旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

HOUSE OF SEVEN2020

2020年02月04日14時25分 / 提供:PR TIMES

BRAHMANや海外バーバーも参戦!ストリートカルチャーを集約させた複合型イベント『HOUSE OF SEVEN』。

JACK DANIEL’Sをメインスポンサーに掲げる複合型カルチャーショー、『HOUSE OF SEVEN 2020』を1月13日横浜大桟橋ホールにて開催。
今年もMUSIC/BARBER/FASHION/ART/HOT RODをテーマに、ここでしか見られない様々なコンテンツを用意し、大盛況のままに幕を閉じました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-999955-19.jpg ]

老舗ウイスキーメーカーJACK DANIEL’Sが持つオールドアメリカの世界観と日本に浸透するストリートカルチャーを融合させる『HOUSE OF SEVEN2020』を1月13日横浜大桟橋ホールにて開催しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-373688-23.jpg ]

アジア予選を勝ち抜き、WBC決勝戦、最終審査発表を待つバーバー達。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-962553-18.jpg ]

世界中から招待された、選りすぐりのバーバーによるショーケース。

[画像4: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-683557-20.jpg ]

CrystalLakeの登場により開場のボルテージは最高潮に。

HOUSE OF SEVENは旧きよき時代のアメリカンカルチャーを軸に、MUSIC / ART / FASHION / HOT ROD / BARBERの五つのカテゴリーごとにコンテンツを設けた複合型カルチャーイベント。時代の流れやトレンドが目まぐるしく移りゆく現代だからこそ、様々な分野でヴィンテージプロダクツやいつの時代も変わらないトラディショナルなカルチャーが近年改めて見直されています。HOUSE OF SEVENはまさにそんなカルチャーの集合体となるイベントです。

ライブあり、物販あり、カットショーあり、ヴィンテージカー/モーターサイクルの展示あり……と、このカルチャーに興味があれば様々な角度から楽しめるエンターテインメント。今回もオールドアメリカンカルチャーをリスペクトする日本のアパレルブランドや写真家、アーティスト、ミュージシャンが参加しました。今回のライブステージのメインアクトを務めたのはロックバンド『ブラフマン』。さらに、世界各国からトップバーバーが参加するなど、各コンテンツごとにトップクラスの演出が用意され、2018年の第一回から場所を変更して横浜開催となった今回は来場者数3000人超、前回以上の大盛況となりました。
HOUSE OF SEVENは近い世界観を持つ異なるジャンルのコンテンツを一堂に集結させることで、現代のストリートに浸透する要素を結びつけ、新たなライフスタイルを発信していきます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-452261-21.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-177869-25.jpg ]

エントランスに続くウッドデッキはHOT RODやKUSTOM CARなど珠玉のヴィンテージカーを展示。オープン前から会場のエントランスには300人を超える長蛇の列が並びました。

[画像7: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-280661-30.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-557406-31.jpg ]

世界中より選りすぐりのバーバーが大集合。ゲストのトップバーバーたちによるカットショーが行われました。また、サブステージでは日本各地、台湾、韓国で予選を行いアジアNo.1バーバーを決める『WORLD BARBER CLASSIC』決勝戦も行われました。

出演バーバー:Julius Caesar / Fabio Marques / Chan / Queen Rockabilly /Harley / Mike Chau /Scott / Hideki Kakinouchi / Masahiro Kawakami / Tomoya Nishimori / etc…

[画像9: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-640883-29.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-844462-27.jpg ]

メインステージではバーバーのカットショーで時間を分け、5バンドによるライブパフォーマンスが行われました。メインアクトを務めるブラフマンは、新旧の楽曲を織り交ぜたステージを披露し、会場は熱気の渦に包み込まれました。

出演アーティスト:BRAHMAN/CrystalLake/NUMB/THE THROTTLE/ALI
[画像11: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-355051-9.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-473895-16.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-212355-26.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-739744-8.jpg ]

[画像15: https://prtimes.jp/i/12485/34/resize/d12485-34-467841-17.jpg ]

オールドアメリカンカルチャーにバックボーンを持つ、アパレルブランドやアーティストが出店したファッション/アートブース。東京インディアンズやCHALLENGERなど、ストリートから支持を得るブランドが多数出店し、HOUSE OF SEVEN限定のコラボアイテムなども用意されました。

ファッションブランド出店ブース:
MOONEYES / Tokyo Indians MC / PORKCHOP / Alpha Industries /FLY WHEELS / TROPHY CLOTHING / STAY GOLD / NO name! /HANGOUT / CAPTAINS HELM / BLACK FLYS / Majestic /ESTRELLA STANDARD GUAYABERA / BROTURES / CHALLENGER /THE H.W. DOG&CO. / RADIALL / Kustomstyle / O.C CREW /CLAYTY / BLUE VELVET’S / 靴磨屋T.A.N.S / BLUCO / BROKKER / ELECTRIC / JELADO /DOG STATE / GOLDEN RATIO MFG.CO. / SCRAPIN TOKYO / LAMFAZ / SPACE CITY VINTAGE

アート出展ブース▼
YOSHIKI SUZUKI / BANDANALYZE TOUR 2020 / Love ear art / Peanuts&Co. / Texta8000 / brokker /

【主催/問い合わせ先】
株式会社ファイヤーワークス TEL03-6455-0319
mail:info@houseofseven.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る