旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

セラミックタイル市場、2021年から2026年の間、緩やかに成長見込み

2021年07月07日17時15分 / 提供:PR TIMES

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「セラミックタイル市場:世界の業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会・将来予測 (2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988422-ceramic-tiles-market-global-industry-trends-share.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/35/resize/d71640-35-f5804944a0aa4d70ac05-0.jpg ]

市場の概要
セラミックタイル市場は、2020年に704億9,000万米ドルの規模に達しました。今後、同市場は2021年から2026年にかけて緩やかな成長を示すと予測されています。

セラミックタイルは、粘土、珪砂、長石、ドロマイトなどの天然鉱物を主原料とする薄い板状の素材です。これらのタイルは、他のタイルと比較して、耐久性に優れ、高温への耐性が高く、苛性物質や酸性物質への曝露にも耐えることができます。タイルの外観の美しさや、様々なデザイン、テクスチャー、色、形、サイズがあることから、大理石やコンクリートなどの床材に代わるものとして登場しました。これらの特性に加えて、軽量、防滑、抗菌などの特性があるため、衛生面が重視される病院、ホテル、研究所、医薬品製造施設などで好んで使用されています。

市場の成長要因
セラミックタイルは、伝統的なものから西洋的なものまで、さまざまな釉薬のオプションやスタイルがあります。消費者はスタイリッシュで安価な床材を求めており、ここ数年で需要が大幅に増加しています。
セラミックタイルは、そのほとんどが天然由来の鉱物で構成されているため、環境にやさしい製造方法となっています。しかし、近年の技術革新により、製造工程での二酸化炭素や有害ガスの排出量をさらに削減することが可能になりました。
また、粘土の噴霧乾燥、タイルのプレス、焼成などを取り入れた新しい方法や、選択・操作・制御のための専用機器の登場により、メーカーはさまざまな形状、サイズ、質感のセラミックタイルを生産・供給できるようになりました。
特に中国、インド、ブラジル、ロシアなどの新興国では、急速な工業化、都市化、一人当たりの所得の増加により、住宅、商業、工業の各分野で建設活動が活発化しており、高品質な床材製品の需要が高まっています。

主要な市場区分
世界のセラミックタイル市場は、タイプ別、用途別、地域別に分類されています。

タイプ別では、床タイル、壁タイル、その他に分類されています。
現在、床用タイルが市場の半分以上を占めています。床タイルは、低コストで使いやすく、さまざまな形状やサイズのものがあるため、住宅や施設の分野で使用されています。

用途別では、住宅用、商業用、交換用に分類されています。
低コストで美しい外観を持つセラミックタイルは、住宅分野が市場の主要セグメントとなっています。主にアパート、高層ビル、個人住宅などで使用されています。

地域別では、中国、ブラジル、インド、ベトナム、インドネシア、その他の地域に分類されています。
現在、中国は世界市場で最大の生産国、消費国、輸出国となっています。これは、中国では原材料の入手が容易であり、人件費が低いことに起因しています。

市場の競合状況
世界のセラミックタイル市場で活動している大手企業は以下の通りです。

Mohawk Industries Inc.
Siam Cement Group Public Company Limited
Grupo Lamosa
RAK Ceramics P.J.S.C
Ceramica Carmelo For Ltda

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988422-ceramic-tiles-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る