旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

AI解析によるSNSリアルタイム速報サービス「Spectee Pro(スペクティ プロ)」の提供を開始

2020年03月10日12時35分 / 提供:PR TIMES

情報の絞り込み項目を細分化し、企業のニーズによりマッチした危機管理情報の提供が可能に

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下、ソニービジネスソリューション)は、株式会社Spectee(本社:東京都新宿区、代表取締役:村上建治郎、以下、スペクティ社)が開発するSNSリアルタイム速報サービス「Spectee Pro(スペクティ プロ)」を、本日3月10日(火)から提供開始します。

プレスリリースページはこちら
https://www.sonybsc.com/press/2020/20200310.html

[画像: https://prtimes.jp/i/18136/34/resize/d18136-34-952965-0.png ]

「Spectee Pro」は、SNSに投稿された情報をAIが解析し、災害や危機管理情報を高い精度で自動収集する「Spectee」の機能強化版となります。
「Spectee Pro」では、絞り込み項目を細分化し、企業ごとのニーズによりマッチした危機管理情報を配信することが可能です。100以上の項目と、空港や駅、高速道路、ビル・商業施設といった対象とを掛け合わせて情報を絞り込むことができるほか、フリーワード検索や地図表示にも対応し、「どこで何が起きているか」をよりきめ細かく収集・確認できるようになりました。
さらに、画面のデザインも一新しました。新規投稿の文字情報と画像とを一覧表示するとともに、トピックのみをリスト表示する機能も追加しました。一目でより多くの情報を確認できるため、広範囲での災害発生時に全体の被害状況を素早く把握したい際などに便利です。

「Spectee」はこれまで、報道機関において事件や事故などの速報収集に活用されるほか、企業のリスク情報収集ツールとして活用されてきました。今回「Spectee Pro」の提供により、よりきめ細やかな情報収集が可能となったことから、鉄道、電力、通信、高速道路といった社会インフラ企業や、複数の事業所・工場・店舗を運営する企業、自治体の災害対策など、さまざまなリスクマネジメントに活用いただきたいと考えています。

■提供価格(すべて税別)
〇ベーシックプラン
・アカウント:PC版1アカウント、モバイル版1アカウント
・初期費用:300,000円
・月額費用:75,000円

〇スタンダードプラン
・アカウント:PC版3アカウント、モバイル版6アカウント
・初期費用:300,000円
・月額費用:200,000円

サービス詳細については、以下の製品情報をご覧ください。

■製品情報
https://www.sony.jp/professional/ai-newsroom/

■関連リンク
株式会社Spectee 会社情報  https://www.spectee.co.jp/
「Spectee」の提供開始について https://www.sonybsc.com/press/2018/20180926.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る