旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マンションISP国内シェアNo.1(※1)のつなぐネットコミュニケーションズ 新築賃貸マンションに最大10Gbpsの 高品質・高速インターネットサービスを導入

2020年10月08日16時15分 / 提供:PR TIMES

~コロナ禍による在宅ワークやインターネット利用増の中、 快適な通信環境のある暮らしを小田急不動産の新築賃貸物件で実現~

 マンション全戸一括インターネット接続サービス(※2)を提供するアルテリアグループの株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大橋 一登)は、小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:金子 一郎)が、2022年2月に竣工を予定する賃貸レジデンス「(仮称)新宿区片町計画」のインターネット接続環境として「UCOM光 レジデンス マンション全戸一括10Gタイプ」を採用することを発表いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7041/35/resize/d7041-35-818828-4.jpg ]

■高速高品質インターネット回線への需要の高まりについて
[画像2: https://prtimes.jp/i/7041/35/resize/d7041-35-741737-1.jpg ]

出典:総務省「我が国の固定系ブロードバンド契約者の総トラヒック(2020年5月分)」(※4)

 コロナ禍における在宅ワークの浸透や動画配信サービス利用の増加により、自宅からのインターネット利用が増え、データトラヒック量も飛躍的に増大化する一方です。そのため、マンションでは各戸のトラフィック増大に伴う通信遅延や通信品質が問題視されるケースもあり、高品質・広帯域なインターネット回線の導入がますます重要視されています。

■最大10Gのインターネット接続サービスをマンション全戸に提供する「UCOM光 レジデンス マンション全戸一括10Gタイプ」について
[画像3: https://prtimes.jp/i/7041/35/resize/d7041-35-207952-3.jpg ]

 つなぐネットコミュニケーションズは、マンション向けインターネット接続サービス国内シェアNo.1(※1)として、回線キャリア+ISP一体型サービスの強みを生かし、安定した通信、建物に適した回線方式、建物への導入工事、保守・サポートまでグループ一貫体制で居住者様に快適なインターネット環境をご提供しております。
 今回の「UCOM光 レジデンス マンション全戸一括10Gタイプ」は、マンション全戸で常時快適なインターネットが利用できるよう、アルテリアグループが保有する光ファイバー網を利用した高品位・広帯域の専有型の光アクセス回線サービスを使用した、国内でも最速クラスのインターネット接続サービスです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/7041/35/resize/d7041-35-173704-2.jpg ]

小田急不動産の賃貸レジデンス「(仮称)新宿区片町計画」について
 つなぐネットコミュニケーションズが本サービスを提供する小田急不動産の賃貸レジデンス「(仮称)新宿区片町計画」(全78戸)は、都営新宿線「曙橋」駅・東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅の2駅2路線利用可能であるアクセスの良さと、靖国通り沿いに面した視認性の高い立地が特徴です。周辺は大学や防衛庁があり、住宅の広がる落ち着いたエリアであることから、都心居住を志向し、利便性を求める単身者・DINKS、および会社経営を行っている個人事業主をターゲットとし、情報感度の高い居住者の様々なニーズに応えられるよう計画しています。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、在宅ワークが急速に進められる一方で、自宅の通信環境によっては、ウェブ会議にうまく接続できない等、満足に仕事ができないといった事態も想定されます。小田急不動産では、ウィズコロナおよびアフターコロナ時代の賃貸入居者に高品質な通信環境が必須設備であると判断。本サービスが高く評価され、今回の導入につながりました。

 本サービスでは、全戸の新規入居者様に手のひらサイズの最新Wi-Fiルーターを無料レンタル品として発送し、宅内へ立ち入っての設置工事は不要。入居者様がQRコードを読み込むだけの簡単セットアップで、Wi-Fi設備管理の手間削減と物件の資産価値の維持向上に貢献いたします。また、退去時もWi-Fiルーターの返却は不要で、故障時の対応を含めすべての作業を、つなぐネットコミュニケーションズが一貫して担当するため、インターネット関連の作業で管理会社様を煩わせることはありません。

●「UCOM光 レジデンス マンション全戸一括10Gタイプ」サービス概要
・回線速度:上り下り共に10Gbps高速通信 ※ベストエフォート
・配線タイプ:LAN配線タイプ
・専有部仕様:据置型Wi-Fiルーター(全室レンタル)
・サポート体制:電話サポート 年中無休 9:00~21:00

●「(仮称)新宿区片町計画」 物件概要
地名地番: 東京都新宿区片町2-5ほか
・用途:共同住宅
・階数/総戸数:13階/78戸
・間取り:1K(65戸)、1LDK(11戸)、2LDK(2戸)
・延床面積:2,994.16平方メートル
・建築面積:291.43平方メートル
敷地面積:403.81平方メートル
・建築主:小田急不動産株式会社
・竣工予定:2022年2月

●参考 報道発表資料
小田急不動産株式会社
・2019年11月11日 「新宿区片町の開発用地を取得」
https://odakyu-fudosan.co.jp/corporate/news/pdf/2019/news191111.pdf

・2020年10月8日 「小田急不動産の賃貸マンションブランド“リージア”シリーズ (仮称)新宿区片町計画 着工 在宅ワークに対応した高速インターネットサービスを導入」
https://www.odakyu-fudosan.co.jp/corporate/news/pdf/2020/news201008_02.pdf

<注釈>
(※1)マンションISP国内シェアNo.1について
株式会社MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2020年3月末)」による。
(※2)マンション全戸一括インターネット接続サービスについて
マンション全戸へインターネットを一括導入することで、高速・高品質な光回線を高いコストパフォーマンスでご提供するサービスです。マンション全戸一括型インターネット接続サービスで国内シェアNo.1(※1)の導入実績をもち、分譲マンションや賃貸の大型物件にも多くの実績があります。
建物までのアクセス回線に最大10Gbpsの専有型光回線を使用するインターネット接続サービスや、マンション宅内まで光ファイバーを引き込む「光配線」、「LAN」、既存のメタル線(電話用屋内配線)を利用した次世代型高速通信規格「G.fast」など多様なサービス・通信方式を取り揃え、マンションインターネットライフをサポートします。
(※3)掲載の完成予想CGについて
掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。
(※4)出典:総務省ホームページ「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2020年5月分)」
「我が国の固定系ブロードバンド契約者の総トラヒック」グラフを引用
総務省https://www.soumu.go.jp/main_content/000699741.pdf

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 会社概要>
代表取締役社長  大橋 一登
所在地      東京都千代田区大手町2-2-1大手町ビル
創業       2001年1月24日
URL       https://www.tsunagunet.com/
事業内容     マンション向けインターネット接続サービスを主軸に、ITを活用したマンション向けソリューションを提供

小田急不動産株式会社 会社概要>
取締役社長   金子 一郎
所在地     東京都渋谷区初台1丁目47番1号
創業      1964年12月16日
URL      https://www.odakyu-fudosan.co.jp/
事業内容    ・土地建物販売業 戸建住宅およびマンション等の建設・販売、住宅地等の開発・販売
        ・土地建物賃貸業 事務所用ビルおよびマンション等の賃貸・運営管理
        ・仲介斡旋業 不動産の売買・賃借等の仲介斡旋

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。( ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る