旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

WorkstyleOSにホテリング(座席予約)機能が登場

2020年11月26日13時45分 / 提供:PR TIMES

コロナ対策、フリーアドレス制に適したはたらき方をサポート

ACALL株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:長沼 斉寿、以下「ACALL」)は、WorkstyleOSの新機能としてホテリング機能(座席予約機能)をリリースいたしました。これにより、オフィス内のどこに、だれが、いつ座っているのかがわかり、フリーアドレス制を導入している企業様で生産性向上やコロナ対策としてご活用いただけます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25368/36/resize/d25368-36-235459-1.png ]

■ホテリング機能とは
ホテリングとは、フリーアドレス制のオフィスにて、ワーカーが時間と場所の重複が起きないように座席を予約して利用するという考え方です。オフィスでの新型コロナウイルス感染症対策として注目されており、フリーアドレス制を検討している企業も増えています。

■WorkstyleOSのホテリング機能
この度リリースされたWorkstyleOSのホテリング機能では、複数の方法で座席の予約・利用ができるようになります。フロアの利用率やソーシャルディスタンスが確保されているかをWorkstyleOS Portalやサイネージから確認することも可能です。

1.モバイルアプリ「ACALL mobile」からの予約・利用
これまで会議室チェックインや入退館チェックインに使用していたモバイルアプリ「ACALL mobile」より、座席の予約と座席のQRコードを読み込むことによってのチェックインが可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25368/36/resize/d25368-36-381181-2.png ]

2.WorkstyleOS Portal(Webアプリ)からの予約・利用
WorkstyleOSの各種設定やオフィスの活用状況などを閲覧できるWorkstyleOS Portalでは、座席マップより座席を指定し、予約することが可能です。また、座席の利用率によって色が変化するグラフにより、フロアの混み具合が一目でわかります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25368/36/resize/d25368-36-193915-3.png ]

3.フロアのiPadからの予約・利用
ワーカーがACALL mobileやWorkstyleOS Portalを使わない場合でも、フロアに設置したiPadより空席状況を確認し、座席の予約・利用が可能です。コード入力により、誰が予約・使用しているかがわかるようになっています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25368/36/resize/d25368-36-770061-0.png ]

ACALLはWorkstyleOSを通じて、これからも皆さまのワークスタイル変革のご支援をしてまいります。
サービスサイト:https://www.workstyleos.com/

■ACALL株式会社について
私たちは、「Life in Work and Work in Life for Happiness」をVISIONとして、どこでも安心、安全、快適なワークスタイルを実現することで、個人が「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を実現します。

■共にVISION実現できる仲間を探しています。
「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を共に実現しませんか?
(採用ページ:https://corp.acall.jp/recruit/

代表取締役:長沼 ⻫寿
所在地:(神戸本社)兵庫県神戸市中央区江戸町 104 2F
(東京オフィス)東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル2F
設立:2010年10月
URL:https://corp.acall.jp/
事業概要 :WorkstyleOSの開発および提供

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る