旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

”multibook” (会計・ERPクラウド)導入企業数200社突破のお知らせ

2021年02月15日16時45分 / 提供:PR TIMES

~800名以上のユーザ様が海外拠点の会計・ERP、見える化ツールとしてご活用~

株式会社マルチブック(本社:東京都品川区、代表取締役 村山忠昭)は、"multibook”(海外拠点向け会計・ERPクラウド)の導入企業が200社を突破したことをお知らせいたします。

"multibook"は2016年より販売を開始し、2020年12月末に200社を超える企業様に導入頂きました。
ご導入頂いた企業様は海外進出をしている日系企業であり、タイ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、マレーシアなどを中心に20を超える国・地域にて800名以上のユーザ様に日々ご利用頂いております。
業種別には製造業、商社、飲食業など製造・非製造問わず幅広い業種の企業様に採用頂いており、海外拠点の業務効率化、内部統制強化、連結決算の早期化、本社からのリアルタイム見える化を実現頂いております。
タイやフィリピンでは、会計事務所様がクライアント企業様の記帳代行ソフトとして"multibook”会計事務所モデルを導入し、記帳業務を行われているケースもございます。これにより、クライアント企業様は、現地からも日本本社からも直接、multibookにアクセスして、リアルタイムで財務諸表や仕訳明細の確認が可能になります。
昨年より、海外渡航が難しくなっていることを背景に、日本本社からリモートで導入作業が可能で、導入後の内部統制強化、リモートで海外拠点の決算数値確認が可能なmultibookのお問い合わせが増えてきております。

今後も”multibook”は海外拠点の決算早期化、会計・在庫の見える化、内部統制強化、現地の業務効率化をサポートいたします。

■"multibook"(マルチブック)会計・ERPクラウドとは
マルチ言語、マルチ通貨、マルチ帳簿を基本とした海外拠点向け会計・ERPクラウドです。
20か国・200社を超えるお客様にご利用頂いております。

【multibook 5つのメリット】
1. 海外で使える - 11ヵ国語に対応、海外会計・税務・商習慣に対応
2. クラウド - 全世界からアクセス可能、リモートワークにも対応、導入作業もリモート可能
3. 繋がる - DIVA連携、BTrex連携、GRANDIT連携、kintone連携
4. 短期導入 - 最短2週間で導入可能
5. 低価格 - 3万円(月額)~で利用可能

【対応言語】
日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)

製品ホームページ
URL:https://www.multibook.jp/

■会社概要
商号 : 株式会社マルチブック
所在地: 東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル5階
代表者: 代表取締役 村山 忠昭
設立 : 2000年9月
事業内容: グローバルシステム展開コンサルティング・ヘルプデスク、クラウド型ERPサービス、BPOサービス
資本金: 85百万円
海外拠点: フィリピン、シンガポール、タイ、香港、ドイツ、オランダ、アメリカ
URL: https://www.multibook.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る