旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

若手社員の研修方法に関する人事担当者アンケート

2020年10月27日16時15分 / 提供:PR TIMES

オンライン化が進む中、研修自体を延期または中止する中小企業も

若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)は、「若手社員(20代/新卒含まず)の研修方法」に関するアンケート結果を発表します。回答者は220名(2020年8月14日-8月27日)となります。

アンケートの結果、「オンライン研修」と「eラーニングサービスの活用」を合わせると65.0%で、昨年の36.4%から30ポイント近く増加した一方で、「特定の外部研修サービス(対面)を活用」は昨年の半分以下でした。このことから、コロナ禍の今年、若手社員向け研修の実施方法は対面からオンラインへ大きくシフトしたと考えられます。

■昨年と比べると、オンライン研修とeラーニングが大幅増
若手社員の研修方法について、昨年のアンケート結果と比べると、今年は「オンライン研修」 29.5%(昨年10.9%)、「eラーニングサービスの活用」35.5%(昨年25.5%)、「特定の外部研修サービス(対面)を活用」15.9%(昨年32.3%)と、オンライン化が鮮明となりました。
また、「実施していない」という回答も20.9%(昨年12.7%)で、研修自体の取りやめも多くなっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/60461/33/resize/d60461-33-387216-0.png ]

■若手社員の研修方法に関して例年と変更した点(社員規模別)
企業規模別に、若手社員の研修方法に関して変更した点をみると、社員1001名以上の企業では約7割がオンラインを含んだ研修方法に切り替えている一方で、社員300名以下の企業については、オンライン化の割合が約3割と相対的に低く、研修を延期または中止した割合は約3割と相対的に高いことがわかります。

当社にも、「オンラインに切り替えようにも、パソコンやインターネット環境等のインフラが整っておらず苦労した」「オンライン研修のノウハウがなく、やむを得ず延期・中止にしてしまった」「オンラインやeラーニングでの教育効果に懐疑的なため、踏み切れていない」といった、オンライン化に悩む企業の声が届いています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60461/33/resize/d60461-33-246442-1.png ]

【調査概要】
調査名称 :「若手社員(20代/新卒含まず)の研修方法」に関するアンケート
対象   :上場および非上場企業の人事責任者・担当者
回答者数 :220名
調査期間 :2020年8月14日-8月27日
調査方法 :Webアンケート(HRプロ)

■会社概要
代表取締役:佐藤 剛志
設立   :1991年3月
資本金  :2億5282万円(2020年1月末現在)
本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F(東京本社・受付)
事業所  :新宿支店、池袋支店、横浜支店、仙台支店、名古屋支店、
大阪支店、梅田支店、広島支店、福岡支店、熊本オフィス、上海ジェイックマイツ
事業内容 :若手総合職就職・採用支援サービス「就職カレッジ(R)」
女性正社員就職・採用支援サービス「女子カレッジ(R)」
新卒学生の就職・採用支援サービス「新卒カレッジ(R)」
中退者の就職・採用支援サービス「セカンドカレッジ(R)」
30代の就職・採用支援サービス「30代カレッジ(R)」
特性マッチングサイト「FutureFinder(R)」
大学支援サービス
各種教育セミナー事業、原田メソッド教育研修事業、7つの習慣(R)教育研修事業  
リーダーカレッジ、エースカレッジ、社員教育教材の開発・販売事業
URL    :https://www.jaic-g.com/

【お問い合わせ先】
株式会社ジェイック  担当:田中
E-mail: info@jaic-g.com TEL 03-5282-7600  FAX 03-5282-7607

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る