旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エイシング、独自エッジAIの『MST (メモリー・セービング・ツリー) 』が CEATEC AWARD 2021 部門賞グランプリ受賞

2021年10月19日15時15分 / 提供:PR TIMES

 エッジAIアルゴリズムを開発・提供する株式会社エイシング(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:出澤 純一)の独自のエッジAIアルゴリズム「MST(メモリー・セービング・ツリー)」 が「CEATEC AWARD 2021」において「スタートアップ・ユニバーシティ部門賞グランプリ」を受賞しました。
 当社は、2021年10月19日(火)~22日(金)まで開催の「CEATEC 2021 ONLINE」に出展し、CEATEC AWARD 2021を受賞した「MST」をご紹介いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/26145/35/resize/d26145-35-df2e3b79e719380a2004-0.png ]

MSTの詳細についてはこちらのページをご覧ください。https://aising.jp/mst/

<選評>
メモリ要求が低くかつ高精度で追加学習に対応した、独自のエッジAIアルゴリズムMST(Memory Saving Tree)は、産業用を始め、個体差補正など多岐にわたる分野で応用可能なテクノロジ。機械制御出身のエンジニアがAI開発に携わっており、組み込み向けの知見があるなど複合領域の知見に秀でている強みがある。
センサーなどにAI機能を付与できるエンドポイントAIを具現化する技術であり、国内産業にとってブレイクスルーが必要な技術課題を解決するソリューションとなるなど、既に実用技術となっている点も評価された。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る