旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マウザー、新たにテキサス・インスツルメンツ 建設およびファクトリーオートメーション用、DP83TD510EイーサネットPHYの取り扱いを開始

2021年04月19日15時45分 / 提供:PR TIMES

最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと、新製品をいち早く市場に投入することに注力する、ネット販売商社のマウザー・エレクトロニクス(Mouser Electronics、本社:米国テキサス州マンスフィールド、以下:マウザー)はテキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments、本社:米国テキサス州ダラス、以下: TI)の認定グローバルディストリビュータです。
この度、マウザーでは新たにTI社製のDP83TD510EイーサネットPHYの取り扱いを開始します。このトランシーバはIEEE 802.3cg 10BASE-T1L仕様に準拠する2kmを超える長いケーブル・リーチを備え、高帯域幅通信用のプロトコルやゲートウェイ、ケーブルの追加が不要となり、設計者はケーブルコストやシステム重量を増やすことなく、産業用通信と自動化アプリケーションのリーチを延ばすことが可能になりました。

[画像: https://prtimes.jp/i/71719/34/resize/d71719-34-755239-0.jpg ]

DP83TD510EイーサネットPHYの詳細

TI社製DP83TD510EイーサネットPHYは、1対のツイストケーブルを通して10Mbpsのイーサネット信号を最長1.7kmまで伝送することができます。DP83TD510Eの延長ケーブル到達距離は、IEEE(米国電気電子学会)802.3cg 10BASE-T1Lシングル・ペア・イーサネット規格のケーブル長の要件である200mよりも1.5km延長されています。また、容易な設計とデバッグ工程を目的とした内蔵型ループバック機能と自己テストを搭載した集積ケーブル診断ツールが備わっています。

PHYは非常に低いノイズ結合レシーバ・アーキテクチャがあり、長いケーブル・リーチと非常に低い電力損失が可能になりました。この高性能デバイスでは、1V p2pモードで38mW未満という超低消費電力を可能にしました。DP83TD510Eには、固有の安全要件をサポートするための外部MDI端子があり、2000メートルを超えるケーブルリーチ拡張を必要とするアプリケーションを対象とした、RMIIバック-to-バックモードもサポートしています。

DP83TD510E イーサネット PHYに関する詳細は、下記URLををご覧ください。
https://www.mouser.com/new/texas-instruments/ti-dp83td510e-ethernet-phy/

マウザーは、TIの半導体ソリューションの新製品を最も幅広くに取り扱っています。4,500以上の開発キットを含め50,000を超えるTI製品を取り扱い、日々、新製品の取り扱いが開始しています。その他、マウザーで取り扱い中の最新のTI製品については、下記URLをご参照ください。
https://www.mouser.com/manufacturer/texas-instruments/

マウザー・エレクトロニクスについて

バークシャー・ハサウェイ社のグループ企業であるマウザー・エレクトロニクスは、提携する大手メーカーの新製品のいち早い販売に尽力する、半導体と電子部品の正規代理店です。世界中の電子設計技術者とバイヤーに向けて、当社のウェブサイト mouser.com は、多言語・多通貨に対応し、800社を超えるメーカーの1,100を超える取り扱い電子部品ブランドから500万点以上の製品を掲載しており、世界27カ所のサポート拠点には、現地の言語、通貨、時間帯で対応できる熟練したカスタマーサービスセンターを設置しています。また、米国テキサス州ダラスに、9万平方メートル(東京ドームの約2倍)におよぶ最新鋭の物流センターを整備し、223カ国63万人以上のお客様に向けて製品を発送しています。詳しくは、http://mouser.comをご覧ください。

商標
マウザーおよびMouser ElectronicsはMouser Electronics, Inc.の登録商標です。その他記載されているすべての製品名、ロゴおよび会社名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る