旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

代替肉のネクストミーツ、シンガポールでの展開を加速。焼肉ライクシンガポールとコラボで、世界初の焼肉用代替肉「NEXTカルビ、NEXTハラミ」の提供をスタート【NEXT MEATS】

2021年05月06日16時45分 / 提供:PR TIMES

日本、台湾に続きシンガポールの焼肉ライクでも提供開始。世界中で愛される「次世代の焼肉」を目指す。

ネクストミーツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々木英之)はDINING INNOVATION ASIA-PACIFIC PTE LTD(所在地:The Bencoolen, Singapore、代表取締役CEO:鎌田 鋭二)が運営する焼肉ライクシンガポールとコラボレーションし、2021年5月5日(水)よりPLQモール店で焼肉用代替肉「NEXTカルビ」「NEXTハラミ」の販売を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/62184/34/resize/d62184-34-193523-0.jpg ]

ネクストミーツの代表商品でもある、焼肉用代替肉「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」。昨年には焼肉チェーンの焼肉ライクとコラボをし、前代未聞の取り組みとして大変話題になりました。
日本では全店舗で販売され大変好評であったことから台湾の焼肉ライクでも3月にリリースされましたが、今回シンガポールの焼肉ライクでも販売することとなりました。シンガポール第一号店のPLQモール店にて、NEXTカルビとNEXTハラミの2種類の提供が開始しました。

両方を味わう事ができる「NEXT Karubi & NEXT Harami セット」は税込みS$15.80(約1,300円)での提供となります。通常のセットメニューに付くわかめスープにはヴィーガン食材では無い魚介出汁が含まれるので、「NEXT Karubi & NEXT Harami セット」では、代わりにNEXT焼肉を巻いて食べて貰える様にサンチュがセットになっています。

ネクストミーツのシンガポールでのリリースは4月上旬の和食チェーン「Aburi-En」とのコラボに続く第2弾となります。シンガポール国内初の日本の代替肉ブランドとして注目を集めており、フードテックの領域で世界中から注目を集めるシンガポールでの展開にさらに注力していきます。

概要

販売開始日:2021年5月5日(水)
販売店舗:PLQモール店(10 Paya Lebar Rd#B1-28 Paya Lebar Quarter 409057シンガポール)
商品名:
NEXT Karubi & NEXT Harami セット (100g) S$15.80(約1,300円)
NEXT Karubi 1.1 単品(50g), S$4.90(約402円)
NEXT Harami 1.1 単品(50g), S$5.90 (約485円)

※営業時間:月曜日から日曜日の午前11時から午後9時(ラストオーダー)
※予約不可ですが、入場券を配布しているので満席でも店舗で並ぶことはありません。
[画像2: https://prtimes.jp/i/62184/34/resize/d62184-34-887646-1.jpg ]

NEXT焼肉」シリーズとは

NEXT焼肉」シリーズは3年近くにも及ぶ100回以上の試作を経て誕生した、世界初の焼肉用フェイクミートで、「NEXTカルビ」「NEXTハラミ」の2種類があります。100%植物性かつ添加物を使用せず肉そっくりに作られているため、食感や風味を楽しみながら健康的なライフスタイルを送っていきたいという方にピッタリです。

一般的な焼肉と比べると脂質が半分以下で、タンパク質は約2倍(100gあたり推定で約32g)にもなるので、栄養価も非常に高い商品となっており、アスリートにも人気です。
NEXTカルビ」はしっかりとした歯ごたえのカルビ風に仕上げた香ばしい味に、「NEXTハラミ」は柔らかめの食感でジュワッと美味しい仕上がりになっています。

今回焼肉ライクシンガポールで提供する「NEXT焼肉」シリーズの漬けダレ、加えて専用の焼肉ダレには動物性の成分が全く使われておらず、100%植物性にしています。

SDGsフードテックベンチャー 「ネクストミーツ」について

「地球を終わらせない」を理念とし、代替肉によって少しでも過剰な畜産を減らすことで気候変動問題の解決に貢献すべく、事業を行なう。
2017年から共同創業者2名が研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化。2021年1月には米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場、現在は日本だけでなく台湾やベトナムなど海外10か国での展開に着手している。
世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼肉」シリーズ、100%植物性の牛丼「NEXT牛丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などをこれまでに発売。
「がっちりマンデー!!」などのテレビ番組やSNSで話題となり、環境問題への関心が高い若年層を中心に熱心なファンが急増。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表。今月には日本初となる代替肉のテレビCMを開始したことで話題にもなった。
新潟県のR&Dセンターには世界各国から各分野の博士が集まり、大豆に限らず幅広い代替タンパク質の研究開発に着手、2050年までに世界中で全ての肉を代替することをミッションとしている。
[画像3: https://prtimes.jp/i/62184/34/resize/d62184-34-336780-2.jpg ]

会社概要

ネクストミーツ株式会社(Next Meats Co., Ltd)
代表取締役:佐々木英之
所在地:東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
設立:2020年6月
事業内容:代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営
ホームページ:https://nextmeats.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCckDSZupzEhmcphT5hcy-Aw
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeatsjapan/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る