旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【交通事業者・自治体無料】Mobimeo GmbH岩田氏・SmartRyde木村氏が登壇「欧州・東南アジアの新モビリティビジネス ~ポスト・コロナのモビリティのヒントを探る~」6月23日(水)開催

2021年06月07日16時15分 / 提供:PR TIMES

【登壇者】
・Mobimeo GmbH プログラムマネジャー 岩田 なほみ 氏(ドイツよりオンライン登壇)
株式会社SmartRyde 代表取締役 木村 聡太 氏
※【開催の詳しい内容はこちら】 https://ligare.news/seminar/seminar20210623/

[画像: https://prtimes.jp/i/35516/35/resize/d35516-35-858637-0.jpg ]

■開催概要
[開催日時] 2021年6月23日(水)16時00分~18時00分

[会 場]
※ZoomによるWeb配信のみとさせていただきます。
※WEB配信につきまして、一部投影資料が映せない可能性がございます。ご了承くださいませ。

[定員] Web受講100名 (先着順)

※【開催の詳しい内容はこちら】 https://ligare.news/seminar/seminar20210623/

■講演内容
「欧州・東南アジアの新モビリティビジネス ~ポスト・コロナのモビリティのヒントを探る~」

今なお移動制限が続く日本だが、世界を見てみると北米ではすでに航空利用者数が回復傾向にあるなど、観光での移動需要が増加しつつある。
欧州では厳しいロックダウンを経たことで、鉄道会社によってマイクロモビリティを組み込んだ新しい通勤定期の概念が生まれている。
ドイツ鉄道では外国人職員を積極的に登用する関連会社をつくり、旧来の体制に風穴を開ける新しいビジネスの創出に取り組んでいる。

かたや東南アジアでは再びロックダウンが行われる中でも、Ninja van等ロジスティクス分野で活発な動きを見せるスタートアップ企業が登場している。
また東南アジアのスーパーアプリGojekがECプラットフォームのtokopedeiaと合併するなど、スーパーアプリのビジネスの動きも活発だ。

今回のセミナーでは海外のモビリティビジネスに詳しい岩田なほみ氏(東急電鉄を経て現在はドイツ・Mobimeo GmbH社プログラムマネジャー)と木村聡太氏(世界150カ国で空港送迎サービスを展開する株式会社SmartRyde代表取締役)に登壇いただき、海外の現在のモビリティ事情や、日本にはまだないモビリティの概念やモビリティビジネスの紹介、さらに今後、日本企業が海外でビジネス展開する際の参考にできる情報を学ぶ。

【プログラム】
※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
16:00 スタート   総合司会/LIGARE編集長 井上佳三
16:10 講演+質疑応答(40分)
    「欧州の公共交通機関とマイクロモビリティ事情」
    Mobimeo GmbH プログラムマネジャー 岩田 なほみ 氏
16:50 講演+質疑応答(40分)
    「海外における最新観光需要と新たなサービス動向」
    株式会社 SmartRyde 代表取締役 木村聡太氏
17:30 ディスカッション&質疑応答(30分)
    登壇者の方々
    モデレータ:LIGARE 井上佳三
18:00 閉会

※【開催の詳しい内容はこちら】 https://ligare.news/seminar/seminar20210623/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る