旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

スクエル、『SCUEL DATA REPORT Vol.1』: 「医師の偏在」~医師は今どこに集まっているのか。激変する地域医療の今。(ホワイトペーパー DLサービス)

2020年11月02日18時45分 / 提供:PR TIMES

ホワイトペーパー 無償DLサービスを開始しました。

ミーカンパニー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:前田 健太郎 以下 「当社」)は、ホワイトぺーパー「SCUEL DATA REPORT」の無償DLサービスを開始します。 
 今回は第1弾 「医師の偏在」~医師は今どこに集まっているのか。
 ~当社の高鮮度で精緻なデータベースの数字から、激変する地域医療の今を読み解きます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11087/36/resize/d11087-36-355091-0.png ]

コロナ禍での受診抑制、医師の働き方改革、医師の偏在指標の公表、…医師は今、地域のどこにいるのか。

2018年8月時点 と 2020年8月時点での 二次医療圏ごとの 医師数(常勤医師数+非常勤医師数)を比較。
医師数が増えたか減ったか、変化がわかる数値データを 今回ホワイトペーパーで無償提供します。

■ホワイトペーパー DLサイト
「SCUEL DATA REPORT Vol.1」
 「医師の偏在」~医師は今どこに集まっているのか。
https://scueldata.me/news/2020/10/08/4199/?from=refprt001

数値を検証したところ、都道府県によっては100人超の医師数の減少や増加が起きている地域が複数ありました。これらの変化をホワイトペーパーにてご確認いただけます。 下図は岩手県の例(保険医療機関:病院+診療所)
[画像2: https://prtimes.jp/i/11087/36/resize/d11087-36-531987-3.png ]

 医師の偏在指標で三次医療圏は全国47位、二次医療圏では多くが下位33%に含まれていた岩手県
 各医療機関(病院、診療所)の常勤・非常勤医師数の合計を地域で見てみると、盛岡地域(二次医療圏)では、この2年間で 実に30%近い増加となっていたことがわかりました。一方で減少幅が大きい二次医療圏が複数(グラフの赤のエリア)

・薬局店舗が所在するエリアはどうなっているのか
・MRの担当エリアでの変化はどうなっているのか
・在宅医療の提供を考えているエリアはどうなっているのか
・M&Aや事業承継を検討しているエリアではどうなっているのか
・自分が住んでいる町はどうなっているのか ~ かかりつけ医から紹介まで 減っていないだろうか

下図は埼玉県の病院での変化
[画像3: https://prtimes.jp/i/11087/36/resize/d11087-36-646036-4.png ]

 
次のような詳細データについてのご要望は、当社までご相談ください。
 ・二次医療圏内での診療所を含む医療機関の医師数の変化
 ・個々の医療機関での医師数の変化、常勤医師数/非常勤医師数の変化などの内訳
 ・標榜科別/機能別/地域医療支援病院などの認定医療機関別の医師数変化
(当社は、全国の保険各医療機関ごとの、常勤医師数/非常勤医師数のデータを月次で保有)

<個票での分析例>
[画像4: https://prtimes.jp/i/11087/36/resize/d11087-36-948887-5.png ]

■ホワイトペーパー DLサイト
https://scueldata.me/news/2020/10/08/4199/?from=refprt001

■本件に関するお問い合わせ先
ミーカンパニー株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-33-2 マーキュリースクエア2F
電話番号:03-6273-1990
メールアドレス:pr@mecompany.me
ホームページ:https://mecompany.me/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る