旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Looop 環境価値サービス「eneco」を手数料0円で発売

2021年03月11日12時15分 / 提供:PR TIMES

業界最安値で再生可能エネルギー普及促進

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、環境価値サービス「eneco(エネコ)」を法人と一般の双方のお客様に向けて発売することを発表しました。Looopでんきのマイページからは4月中旬よりお申し込みを受け付けます。
※「eneco」予告サイト:https://looop-denki.com/eneco/

[画像1: https://prtimes.jp/i/58095/35/resize/d58095-35-555847-4.jpg ]

「eneco」はご利用中の電気に非化石証書を組み合わせることで、実質的に再生可能エネルギーとみなし、環境価値を付加する「Looopでんき」のオプションメニューです。非化石証書とは、再生可能エネルギーで発電された電気の非化石価値を取り出して証書化したものです。Looopは「eneco」を非化石証書取得費用の原価に相当する1キロワットアワー当たり1.43円(税込)で提供します(2021年度)。Looopがいただく手数料は0円です。SDGsやESG投資が注目され環境意識が高まる中でも、再生可能エネルギーの普及が進まない要因の一つとしてコストの問題があると考えられ、Looopは「eneco」を業界最安値で提供することに挑戦して、普及促進に取り組みます。

「eneco」には、実質再生可能エネルギー100%かつCO2排出ゼロの「eneco RE100%」と、CO2排出ゼロの「eneco CO2 Zero」、CO2排出を抑えた「eneco CO2 Light」(調整後排出係数0.349)の3つのメニューがあります。再生可能エネルギーの普及推進をはじめ環境にやさしい取り組みに貢献されたいお客様はもちろん、国際的イニシアチブであるCDP、SBT、RE100などへの適用や、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)における排出係数の報告で活用することが可能です。

また「eneco RE100%」は、「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」において、環境省が指定するEV(電気自動車)購入補助金の対象となる電力メニューに選定されました。「Looopでんき」に加え「eneco RE100%」をお申し込みいただくと、2021年度のEV購入補助金(最大80万円)の申請ができるようになります。さらに「Looopでんき」ではEV所有者向けの割引サービス「EV割」も提供しています。

Looopはこれまで法人のお客様を中心に太陽光発電の自家消費設備導入などを通じて、再生可能エネルギーの導入を支援してきました。自家消費設備と「eneco」を組み合わせてお使いいただくことで、それまで系統から購入していた自家発電の不足分をも再生可能エネルギーとすることができ、再生可能エネルギー100%(RE100%)に近づけることができます。

Looopは今後も再生可能エネルギーが身近に感じられるような製品開発を通じて、ビジョンである「エネルギーフリー社会の実現」を目指します。

「eneco」の導入イメージ

[画像2: https://prtimes.jp/i/58095/35/resize/d58095-35-998085-1.png ]

「eneco」の料金体系
[画像3: https://prtimes.jp/i/58095/35/resize/d58095-35-753991-2.png ]

「eneco」の活用先
[画像4: https://prtimes.jp/i/58095/35/resize/d58095-35-789695-3.png ]

「eneco」サービス概要
サービス名称: eneco(エネコ)
メニュー体系: 「eneco RE100%」、「eneco CO2 Zero」、「eneco CO2 Light」
対象地域: 全国(離島を除く)
対象サービス: 低圧サービス(Looopでんき各種プラン)、高圧・特別高圧サービス
加算額:
「eneco RE100%」⇒従量料金に電力使用量×1.43円/kWhを加算
「eneco CO2 Zero」⇒従量料金に電力使用量×0.89円/kWhを加算
「eneco CO2 Light」⇒従量料金に電力使用量×0.32円/kWhを加算
※2021年度の価格、毎年4月に環境価値の市況に合わせて料金を改定します
主な活用先:
「eneco RE100%」⇒CDP回答書、SBT報告書(スコープ2相当)、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)の報告、RE100(要トラッキング)
「eneco CO2 Zero」、「eneco CO2 Light」⇒温対法、省エネ法

「Looopでんき」について

[画像5: https://prtimes.jp/i/58095/35/resize/d58095-35-796280-5.jpg ]

Looopは、2016年に一般家庭や小規模ビジネス向けの低圧小売サービス「Looopでんき」を開始しました。「基本料金0円、使った分だけお支払い」という分かりやすい料金体系やウェブで完結する簡単な申し込み方法が多くのお客様に支持され、2021年1月時点での契約件数は約28万件に達しています。ガスとのセットプラン「Looopでんき+ガス」や、EV所有者向けの「Looopでんき+EV割」など、「Looopでんき」のサービスに新たな価値を+(プラス)することで、お得な割引が適用されるサービス「Looopでんき+」も合わせて展開しています。

【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2020年6月末現在
売上高: 50,736百万円 ※2020年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る