旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

SG Group「SPEAK LOW」 (上海)とコペンハーゲン発スピリッツ「EMPIRICAL」がコラボレーション・ポップアップバーを開設

2020年12月11日16時45分 / 提供:PR TIMES

国内外でカクテルバーを運営するSG Group(代表:後閑信吾)は、世界で注目を集める革新的スピリッツ「EMPIRICAL」とのコラボレーションとして、Speak Low(上海)にポップアップバーをオープンした。

「EMPIRICAL SPEAK LOW」と名付けられたこのポップアップバーは、同グループが上海で運営するカクテルバー「Speak Low」1Fのシークレットルーム内に開設。ラボをテーマにしたバーにはエバポレーター(減圧蒸留器)や遠心分離機などの理化学機器が備えられ、EMPIRICALをベースにSpeak Lowがさらなるクリエイションを加えた6種のオリジナルカクテルを楽しめる。

さらにEMPIRICALが開発した缶タイプのRTD2種も提供。2020年11月19日から約1年間の予定で営業する。
[画像1: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-521275-0.jpg ]

               「EMPIRICAL SPEAK LOW」でのカクテル提供

[画像2: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-854114-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-401888-5.jpg ]

                  上:内観 下:提供カクテル例

EMPIRICAL SPEAK LOW POP-UP BAR
場所:Speak Low(上海)
時間:20時-1時(月曜休)
期間:2020年11月19日~2021年10月30日  *期間は変更の場合があります

※EMPIRICAL
世界一のレストランの称号を持つ「noma」出身のラース・ウィリアム(Lars Williams)とマーク・エミール・ヘァマンセン(Mark Emil Hermansen)が、2017年にデンマーク・コペンハーゲンで立ち上げたクラフトスピリッツブランド。
「Flavor Company」を自認し、ジン、ウォッカなどの既存ジャンルにとらわれずに、これまで使われなかった世界の様々な材料を取り入れて発酵・蒸溜を行い、革新的なフレーバーを次々生み出している。一部のラインナップでは日本の麹も取り入れている。

https://www.empirical.co/

[画像4: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-224675-6.jpg ]

                 「EMPIRICAL」ラインナップ例
            左:AYUUK 中:The Plum, I Suppose 右:CAN01・02

後閑 信吾

[画像5: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-134528-7.jpg ]

SG Groupファウンダー。バー業界において今世界で最も注目されるバーテンダーの一人。
2006年に渡米し、NYの名店Angel’s Shareでヘッドバーテンダーを務める。Bacardi Legacy Cocktail Competition 2012に米国代表として出場し、世界大会優勝。
2014年SG Groupを創設し、上海にSpeak Lowをオープン。以後国内外で新しいコンセプトのバーを次々オープンさせ、それぞれが世界ランキングで上位に名を連ねている。
2017年にはバー業界のアカデミー賞と言われるTales of the Cocktailの「International Bartender of the Year」を受賞、ASIA’S 50 BEST BARS 2019にて「ALTOS BARTENDERS' BARTENDER」を受賞。
2020年英国誌が選出する「バー業界で最も影響力のある100人」に贈られるBAR WORLD 100 にてアジアトップとなる第8位を受賞。

SG Group
[画像6: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-568040-8.jpg ]

ファウンダー後閑信吾が率いるインターナショナルなバーカンパニー。鈴木敦(Chivas Masters 2017世界大会優勝)、新井和久(Jameson Bartender’s Ball 2016世界大会優勝)を始めとして、世界や国内のコンペティションで実績あるバーテンダーが多数活躍。バーの境界を拡げる新しいコンセプトのバーを国内外で開発・運営し、世界的な評価を獲得している。
2020年2月、バーで楽しめる新しいコンセプトの本格焼酎「The SG Shochu」を高橋酒造(熊本)、薩摩酒造(鹿児島)、三和酒類大分)の酒造3社と共同開発。「KOME」「IMO」「MUGI」の3ラインナップをリリースした。
[Web] https://sg-management.jp/ (SG Management Inc.)

[画像7: https://prtimes.jp/i/39025/33/resize/d39025-33-663742-9.jpg ]

Speak Low(上海)ASIA’S 50 BEST BARS 2020第19位/ THE WORLD’S 50 BEST BARS 2020第57位

Sober Company(上海) ASIA’S 50 BEST BARS 2020第12位 / THE WORLD’S 50 BEST BARS 2020

第42位 / Tales of the Cocktail 2020〈Best International Restaurant Bar〉

The SG Club(東京)ASIA’S 50 BEST BARS 2020第9位 / THE WORLD’S 50 BEST BARS 2020 第10位

The Odd Couple(上海)ASIA’S 50 BEST BARS 2020第38位

The Bellwood(東京)2020年6月グランドオープン

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る