旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ラピュタロボティクス、経済産業省が推進する「ロボットフレンドリーな環境」を実現するためのプロジェクトに参画

2021年09月30日13時15分 / 提供:PR TIMES

ラピュタロボティクス株式会社東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、経済産業省が推進する「ロボットフレンドリーな環境」を実現するためのプロジェクト」に参画したことをお知らせいたします。具体的には、「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会」の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に設置される物流倉庫テクニカルコミッティーに参画し、2021年9月30日より活動を開始いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/21229/36/resize/d21229-36-d5385ab600984e5cdbc2-0.png ]

経済産業省は、施設管理、小売、食品製造等の人手不足が顕著な分野へロボットを導入していく上で、導入コストの低減につながるロボットを導入しやすくする環境、いわゆる「ロボットフレンドリーな環境」の整備が重要だという思いから、2019年秋に「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」を設置し、「ロボットフレンドリーな環境」作りに必要な要件等の検討・整理を進めていました。また2020年度から、本タスクフォースを「ロボット革命産業IoTイニシアティブ協議会」の下に位置付け、分野毎にテクニカルコミッティーを設け、環境の実現に向けた検討を進めています。

ラピュタロボティクスは、物流倉庫テクニカルコミッティーにおいてロボティクス関連企業を代表し、これまで蓄積してきた物流現場でのロボティクスシステムの導入と運営の経験を活かして、日本のマテリアルハンドリング・ロボット・上位システムインターフェース標準化を目指して検討を行います。

ラピュタロボティクスは、今後もロボットを連携させることで、人々の生活を豊かにすることを目指し、取り組みを加速してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る