旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

空調設備業界大手の新日本空調の働き方改革 統合人事システム「COMPANY」の導入によりテレワークも推進

2020年11月10日15時15分 / 提供:PR TIMES

~人事領域のペーパーレス化による業務効率化を実現~

株式会社Works Human Intelligence(本社:東京都港区、代表取締役社長最高経営責任者:安斎富太郎、以下 ワークスHI)は、新日本空調株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏井博史、以下 新日本空調)にて統合人事システム「COMPANY」が稼働を開始したことをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/49399/34/resize/d49399-34-328448-0.png ]

導入の背景

新日本空調は、オフィス、店舗、病院、ホテル等の暮らしに身近な環境づくりから、クリーンルーム、恒温室、エネルギープラント等の産業空間の創造、地域冷暖房によるエネルギー供給まで、空調を核とした総合エンジニアリングを展開している、三井グループの会社です。同社では、SNK Vision 2030をスタートさせ、社員総意のワーク・ライフ・バランスの実現を掲げ、様々な分野で働き方改革に取り組んでいます。その一環として人事領域では、人事系全般のシステムを統一し、作業の効率化および Web化を図る目的で「COMPANY」の導入を決定、このたび「COMPANY 人事・給与」および「COMPANY Web Service」の稼働を迎えました。

導入のポイント

1.申請業務のペーパーレス化を実現

[画像2: https://prtimes.jp/i/49399/34/resize/d49399-34-621475-1.png ]

通勤費申請、入社時必要書類申請、異動申請等これまで紙で行っていた申請および承認をWeb上のワークフローを通じて行うことで、承認完了までの時間を短縮。また、従来複数の社内システムを用いて行っていた人事関連申請が「COMPANY」上に集約されたことでログイン画面が一つになり、従業員の利便性が向上しました。
申請画面ではナビゲーション機能を利用し、画面上に申請に関する案内を表示することでユーザーの入力ミスを抑制。人事部で紙の書類を元にした人事情報登録作業が不要になることや、申請間違いや不備に関する問い合わせを減らすことで業務効率化を実現いたしました。

2.帳票作成を効率化

[画像3: https://prtimes.jp/i/49399/34/resize/d49399-34-556906-2.png ]

「COMPANY」内に蓄積された人事情報を台帳、一覧表、集計表といった様々な形でアウトプットする帳票作成機能を標準機能で搭載。柔軟なレイアウト作成が可能なため、人事台帳や給与明細、在籍証明書等、項目を自由に配置して自社の用途に合わせた帳票を「COMPANY」から出力可能にしました。また、組織図、給与総括表、決算関連資料等の帳票作成においてはこれまで、人事システムから出力したデータを表計算ソフトを利用して加工する必要がありましたが、「COMPANY」では出力項目を柔軟に設定可能なため、データ加工に要する時間を5割削減することに成功しました。

3.他社ノウハウを利用し業務改善を行いながらのシステム導入を実施

[画像4: https://prtimes.jp/i/49399/34/resize/d49399-34-642917-3.png ]

新日本空調の「COMPANY」導入プロジェクトでは、他法人の事例を基にした推奨の業務フローを参考に、業務の棚卸しや整理を実施しながら導入を進めることで、プロジェクトを通じた業務改善や効率化を実現しました。
「COMPANY」は業種・業態を問わず、大手法人に必要とされる多種多様な業務要件を汎用化し、「標準機能」として提供しています。そのため、1,100法人グループ超の導入実績に基づく業務プロセスや業務ノウハウは、標準機能や標準導入手法として自法人でも活用が可能です。現行業務をシステム化するだけでなく、「COMPANY」の標準機能を羅針盤に非効率となっていた業務の見直しを図ることで、業務標準化や合理化を実現することができる仕組みとなっています。

その他、旧システムでは人事・給与それぞれのマスタメンテナンスや人事情報の給与計算への連携処理、それに伴うデータ加工を行っていましたが、「COMPANY」では計算に必要な人事情報が自動連携されるため、給与計算業務自体の効率化も実現しています。

新日本空調では今回の「COMPANY」導入の取組みにより、働き方改革および感染予防対策への取組みについて柔軟に対応することができ、テレワーク勤務の推奨・推進にも繋がっています。
今後は、引き続き「COMPANY」の利用範囲を拡大し、年末調整、人事考課等のWeb化による業務効率化や、「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を利用した勤怠管理の実施による、さらなる給与計算業務の効率化・労務管理の強化の実現を目指してまいります。

新日本空調株式会社からのコメント

本プロジェクトは「働き方改革」への取り組みをメインにスタートさせましたが、感染予防対策が必要になった環境の中で本稼働を迎え、ペーパーレス化やシステムの統一が図れたことは、更なる成果に繋がったと感じております。
現在は年末調整のペーパーレス化に取り組んでいるほか、今後は更にCOMPANYを活用できるよう、ワークスHI殿のサポートを受けながら取り組んでまいります。

ワークスHIは、これからも建設業界や大手法人の働き方改革の実現を支援し続けます。

新日本空調株式会社Webサイト https://www.snk.co.jp/
株式会社Works Human Intelligence Webサイト https://www.works-hi.co.jp/
* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る