旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Tokyo Creative代表取締役 中川智博が、WITHコロナ時代の観光を見据えた「ニューノーマルな観光人材育成プログラム」説明会に9/18(土)登壇

2021年09月03日13時15分 / 提供:PR TIMES

~地域が抱える喫緊の課題「観光におけるデジタル活用」についてトークセッションを開催~

 地域の観光戦略を日本人・外国人の両目線で立案・企画・実行するTokyo Creative(所在地:東京都江東区、代表取締役:中川智博・小野沢隆、https://www.tokyocreative.jp/ja/ )の代表取締役 中川智博は、大阪観光大学主催の元観光業従事者向け産学連携リカレント教育プロジェクト「ニューノーマルな観光人材育成プログラム」( http://tourism-lab.jp/2021/ )が開催する2021年9月18日(土)ウェビナー説明会にて、「観光におけるデジタル活用」をテーマに登壇します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/36173/33/resize/d36173-33-2e4d4f0f9c569a7b8f34-0.jpg ]

ウェビナー説明会 概要

名称 :ウェビナー説明会 Aコース 第4回「観光におけるデジタル活用」
主催 :大阪観光大学
日時 :2021年9月18日(土)16:00~17:30(開場15:55)*途中入退場可
会場 :オンライン(Zoom)
費用 :無料
申込URL:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_4DXRxtWgTMWsnCTDU4URgA
対象 :「ニューノーマルな観光人材育成プログラム」の受講を検討している方はもちろん、観光におけるデジタル活用に興味関心のある方など、どなたでも参加可能

プログラム

・「ニューノーマルな観光人材育成プログラム」と各コースの紹介
・講師紹介
・「観光におけるデジタル活用」についてトークセッション
・質疑応答
※本イベントにはZoomウェビナーを使用します。
※内容等は都合により変更となる場合があります。

登壇者:代表取締役 中川智博(なかがわ・ともひろ)プロフィール

[画像2: https://prtimes.jp/i/36173/33/resize/d36173-33-82021f9978248a73984f-1.jpg ]

1987年4月9日(34歳)、滋賀県出身
2011年同志社大学文化情報学部卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズ、電通アイソバー株式会社勤務を経て、2018年5月Tokyo Creative入社。2020 年10月30日レッドホースコーポレーショングループへTokyo Creativeが参画し、同社代表取締役に就任。
Youtubeなどを活用したデジタルマーケティングを得意とし、訪日外国人観光客を集客手法についての講演も全国で行い、インバウンドに関するノウハウの啓蒙活動も実施。これまで自治体、DMO、企業の海外デジタルマーケティングを100社以上支援しており、観光・デジタルマーケティングに関連する講演は、外務省、新潟市三重大学、川村女子大学、杏林大学等他多数で実績あり。観光庁「インバウンドの地方誘客促進のための専門家」として登録。その他にも観光庁「世界水準のDMO形成促進事業」における外部専門人材認定や、農林水産省が推進する「農泊地域課題解決の専門家」、東京観光財団運営「観光まちづくりアドバイザー」など精力的に活動。

「ニューノーマルな観光人材育成プログラム」概要

名称 :ニューノーマルな観光人材育成プログラム
主催 :大阪観光大学
受講料 :無料
定員 :各コース 30名限定(計60名)
サイト :https://tourism-lab.jp/
講師 :大学教授・観光企業・団体など総勢30名
コース :2コース
<Aコース>リゾート再生プロデュース人材育成コース(兵庫県神鍋や岐阜県鷲ヶ岳に宿泊)
2021年10月24日(日)より2回の合宿、その他オンライン講義など合計120時間
三密を避けられることから注目を集めている『アウトドアリゾート』に焦点を当て、観光における基礎知識、デジタル活用、アウトドアクッキング技能、ホスピタリティスキルを中心に学ぶ
<Bコース>ローカルツーリズムプロデューサー人材育成コース(和歌山県白浜仙台に宿泊)
2021年11月25日(木)より3回の合宿、そのほかオンライン講義など合計60時間
地方DMOの人材不足の現状から、地域観光を担う人材を目指すべく『アドベンチャーツーリズム』に焦点を当て、新たな観光資源開発やモビリティ活用、企業との連携などを中心に学ぶ

募集期間:2021年8月11日(水)~2021年10月4日(火)
応募資格:観光事業関連の企業に所属していた、失業者
     但し、観光事業関連企業に従事している転職希望者や、非正規雇用労働者なども含む
条件 :全科目を受講すること
申込方法:サイト( https://tourism-lab.jp/ ) より申込み
合否結果:書類選考後、10月中旬ごろ合否結果通知(予定)
注意 :提出書類に虚偽の記載があった場合、合格を取り消す場合があります
お問合せ:電話 072-453-8222 、サイト http://tourism-lab.jp/2021/apply/

会社概要

[画像3: https://prtimes.jp/i/36173/33/resize/d36173-33-0fd9a73513b8276f5cda-5.jpg ]

地方自治体やDMOの観光戦略を日本人・外国人の“両目線”で立案・企画・実行をするデジタルマーケティングの企業です。これまで100社を超える地方自治体や企業などのサポートで培ってきたノウハウと、自社で抱えている日本最大級である在日外国人インフルエンサーに紐づく約1,700万人の日本好き外国人コミュニティを活用し、成果につながる支援を可能にしています。
社名 :Tokyo Creative株式会社(トウキョウ・クリエイティブ)
設立 :2013年8月
代表者:代表取締役 中川智博・小野沢隆
所在地:東京都江東区豊洲 3-2-24 豊洲フォレシア9F レッドホースコーポレーション株式会社
資本金:9,000万円
URL :https://www.tokyocreative.jp/ja/
事業内容:訪日インバウンド集客事業、訪日インバウンド関連事業、タレントマネジメント事業
お問合せ:info@tokyocreative.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る