旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

選ばれ続けて50年以上!中学生から一般まで広く使える『旺文社 標準国語辞典 第八版』『旺文社 標準漢和辞典 第七版』、12月7日刊行!

2020年12月07日17時15分 / 提供:PR TIMES

教育出版の株式会社旺文社東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、『旺文社 標準国語辞典 第八版』『旺文社 標準漢和辞典 第七版』を12月7日に刊行いたしました。
https://www.obunsha.co.jp/pr/hyojunjiten/

[画像1: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-836694-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-781410-1.jpg ]

2021年度から施行される中学校の学習指導要領改訂に合わせて、中学生~一般向けの『旺文社 標準国語辞典』『旺文社 標準漢和辞典』が9年ぶりの改訂となりました。

旺文社 標準国語辞典 第八版』について

1965年の初版発行から55年。『標準国語辞典』の第八版です。今回の改訂では約3,000語を増補し、約50,000語を収録。いみじ、をかし…などの古語から、クラスター、サステナブル、LGBT、STEMなどの新語までカバーしました。

新しい中学校の学習指導要領では、語彙指導の系統化や情報の扱い方が重視されます。
そこで、文章の正確な読解のカギとなる「機能語」を全面的に見直し、助詞の使い分けを説明する「仕組みの解明」や論理的・説明的文章作成の手引きとなる付録「類語表現コンシェルジュ」を新設しました。
「学年別漢字配当表」改定への対応としては、既存の大見出し漢字項目を修正し、新規に音訓の学習段階を示すマークを追加しています。

また、時代とともに移り変わる言葉の意味の変遷を解説したコラム「ことばの移り変わり」、作家や学者等様々な分野の書き手による別冊付録「あの人のこの言葉」を新規に追加しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-770043-4.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-269902-5.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-385673-6.png ]

【別冊「あの人のこの言葉」寄稿者一覧(掲載順・敬称略)】
朝井リョウ 井上荒野 江國香織
小川洋子 川上未映子 東山彰良
平野啓一郎 三浦しをん 新井紀子
上野千鶴子 梶田隆章 工藤勇一
齋藤孝 出口治明 西野博之
野依良治 福岡伸一 原晋
平井伯昌 松下浩二 大西卓哉
金井宣茂 油井亀美也 池上彰
角野栄子 河瀬直美 川柳つくし
斎藤美奈子 松岡佑子 水野良樹
松任谷由実

旺文社 標準漢和辞典 第七版』について

1968年の初版発行から52年。『標準漢和辞典』の第七版です。日常生活から漢文学習入門まで必要十分な親字約6,000と熟語約40,000語を収録しました。漢字検定の2~4級で重視される「同音・同訓異字」「対義語・類義語」「四字熟語」をくわしく解説。付録「漢詩の鑑賞」では中国の名詩に加え、日本人の漢詩を多数収録しました。

中学1年生の国語教科書には「故事成語」の単元があり、調べ学習の対象となることも多いことから、4コマ漫画でわかりやすく解説した「故事からでたことば」を新設しました。

また、歴史上の偉人や文豪も、その生き方や作品に漢文から大きな影響を受けています。
新設のコラム「日本人と漢文」では、菅原道真、清少納言、武田信玄、松尾芭蕉、西郷隆盛、太宰治など、様々な時代の人々と漢文のかかわりを示すエピソードを紹介しています。
2021年の大河ドラマの主人公、渋沢栄一も漢文にかかわりが深く、著書『論語と算盤』は現代の起業家や経営者にも読み継がれるベストセラーです。昔から日本人が生き方のお手本にしてきた『論語』の一節も解説付きで紹介しています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-784866-7.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-896163-8.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-459964-9.jpg ]

いつでもどこでも手軽に調べることができるよう、購入者特典として、同タイトルの辞典アプリ(iOS/Android)が無料でダウンロードいただけるサービスも予定しています。
※辞典アプリは2021年春リリース予定

また、学習・日常生活に使えることわざや慣用句を3,500項目収録した『旺文社 標準ことわざ慣用句辞典 新装新版』も12月7日に刊行いたします。

「標準辞典」シリーズ 書籍概要

[画像9: https://prtimes.jp/i/55026/33/resize/d55026-33-428733-3.png ]

旺文社 標準国語辞典 第八版』
https://www.obunsha.co.jp/product/detail/077733
・監修:森山 卓郎
・刊行日:2020年12月7日
・定価:2,970円(税込)
・体裁
本冊 : B6判 1,312ページ 2色刷
別冊 : B6判 32ページ 1色刷

旺文社 標準漢和辞典 第七版』
https://www.obunsha.co.jp/product/detail/077734
・監修:長尾 直茂
・刊行日:2020年12月7日
・定価:2,970円(税込)
・体裁:B6判 1,248ページ 2色刷

旺文社 標準ことわざ慣用句辞典 新装新版』
https://www.obunsha.co.jp/product/detail/077735
・監修:雨海 博洋
・刊行日:2020年12月7日
・定価:1,870円(税込)
・体裁:B6変型判 448ページ 2色刷

旺文社「標準国語・標準漢和辞典」特集ページ
https://www.obunsha.co.jp/pr/hyojunjiten/

【会社概要】
社名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 生駒 大壱
設立 : 1931年10月1日
本社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55
TEL : 03-3266-6400
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業
URL : https://www.obunsha.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る