旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

最新モデル低温調理器「BONIQ2.0」 2021年度のグッドデザイン賞を獲得

2021年10月22日17時45分 / 提供:PR TIMES

「BONIQ Pro(ボニークプロ)」に続き2年連続の受賞

「BONIQ Pro(ボニークプロ)」に続き2年連続の受賞
“一家に一台、低温調理を”をモットーに、累計出荷台数が13万台を超える低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を提供する株式会社葉山社中(本社:神奈川県三浦郡葉山町、代表取締役:羽田和広、以下葉山社中)は、2021年10月20日(水)に発表された公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2021年度のグッドデザイン賞において、最新モデルの低温調理器「BONIQ 2.0」が受賞したことをお知らせします。本件の受賞は、2020年度に受賞したプロモデル「BONIQ Pro(ボニーク プロ)」に続き2年連続であり、2度目の受賞です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21636/34/resize/d21636-34-dd95d7002fa42245eaab-0.png ]

低温調理器「BONIQ 2.0」は2020年12月より一般販売され、その後順調に販売台数を伸ばし2021年6月時点で累計2万台を突破した、BONIQシリーズの中でも最も人気の商品です。BONIQシリーズをプロデュースする葉山社中代表の羽田は、「BONIQ2.0」のデザインの特徴として3つを上げており、一つ目は「外装は樹脂ではあるが、金属っぽい質感を出すために微細なシワと磨き具合を調整」したこと、二つ目は「樹脂にした事で、以前からニーズがあったカラー「ホワイト」をラインナップに加えることができたこと」、そして三つ目は「外装をワンピース構造にする事でスッキリと洗練されたイメージになった」ことであり、受賞のポイントは「キッチンでデザイン的に調和出来ず浮いてしまわないように調和を意識した点が良い」と、まさに“一家に一台、低温調理を”を追求するBONIQのデザイン性が評価された結果と言えます。

低温調理が定着するコンテンツが充実。月間200万PVを超えるレシピサイトが人気

[画像2: https://prtimes.jp/i/21636/34/resize/d21636-34-01cecce33116b06b4ae8-1.jpg ]

葉山社中が運営する低温調理レシピサイト「BONIQレシピサイト」では、ユーザーからのリクエストを積極的に受けており、頂いたリクエストから開発されたレシピ数は40を超えました。現在レシピ・記事総数は830(10月22日現在)、9月の月間PV数も210万PVを超え、安定したPV数を誇ります。「通常のレシピだけではなく、有名シェフによる直伝レシピをBONIQで再現したり、BONIQを利用しているレストランをインタビューしたりと、飽きが来ないようなコンテンツも充実しています。低温調理の温度や時間などの疑問を検証する「比較実験」コンテンツは根強い人気で、サイトをじっくり見て勉強熱心なユーザーが増えてきたと実感しています。徐々にではありますが、キッチンの中に低温調理器が浸透してきたんだなと嬉しく思います」(葉山社中代表・羽田和広)

BONIQシリーズ最新作、低温調理器「BONIQ 2.0」サイト:
https://boniq.store/

低温調理レシピサイト「BONIQレシピサイト」:
https://boniq.jp/recipe/

BONIQシリーズ最新作「BONIQ 2.0」の製品仕様について

[画像3: https://prtimes.jp/i/21636/34/resize/d21636-34-00f45992030ff58cadb2-2.png ]

【小売価格】22,000円(税込)
【定格電力】100ボルト/50-60ヘルツ(1000ワット)
【設定時間】1分~99時間59分
【製品サイズ】高さ31センチ、幅5センチ、奥行き10センチ(ホルダー含む)
【箱サイズ】縦33センチ、横24センチ、高さ7センチ
【電源コード長】1.5メートル
【温度範囲】5度~95度(温度誤差:+/- 0.1℃ 冷却機能は有りません。
【湯煎容量】容量5リットル~15リットル
【製品重量】1キログラム
【wifi接続】2.4GHz(技適マークあり)
【製造国】中国
【使用地域】日本国内専用
【メーカー保証】1年(PSEマークあり)
【アプリ】iOS、android対応
【カラー】2色/ヘイズブラック、ミスティホワイト
【公式サイト】https://boniq.store/

株式会社葉山社中について

・会社名称 :株式会社 葉山社中 / Hayama-Colony inc.
・代表取締役 :羽田和広
・所在地 :神奈川県三浦郡葉山町一色1642番地
・設立 :平成28年6月21日
・資本金 :9,800,000円
・社員数 :10名(派遣・アルバイト含む)
・事業内容 :低温調理器「BONIQ(ボニーク)」の製造販売、自社ECサイトの運営
https://boniq.store/
月間210万PVを超えるBONIQレシピサイトの運営(2021年9月現在)
https://boniq.jp/recipe/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る