旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グローバルリサーチを成功に導く「出現率」の算出方法とは?ホワイトペーパー無料公開

2021年03月11日16時00分 / 提供:PR TIMES

グローバルの消費者を対象とするアンケートデータの収集から分析、活用までのプロセスを最適化するグローバルリサーチサービスを提供するSyno Japan株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:長野 草児、以下「Syno」)は、グローバルにビジネスを展開するにあたり、現地の消費者のニーズを理解する上で重要な役割を果たすグローバルリサーチを成功へ導くための鍵となる「出現率」の算出方法についてホワイトペーパーを無料公開いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/22677/35/resize/d22677-35-907245-0.png ]

グローバルにビジネスを展開するにあたり、現地の消費者について理解することの重要性が高まって います。消費者を取り巻く環境や、価値観の変化、モノ、サービスの多様化により、常に変化するグローバルの消費者の声を聞き、ニーズをアップデートしていく必要があります。

海外の消費者を対象としたインターネット調査は、人件費や現地へ出向くためのコストなどといったリサーチコストを抑え、かつタイムリーな回答が収集できる上、海外での現地リサーチが難しいコロナ禍の現在においても、現地に出向かずに回答を回収できるため、以前にも増して注目度が上がっています。しかし、そんなインターネット調査も全てのリサーチに万能というわけではありません。インターネット調査は、リアルタイムで世界中のパネルに対してアンケートが行える点では優れていますが、調査したい対象の条件に当てはまるサンプル数が一定数以上収集できないことが起こり得るのも事実です。

そこで、鍵を握るのが「出現率」という概念です。出現率とは、簡単に説明すると母集団の中にある条件に合致する人がどのくらいいるのかを表す数値のことを意味します。より複雑でニッチな対象であればあるほど出現率は低くなり、リサーチ前に出現率を算出することも難しくなります。とくにグローバルリサーチとなると、国内でのリサーチと比べ出現率を予測するのが難しく、設定した条件の対象者を算出するにあたり自分の勘や直感が命取りとなります。本ホワイトペーパーでは、出現率やその算出方法に焦点を当て、グローバルリサーチに精通したSyno Japanがどのように出現率を算出しているのか、また出現率を読むコツをご紹介します。

目次

出現率とは?
出現率の算出における課題
出現率の算出方法
出現率算出の5つのポイント
最後に

ホワイトペーパーダウンロードURL: https://synoint.jp/2021/03/wp_incidencerate/

【Syno Japan株式会社 概要】
Syno Japan株式会社は、ゼロパーティデータプラットフォームSyno Cloudを開発する北欧発古都ITスタートアップです。ゼロパーティデータの収集からファーストパーティデータとの連携、共通IDでのデータ一元管理、分析、可視化や活用までを効率化するプラットフォームを構築します。「既存を問い直す、越境を」の理念の下、既存の仕組みを見直し、次世代のデジタルマーケティングを実現するためのSyno独自のソリューションを提供しています。

■会社概要
代表者  :代表取締役 長野 草児
所在地  :神奈川県鎌倉市扇ガ谷1丁目8−1山口ビル3F
設立   :2016年1月
資本金  :100万円
業務内容 : グローバルリサーチ、カスタマーエクスペリエンス(CX)、デジタルマーケティング分野における消費者データの収集、プロセッシング、レポーティング、活用を効率化するデータプラットフォームの開発
URL :https://www.synoint.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る