旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

CAMPFIRE Angels、本日20:00より第6号案件募集開始

2021年05月29日10時45分 / 提供:PR TIMES

第6号案件は革新的な特許取得技術で、ビル解体現場の安全性と生産性を高めるCon-Techカンパニー「株式会社鳶浩工業」

株式会社CAMPFIRE Startups(CAMPFIREグループ 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:出縄 良人 / 以下、当社 )の運営する、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels(キャンプファイヤー エンジェルス)」の第6号案件として、解体工事現場の安全性を飛躍的に高める特許技術「Cage System」(特許第6879613号)を提供する「株式会社鳶浩工業」の募集を、本日5月28日20:00より開始いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-194361-0.png ]

第6号案件は、安全性に優れた工事現場を社会に広げるCon-Tech(コンテック)企業「株式会社鳶浩工業」

「CAMPFIRE Angels」は、非上場会社がサイト上で自社株の株主募集を行うことで、多くの個人投資家(エンジェル投資家)から少額ずつ資金調達ができる、株式投資型のクラウドファンディングサービスです。その第6号案件として、本日【5月28日(金)20:00】より、「株式会社鳶浩工業」の株主募集を開始いたします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-829454-1.png ]

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/36_1.jpg ]

株式会社鳶浩工業について

株式会社鳶浩工業は、独自開発した特許技術でビル解体工事現場の安全性と生産性を飛躍的に高める、Con-Tech企業です。建築工事において、既存の建物の「解体工事」を専門とする同社は、長年鳶と解体作業の両方に携わってきました。

昨今、1950年代~1970年代の高度経済成長期に建てられた耐震性の低い建築物が軒並み老朽化し、解体工事の需要が高まっています。解体工事は、破片や部品等が飛散する可能性が高い危険な作業であるにも関わらず、安全対策にかかるコストの大きさから「人命」と「利益」が天秤にかけられ、十分な措置がなされていない現状があります。

交通量の多い都心の現場でさえ十分な安全対策がなされないことも珍しくなく、解体工事現場では鉄筋や部品、破片の落下・飛散に伴う事故が多発。飛散防止対策である「屋根養生」を設置するためには、高所作業車等が必要になり、高コストが避けられず、多くの現場で導入が進んでいません。現在も、作業員だけでなく、解体工事現場付近を通りかかる誰しもが日々危険に晒されているのです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-411985-2.png ]

そんな解体工事現場を変えるために、構想6年を経て同社が開発したのが「Cage System」。実証実験を重ね、2021年に特許を取得しました(特許第6879613号)。既存の「屋根養生」と違い、事前工事が不要。解体作業と同時並行で設置・運用が可能なため、工事全体の能率を大幅にアップできます。また、建物の形や大きさ、規模を問わずあらゆる現場で設置でき、操作も簡単。初めての鳶業者・解体業者も作業しやすく、「屋根養生」のスタンダード工法となる可能性を秘めています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-349898-3.png ]

「Cage System」は、格子状に組み上げたアルミボックストラスにメッシュシートを被せたものを、躯体の外部養生足場内側のブラケットに乗せ、足場と緊結。強い風を受けても倒壊しないよう、足場全体を水平に結束しています。そのため、しっかりと強度を保ちながら、既存の解体現場より足場を高く作ることができます。また、上げ下げは巻上機にて手動でできるように設計しています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-236349-4.gif ]

「Cage System」を利用した「屋根養生」は、破片等の落下・飛散事故を未然に防ぎ、解体工事現場の安全性を高めることはもちろん、高所作業車等の重機を使わずに、人の手で設置が可能な点も大きな強みです。既存の「屋根養生」に比べて、大幅な所要時間短縮・費用削減が実現できることから、解体工事の安全性・生産性が飛躍的に向上します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/27509/36/resize/d27509-36-947960-5.png ]

建設業界において、安全性を高める新技術は法律で義務化されることで、公共工事を中心に急速に利用が拡大する流れが定着しています。大手ゼネコンでの施工が進む「屋根養生」も、数年以内に法規制によって義務づけられる可能性があります。義務化によって広がる市場を今から見据え、より低価格で「Cage System」を提供していく計画です。

今後は、自社で「Cage System」を利用した解体工事を行うだけでなく、全国へパートナーを広げ、ライセンス形式で「Cage System」を社会に普及させるビジネスモデルで、効率的かつ早期の事業拡大を目指しています。CAMPFIRE Angelsでの株式投資型クラウドファンディングを通じて、資材購入による「Cage System」のさらなる低価格化に向けた資本増強とともに、同社のサービスへ共感し、成長を支えていただけるパートナーのみなさまを募集してまいります。

第7号案件は近日中に事前情報開示を予定

本件に続き、第7号案件は現在審査中です。近日中に事前情報開示を予定しておりますので、投資家登録がお済みでない方は、お早めにご登録・審査をお済ませください。
まだ投資家登録がお済みでない方は、以下よりご登録頂けます。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/36_2.jpg ]

※登録には審査がございます。

また、CAMPFIRE Angelsを利用しての資金調達をご検討中のスタートアップ企業様におかれましては、以下より【無料オンライン面談】をご予約頂けます。経験豊富なプロのキャピタリストがご相談を承りますので、どうぞお気軽にお申し込みください。

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/36_3.jpg ]

CAMPFIRE Angelsについて

非上場会社の資金調達を実現する株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム。
登録投資家はプロによる厳正な審査を通過した、将来性豊かな非上場株式に投資することができ、スマホからスタートアップの株主になることができます。
https://angels.camp-fire.jp/

株式会社CAMPFIRE Startupsについて

名称:株式会社CAMPFIRE Startups
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3000号
加入協会:日本証券業協会
契約紛争解決機関:証券・金融商品あっせん相談センター
投資者保護基金:未加入
代表取締役:出縄 良人
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
資本金:1億円
事業内容:第一種少額電子募集取扱業、適格機関投資家等特例業務、コンサルティング事業、教育研修事業
URL:https://campfire-startups.co.jp/

※当プレスリリースは、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の募集案件に関連する情報を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。なお、実際の投資に際しては投資に係るリスクをよくご確認の上のご判断をお願い致します。

※広告等に関する表示事項はこちら
https://angels.camp-fire.jp/terms/ads

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る