旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カンタン操作のAI構築ツールに、AI開発を加速する機能を新搭載 ー ヒューマノーム研究所「Humanome CatData」に可視化結果を共有する機能を追加

2021年09月03日11時15分 / 提供:PR TIMES

初心者の方でもデータの可視化からAI構築まで実現できるノーコードツール「Humanome CatData」に複数のグラフをまとめて表示する機能を新たに搭載しました。無料プランでぜひお試し下さい!

株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「ヒューマノーム研究所」)は、表データを利用した可視化・解析・AI構築と言った一連の流れをマウスクリックのみで実現するノーコードツール(※1)『Humanome CatData』(ヒューマノーム・キャットデータ。以下「本製品」)に、複数の解析結果をまとめて画面表示できる「レポート機能」を新たに搭載しました。データ活用に不可欠な「複数人のメンバーで出力結果やAI精度を検討し、素早く次の開発方針を決定する」試行錯誤の繰り返しをサポートします。ぜひ一度お試しください。

▷▷▷ お試しはこちらから:https://humanome.jp/activities/catdata/

[画像1: https://prtimes.jp/i/42913/33/resize/d42913-33-f8b8ca11c278257fa717-7.png ]

■ 表データは、今抱えるさまざまな課題を解決します
表データを利用した分析とAIによる予測を組み合わせた技術は、技術や知識の継承サポート、生産性の改善、従業員や顧客満足度の向上など、経営課題の解決手段として広く活用されています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/42913/33/resize/d42913-33-d074879a4ac6527135c7-4.png ]

Humanome CatData は、Webブラウザで表形式データ(Excelデータなど)を分析・活用できるノーコードツールです。データを可視化(※2)することで傾向を分析する「BIツール(※3)」機能と、AIによる予測プログラムを自作できる「AIツール」機能を併せ持ち、データの業務利用で求められる用途をワンパッケージで実現します。小中学生でもすぐに理解できるわかりやすいシステムで、専門人材が不足しがちな中小企業・研究機関などでのデータ活用やDX(※4)検討をサポートします。

▷ 本製品のお試しはこちらから(商品ページ):https://humanome.jp/activities/catdata/
▷ 本製品の初心者向け解説教材:https://note.com/humanome/m/m0993fa06d911

■ 今回搭載される新機能について
[画像3: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=42913&t=animationGifImage&f=agd-42913-33-1.gif&img_id=1630401351943 ]

今回追加された「レポート機能」は、複数のグラフを1つの画面にまとめて表示し、専用URLを通じての結果共有を可能とする機能です。さまざまな切り口でグラフ化したデータを、マウスだけでサクっと一覧化し、すぐにチームへシェア。データ活用の過程で繰り返し行われる「複数人のメンバーで出力結果やAI精度を検討し、素早く次の開発方針を決定する」試行錯誤をサポートします。資料作成の労力を大きく低減することで、開発方針の判断機会を増やし、現場の声を的確に反映したデータ活用につなげます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/42913/33/resize/d42913-33-d60e1910536ce5c12f52-6.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/42913/33/resize/d42913-33-686b0714d244f4d88ba9-5.png ]

また、作成したレポートは、外部共有用URLを発行することで、本製品のアカウントを持たない方も閲覧が可能となりました。本製品利用時同様、グラフに表示されている個別データの詳細はマウスオーバーでで確認できます。
実際の共有画面は下記URLからご覧ください。

▷ 外部共有ページサンプル:https://catdata.ai/public/report/bbae2ccc932424ccaf2c66e90420904f

■ レポート機能詳細

本製品で作成した全てのグラフ(ヒストグラム、散布図など)はマウスだけで1つのレポートにまとめることができます。
作成したレポートの外部閲覧用ページをワンクリックで作成できます。
レポートの編集内容はリアルタイムで閲覧用のページに反映されるため、1度URLを共有すれば、結果の再送は必要ありません。
公開したレポートはいつでもワンクリックで非公開に戻せます。
外部閲覧用ページ内でも、個別データの数値はマウスオーバーで確認できます。

今回リリースしたレポート機能を含め、Humanome CatData は全ての操作がWebブラウザで完結し、ソフトウェアのインストールは必要ありません。在宅勤務中のディスカッション用資料としても便利にお使いいただけます。ぜひ一度お試しください。

▷ 本製品のお試しはこちらから(商品ページ):https://humanome.jp/activities/catdata/
▷ 本製品の初心者向け解説教材:https://note.com/humanome/m/m0993fa06d911

当社は、今後も当製品を通じて、事業の様々なシチュエーションにおけるAI活用を広げ、人々が健康で幸せに暮らせる社会づくりに取り組んでまいります。

■ 内容補足

※1 ノーコードツール:プログラミングをすることなく、アプリやモデルなどを開発できるツール。作成にあたり、プログラミング言語やハード構築などの知識は必要としない。
※2 可視化:集めたデータは想像通りのものなのか、前処理が終わったあとのデータに予期しない事態が起こっていないかなど、グラフや図にすることで確認すること。
※3 BIツール:ビジネス・インテリジェンス・ツールの略。収集したデータを分析・加工し、経営戦略のための意志決定をサポートするツールのこと。
※4 DX:デジタルトランスフォーメーション。データやデジタル技術を活用することで、組織・ビジネスモデル等を変革し、競争優位性を確立するための企業の取組。

■ サービス概要
[ サービス名 ]Humanome CatData
[ 動作推奨ブラウザ ]Google Chrome 最新版
[ 商品ページ ]https://humanome.jp/activities/catdata/

株式会社ヒューマノーム研究所 会社概要

[画像6: https://prtimes.jp/i/42913/33/resize/d42913-33-594d65a3649395df4c71-3.png ]

「人間とは何かー」 最先端人工知能(AI)技術の開発・活用と、健康のあり方を変えるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することにより、人間とそれを取り巻く環境を理解し、個々が自分らしく楽しく暮らせる健康社会を実現する研究所です。

会社名: ヒューマノーム研究所
所在地: 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階
代表者: 代表取締役社長 瀬々 潤
URL:https://humanome.jp/
事業内容: ヒトやヒトの理解に向けたAI・データ解析技術の研究開発、生体・環境計測によるDX推進に関するAI技術支援・共同開発、AI開発普及に向けたノーコード環境開発 等

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る