旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『BASIC by MOTION GALLERY』サービス開始!第一弾は、松竹とシェイクトーキョーによる映画ファンコミュニティ『SHAKE』

2020年12月01日12時00分 / 提供:PR TIMES

『BASIC by MOTION GALLERY』~継続支援型(月額)クラウドファンディング・プラットフォーム

 クラウドファンディング・プラットフォームを運営する株式会社MotionGallery(本社:東京都港区/代表取締役:大高健志)は、継続支援型のクラウドファンディング・プラットフォーム『BASIC by MOTION GALLERY』(以下、BASIC)を12月1日よりサービス開始いたします。https://basic.motion-gallery.net/

 第一弾は、松竹株式会社東京都中央区、代表取締役社長 迫本 淳一 / 以下:松竹)、シェイクトーキョー株式会社東京都世田谷区、代表取締役 汐田 海平 / 以下:シェイクトーキョー)で運営する映画ファンのための会員制オンラインラウンジ『SHAKE』を開設いたします。https://basic.motion-gallery.net/community/shake-cinema  

 コロナ禍の影響により、人と人が直接交流する機会が制限される状況が続くなか、急速に普及するオンラインツールを最大限に活用することで、映画の根源的な楽しさ、豊かさを改めて共有できる、映画ファン同士が「つながる場所」を作りたい、という考えのもと、本コミュニティが始動します。また、MotionGallery代表・大高がトークルームに登壇いたします。共感の輪をつなぎ、クリエィティブな活動の基盤をつくるBASICにご注目ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-391890-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-482306-1.jpg ]

 『SHAKE』とは、「映画じかんをもっとリッチに」というコンセプトのもと、映画館のラウンジのように様々な人が集い、映画を観る前、観た後の時間も含めて豊かに過ごすための会員制オンラインサービスです。月額会費550円(税込)で、映画を今まで以上に楽しむための動画・テキストコンテンツや、トークイベント、映画ファン同士で好きな作品を語り合うコミュニケーション等、オンラインを中心にサービスを展開いたします。

 映画や演劇の製作・興行会社である松竹が、新しいコンテンツ創造や新たな事業開発を行うために創設した開発企画部と、デジタル領域におけるプロモーションを中心に映画ファンとのコミュニケーションを作る「uni(ユニ)」や、映画『佐々木、イン、マイマイン』の製作を手掛けるクリエイティブスタジオのシェイクトーキョーが、両社の強みを合わせて、リッチなコミュニケーションを軸に、‟映画じかん“を豊かに過ごすためのコンテンツを提供いたします。
[画像3: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-797956-2.jpg ]

 国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォーム『MOTION GALLERY『は、コロナ禍に苦しむ全国のミニシアター支援のための「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」を立ち上げ、2万9,926人から総額3億3,102万5,487円の応援を集め、映画/音楽/アート/出版/舞台/まちづくりなど、社会をクリエイティブに変える活動を多数応援してきました。新たに始動するクリエイティブ・コミュニティ『BASIC』は、『SHAKE』と連携することで、映画の新しい鑑賞体験の提案をいたします。

『BASIC』立ち上げの経緯

[画像4: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-875089-7.png ]

皆が「New Normal」を模索する今、活動や産業をとりまくエコシステムとその基盤となるコミュニティがよりいっそう重要になっています。そうしたエコシステムの循環を絶やさないために、継続的な資金が求められています。 また、以前から、クリエイティブな活動の企画には時間がかかるにもかかわらず、その間を支えるものが乏しいということが言われてきました。「プロジェクト」として芽生える前の探索を可能にし、クリエィティビティの土壌を豊かにしていくためには、クリエイターのベーシック・インカムのような仕組みが必要だと考え、BASICを立ち上げました。 プレスリリース:https://bit.ly/3lqtp4l

『BASIC』でできること

【映画館·書店·劇場などの「場所」】
あなたの運営する場所や文化施設をとりまくエコシステムをオンライン上にも展開することに繋がります。それによって「新しい日常(New Normal)」への対応と、エコシステムの維持の両立を図ることができます。

【集団・ファンコミュニティ・サークルなどの「クリエイター」への応援】
毎月インカムがあることで、創作活動やリサーチ・ディベロップメントに注力しやすくなります。また、日々の試行錯誤の様子を報告したり、次回作に向けて資料をもとに皆でディスカッションをしたりなど、日々の活動や制作プロセスをメンバーと共有することができます。

『SHAKE』サービス概要

サービス名:映画ファンのための月額会員制オンラインラウンジ『SHAKE』
・展開先プラットフォーム:「BASIC by MOTION GALLERY」
・サービス開始日:2020年12月1日(火)
・会費:月額550円(税込)
・提供コンテンツ:1.「ライブ配信動画」
         Zoom、Vimeo等、配信ツールを利用したオンライントークやイベントを提供
          (1)トークルーム:登壇者がたっぷり語る映画トーク
          (2)SHAKEトピックス:テーマを設定した対談・クロストークイベント
         2.「映画コラム・レビュー」
         著名人によるここでしか読めない映画コラムやレビューを提供
         3.「シネマチャット」
         LINE OPEN CHAT等、SNSを活用した会員限定のチャットルームを提供
・サービスHP:https://basic.motion-gallery.net/community/shake-cinema
[画像5: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-154103-3.jpg ]

参画メンバー

映画業界に限らない様々な分野で活躍する気鋭のクリエイターの参画が決定!(五十音順)
今後も新しいクリエイターの参画を予定しており、最新情報はサービスページ内で随時更新いたします。

▼第1回SHAKEトピックス
日時:2020年12月5日(土)17:00~18:00
トークテーマ: 「空間としての映画館の可能性」
登壇者:枝優花(映画監督・写真家)/カツセマサヒコ(ライター・小説家)/龍崎翔子(ホテルプロデューサー・L&G代表)
[画像6: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-859309-4.jpg ]

▼トークルーム/コラム·レビュー
登壇者:今泉力哉(映画監督)/内山拓也(映画監督)/大高健志(Motion Gallery代表)/佐渡島庸平(編集者・コルク代表)
執筆者:りょかち(ライター)
※写真左より
[画像7: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-222398-5.png ]

=====
一般のお問合せ:contact@motion-gallery.net
=====

[画像8: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-391890-0.jpg ]

共感の輪をつなぎ、クリエィティブな活動の基盤をつくる 継続支援型のクラウドファンディング・プラットフォームです。文化施設・クリエイターは、資金を毎月継続的に受け取ることで 日々の活動の基盤を充実させることができ、メンバーはクリエイティブな活動のプロセスやコミュニティに参加することができます。
URL:https://basic.motion-gallery.net/

[画像9: https://prtimes.jp/i/30743/35/resize/d30743-35-454433-6.png ]

MOTION GALLERYは、みんなの共感をパワーに、社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現するクラウドファンディング・プラットフォームです。https://motion-gallery.net// ▼Podcast https://propo.fm/motiongallerycrossing

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る