運動の奨励のため、スポーツ施設やテーマパーク、文化施設を利用する際の入場料のサポートを行なっています。社内のフットサルチームも練習や試合で施設利用をしています。

・歯科検診費用補助
歯科検診費用の補助を行なっています。

・禁煙外来費用補助
禁煙外来の受診費用に対する補助を行なっています。

・姿勢矯正器具購入費用補助
業務中に使用できる姿勢矯正器具の購入補助を行なっています。
運転や立ち仕事、座ったままの姿勢などによる腰痛や疲労を姿勢矯正器具を使って軽減しています。

・CHOディナー
CHO(Chief Health Officer:最高健康責任者)と各拠点の社員がコミュニケーションを図り、意見交換を行う食事会を定期的に開催しています。社員の健康意識向上のため、食事会の前にはCHOによる健康セミナーも行なっています。

(関連ニュース)
・【企業に聞く】人が活きる組織
物理療法機器のパイオニア 健康経営で社内活性化を実現
https://apj.aidem.co.jp/column/1312/

・健康経営とは【2020年版】ブランディングに貢献 3つのメリットを解説
https://smbiz.asahi.com/article/13902613

・ブランディングにも役立つ健康経営とは 成功事例とメリット解説【2020年版】
https://smbiz.asahi.com/article/13902613

(働く現代人に、理想の姿勢を!伊藤超短波オリジナル体操「伊藤超体操」)

[画像3: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-310508-2.png ]

http://www.itolator.co.jp/health-management/gymnastics.html

(関連ニュース)
・伊藤超短波オリジナル体操「伊藤超体操」が日本経済新聞社「日本を元気にするメッセージ動画」150社に選ばれました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000028866.html

【伊藤超短波株式会社について】
「日本初の超短波治療器を開発」

[画像4: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-491082-3.jpg ]

伊藤超短波は1916年に創業し、物理療法機器のパイオニアとして100年の歴史を歩んできました。創業者である伊藤賢治が物理療法を独自に研究し、日本初の超短波治療器を開発して以来、当社は数多くの物理療法機器を開発してきました。
・医療関係者向け製品 http://www.medical.itolator.co.jp/product/
・家庭用製品一覧 http://www.itolator.co.jp/home-use/product/
・美容関連製品 http://www.beauty.itolator.co.jp/product/
・海外向け製品  http://www.itocoltd.com/products/

「物理療法機器を通じてアスリートのベストコンディションを支える」

[画像5: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-434760-4.jpg ]

アスリートを積極的に支援していくために伊藤超短波ではITO Sports Project(スポーツプロジェクト)を立ち上げ、サッカーや柔道、水泳など様々なスポーツの世界的な大会で代表選手の治療及びコンディショニングをサポートしています。
大会中ボディケアルームを設けることで負傷や疲労の軽減に努めたり、ベストコンディションで試合に臨めるよう様々な治療器を用いることで、日本だけでなく世界中のトレーナーや選手に利用していただいています。

また、大会中だけではなく合宿や練習時にも機器を使用していただくことで、常に最高のコンディションを保ち、負傷をした場合にもより早く回復するためのバックアップを行います。伊藤超短波は今後もスポーツ選手のための治療とコンディショニングに貢献し続けます。
・ITO Sports Project:http://ito-sports-project.com/
・公式インスタグラム:https://www.instagram.com/ito_sports_project/

・関連ニュース
(SANSPO.COM)
マエケン、岩隈や五輪選手をサポート 知る人ぞ知る会社「伊藤超短波」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20171220/bbo17122011000001-n1.html

伊藤超短波、スピードを追求するランナーのための筋電気刺激機器「RUCOE RUN(ルコエ ラン)」を本日発売!製品詳細を公開!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000028866.html

・スポンサード活動
(公認スポンサー)
公益財団法人 全日本柔道連盟

(オフィシャルサプライヤー-競技団体)
新体操 日本代表チーム
公益財団法人 日本アイスホッケー連盟
公益社団法人 日本ウエイトリフティング協会
一般社団法人 日本車いすテニス協会
一般社団法人 日本競輪選手会
一般社団法人 日本ゴールボール協会
公益財団法人 日本自転車競技連盟
一般社団法人 日本障がい者バドミントン連盟
公益財団法人 日本セーリング連盟
一般社団法人 日本デフバレーボール協会
公益財団法人 日本バドミントン協会
一般社団法人 日本パラ陸上競技連盟
公益財団法人 日本ハンドボール協会
公益社団法人 日本フェンシング協会
公益社団法人 日本ボート協会
公益財団法人 日本陸上競技連盟

(オフィシャルサプライヤー-チーム・クラブ)
アクセルトラッククラブ
株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
株式会社 鹿島アントラーズFC
スーパーラグビー日本チーム サンウルブズ
シーホース三河 株式会社
株式会社 新潟アルビレックスランニングクラブ
株式会社千葉ジェッツふなばし
株式会社横浜ビー・コルセアーズ

(協賛会員)
一般社団法人 日本トップリーグ連携機構

(オフィシャルパートナー)
公益財団法人 全日本スキー連盟

「いち早く海外へ進出-世界100カ国以上の国へ輸出」

[画像6: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-187749-6.jpg ]

伊藤超短波は物理療法業界でもいち早く海外市場に着目し、積極的な海外進出を果たしてきました。1977年の超小型低周波治療器「ドクターパルス」に始まり、数々の海外向け製品を開発・製造。各国のニーズを的確にとらえた製品が評価され、現在では世界100カ国以上の国へ業務用機器を輸出しており「ITO」ブランドは海外でも確実に知名度を上げています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-451658-5.jpg ]

「外部評価」

[画像8: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-267910-10.jpg ]

健康経営優良法人として3年連続での認定の他、2021年1月にはスポーツ庁より2年連続で「スポーツエールカンパニー」の認定を、2020年8月には本社所在地である埼玉県より2年連続で「埼玉県健康経営実践事業所」の認定を受けています。

【会社概要】
商号:伊藤超短波株式会社
[画像9: https://prtimes.jp/i/28866/36/resize/d28866-36-494005-8.jpg ]

代表者:代表取締役社長 倉橋 司
所在地:(埼玉本社) 埼玉県川口市栄町3-1-8
(本店) 東京都文京区白山1-23-15
創業:1916年
事業内容:病院用および家庭用治療器、リハビリテーション機器、健康機器、美容機器などの製造・販売
資本金:9,950万円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る