旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アラームボックスAPIをリリース AI与信管理サービスのデータ連携が可能に

2021年05月20日13時00分 / 提供:PR TIMES

AI与信管理サービス「アラームボックス」を提供するアラームボックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田浩和)は、アラームボックスのモニタリングサービスに関するAPIを提供します。APIを活用することで、お客様のシステムや利用しているサービスでアラームボックスをご利用いただくことが可能になります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24095/36/resize/d24095-36-184189-0.jpg ]

◆背景
新型コロナウイルスの影響もあり、経済状況は目まぐるしく変化しており、取引先の倒産リスクに対して関心が高まっています。これまで以上にモニタリング数が増えている現状をふまえ、アラームボックスAPIの提供を開始いたします。

◆概要
アラームボックスのモニタリングサービスは、取引先登録をしておくだけで、取引先のリスクや状況変化を自動で知らせてくれるサービスです。アラームボックスAPIの提供により、アラームボックスへの取引先登録やアラーム情報確認を、お客様の環境にあった形でご利用いただくことが可能になりました。
※API導入時における環境整備などはお客様にて実施いただくものとなります。

また、 APIをお客様に直接ご利用いただくだけでなく、APIを利用した他社サービスとの連携も進め、様々な業務とつながる与信管理のあたらしいカタチを創造し、お客様の利便性の向上に努めてまいります。

<機能一覧>
取引先の一覧取得
取引先の登録・削除
取引先の情報取得
アラーム情報の取得

◆アラームボックスAPIの活用例
1.自社システムの取引先一覧データから簡単にモニタリング企業登録
2.CRMなどと連携し、顧客管理画面上に最新アラーム一覧を表示
3.会計ソフトなどと連携し、取引先の信用情報を管理画面で確認 など
[画像2: https://prtimes.jp/i/24095/36/resize/d24095-36-470820-1.png ]

◆アラームボックスとは
「アラームボックス」( https://alarmbox.jp )は、スマートフォンやPCから取引先を登録しておくだけで、取引先のリスクや状況変化を自動で知らせてくれるサービスです。インターネット上の情報を活用した「高精度」な与信管理を、「カンタン」に、「低価格」で導入できます。それにより、取引先の情報収集に関わる業務負荷を大幅に削減し、信用状況の変化をいち早くキャッチして、リスクに迅速に対応できます。

◆お問い合わせはこちら
アラームボックスPR担当:稲田
TEL:03-6261-0351
E-mail:t.inada@alarmbox.co.jp

◆アラームボックス株式会社について
会社名:アラームボックス株式会社
代表者:代表取締役 武田浩和
設立 :2016年6月
資本金:3.36億円
株主 :経営陣
信用交換所大阪本社
オフィスバスターズ
みずほキャピタル
ANOBAKA
デジタルハリウッド
日本ベンチャーキャピタル
ナントCVCファンド
GMOペイメントゲートウェイ
西武しんきんキャピタル
SMBCベンチャーキャピタル
池田泉州キャピタル
OKBキャピタル
京銀リース・キャピタル
いよぎんキャピタル

URL :https://alarmbox.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る