旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Minerva Growth Partnersをリード投資家として、GMO VenturePartners等から総額約22億円の資金調達ラウンドを実施

2021年10月27日10時45分 / 提供:PR TIMES

マネーフォワードとも資本業務提携を強化し、Embedded Finance(組み込み型金融)事業の更なる成長加速へ

株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山 弘毅)は、Minerva Growth Partners LLP(本社:東京都港区、創業パートナー:長澤 啓・村島 健介、以下「Minerva Growth Partners」)をリード投資家としてGMO VenturePartners 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:杉山 一康、以下「GMO-VP」)らから総額約22億円の資金調達ラウンド(以下「本ラウンド」)を実施します。本ラウンドでは第三者割当増資に加え、株式会社マネーフォワードとの資本業務提携による関係強化を目的として、発行済み株式の一部を追加取得いただきます。また、SBIグループ、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル等の一部既存株主も発行済み株式の一部を追加取得することで、より強固なリレーションシップを築いてまいります。

[画像: https://prtimes.jp/i/31359/35/resize/d31359-35-beb858d2db2e64f60629-1.jpg ]

左からMinerva Growth Partners長澤氏、代表取締役社長 丸山、Minerva Growth Partners村島氏

インフキュリオンは、決済×テクノロジーを軸に社会に新しい価値を生み出すことをビジョンに掲げ、BaaS(Banking as a Service)プラットフォーム事業や加盟店ソリューション事業等の提供を通じて、さまざまな側面から日本におけるキャッシュレス化および企業のD Xを推進しています。小売・流通を中心としたあらゆる企業がユーザーに提供するサービスに、金融機能を部品化して組み込むEmbedded Finance(組み込み型金融)に注目が集まる中、インフキュリオンは日本発のEmbedded Financeのリーディングカンパニーとして、国内外に向けてさらなる成長を目指します。

Minerva Growth Partnersは、香港の資産運用会社Pleiad Investment Advisorsとのパートナーシップを通じて、上場後の追加投資も併せて長期保有を可能とするクロスオーバー投資を前提としたグロースファンドを運営しています。インフキュリオンは今回の資金調達を通じて、BaaSプラットフォームサービス「ウォレットステーション」や次世代カード発行プラットフォームサービス「Xard(エクサード)」のさらなる機能開発、およびサービス展開の拡大に向けた人材採用を強化し、海外ネットワーク、並びに海外テクノロジー業界やスタートアップのグロースステージにおける豊富な知見を有する、Minerva Growth Partnersとともに一気に成長を加速していきます。また、GMO-VPからの出資を機にGMOペイメントゲートウェイ株式会社等 とのFintech領域における業務提携の検討を行ってまいります。なお、マネーフォワードとの資本業務提携のさらなる加速を通じて、両社の事業連携を強化し、革新的な法人DXを推進してまいります。

また、経営体制の構築・ガバナンス体制強化を目的に、新社外取締役として、Minerva Growth Partners の創業パートナーである村島氏が就任する予定です。

【投資家からのコメント】

Minerva Growth Partners 創業パートナー 村島 健介氏
予てより産業のDXをバックエンドで支援・促進するエネイブラー領域での投資テーマを模索してきた中で、エンドユーザーとの接点を有する非金融事業者による金融機能の提供を可能とするEmbedded Financeの日本における浸透の形に注目していました。米国の著名ベンチャーキャピタルa16zが提唱する”Every Company Will Be a Fintech Company”の日本ならではの形やいかに。
そんな中で、決済・フィンテック業界で豊富な知見と事業基盤を有するインフキュリオン社と出会い、日本の金融業界における巨大な基幹システムを破壊(Disrupt)することなく、共存・共生の形で独自のBaaS/Embedded Financeの実現を志向する同社のリーダーシップと成長ポテンシャルを確信し、この度出資させて頂きました。
弊社のグローバルかつローカルな知見とリソースを総動員して、同社の中長期的な成長ストーリーに伴走できることを楽しみにしています。

GMO VenturePartners株式会社 取締役 ファウンディングパートナー 村松 竜氏
当社ではGMO Global Fintech Fundから米、インド、東南アジアで複数のEmbedded Finance事業者に投資しており、同市場の世界的な急成長と金融領域の変革を目の当たりにしてきました。このたび日本の同領域を担うインフキュリオンに株主として参画させて頂く機会を得られたこと、大変嬉しく思っております。GMO-PGとの提携も視野に、「あらゆるサービスをFintech化」することによる社会の進歩発展に、ともにチャレンジできればと思います。

株式会社マネーフォワード 代表取締役社長CEO 辻 庸介氏
当社は、創業以来、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げ、世の中からお金に関する課題や悩みをなくすことを目指しております。本年9月に提供を開始した事業用プリペイドカード「マネーフォワード ビジネスカード」には「Xard」を導入させていただき、キャッシュレス社会の実現に向けて貴重な一歩踏み出すことができました。今回の資本業務提携の強化を通じ、日本におけるキャッシュレスおよび企業のDXをより強固に連携して推進してまいります。

Minerva Growth Partnersについて
株式会社メルカリでCFOを務めた長澤啓とモルガン・スタンレーでGlobal Internet Banking/Global Software Banking Group日本統括責任者を務めた村島健介が香港の資産運用会社Pleiad Investment Advisorsと共同で設立した、主として日本のレイトステージの未上場スタートアップを中心に投資を行うグロースファンド。
https://www.minerva-growth.com

GMO VenturePartnersについて
GMO VenturePartnersは2005年の設立以来、GMOインターネットグループの総力を結集し、国内外の優良スタートアップへの投資、およびFintech支援等で収益・企業価値貢献型の支援を行う。現在はGMO Global Fintech Fundを軸として、米、インド、東南アジアなどグローバルのFintech領域に積極的に投資、ユニコーン12社、IPO20社(2021年10月時点)。
https://gmo-vp.com/

【インフキュリオン会社概要】
会社名:株式会社インフキュリオン
代表者:代表取締役 丸山 弘毅
設立:2006 年 5 月 1 日
本社:東京都千代田区麹町5‒7‒2 MFPR麹町ビル7F
URL:https://infcurion.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る