旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

株式会社T-ICUの代表取締役:中西智之が『Marine City Medical College & Hospital(MCMC)』の国際客員准教授に就任

2021年06月24日11時15分 / 提供:PR TIMES

Marine City Medical College & Hospitalと日本の国際協力を主導

遠隔ICUサポートサービスを展開する株式会社T-ICU(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長/医師:中西 智之、以下「当社」)の代表取締役:中西智之、取締役:ニック・バルアがそれぞれ、2021年6月よりMarine City Medical College & Hospital(MCMC)の国際客員准教授と国際顧問コーディネーターに就任しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-659695-2.png ]

Marine City Medical Collegeは、多様でグローバルな社会のニーズに応える質の高い教育を学生に提供するため、上記2名に加え、Chittagong Medical College前学長・前医学部長のSelim Mohammad Jhangir教授を国際コーディネーターに任命しています。Selim教授は、同大学の薬理学部長兼教授でもあり、薬理学分野において30年以上の教育経験を持った著名な教育者として、バングラデシュでは知られています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-596762-7.png ]

   (写真左からセリム教授、中西智之 代表取締役社長/医師、Nick Barua 取締役)

この3名はチームとして、今後、以下のプログラムによりMarine City Medical College & Hospitalと日本の国際協力を主導する予定です。

1. フェローシップ

2. 研究者の交流

3. ICU専門科の設置

4. 学術交流事業

5. トレーナープログラムのトレーニング

なお以下のリンクは「The Business Standard」による本プレスリリースに関する記事URLです。
あわせてご覧ください。

https://www.tbsnews.net/bangladesh/education/two-japanese-specialists-appointed-marine-city-medical-college-259003?fbclid=IwAR3Ta_mD-YVo2esnLkMbQNIsunONyQaND8fOkbySwWQ6DxENP8wzdjUJOR8

【就任に伴ってのコメント】
T-ICU代表取締役社長 / 医師 中西 智之

[画像3: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-977841-4.jpg ]

COVID-19で集中治療室(ICU)の重要性が注目されるようになりました。それは日本にとどまらず世界中に共通の事です。一方で、日本も海外もICUを専門とする医師は大きく不足しています。それを解決出来る手段の1つが遠隔ICUであり、私は2016年から取り組んできました。今回、Assistant Visiting Professor の役職をいただけたのは、2018年にバングラデシュを訪問し、日本と同様にICUの発展が必要だと感じ、地道にコミュニケーションを続けてきたことと、Selim先生のお力と思っております。バングラデシュにおける集中治療の発展に貢献できることを大変誇りに思います。

T-ICU社外取締役/ ニック・バルア

[画像4: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-952316-5.jpg ]

今回のT-ICUとMarine City Medical College & Hospital(MCMC)との協定は、日本の医学と医療サービスの扉をバングラデシュ、ならびに世界へ開くことになるでしょう。海外でも日本の医療の素晴らしさに気づくきっかけになるのではないでしょうか。代表の中西は集中治療の分野で20年以上の経験を持つ医師であり、Selim教授は薬理学の教育分野で30年以上のキャリアをお持ちです。我々がチームとして一体となることで、学生の将来とバングラデシュにおける医療の発展に大きな貢献ができると信じております。

Marine City Medical College国際コーディネーター/Professor Dr Selim Mohammad Jhangir

[画像5: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-756618-6.png ]

日本はバングラデシュが独立以来、常にバングラデシュの親友であり、バングラデシュの経済成長に貢献してくれました。Marine City Medical CollegeとT-ICUの契約により、バングラデシュの医学とICUセクターの新時代が始まることで、両国の関係が強化されると思います。

【Marine City Medical College & Hospital】
[画像6: https://prtimes.jp/i/33988/33/resize/d33988-33-223734-1.png ]

Marine City Medical College & Hospital(MCMC)は、バングラデシュの港町Chittagongにある民間の医療機関の一つ。2013年に、質の高い医学教育、研究、サービスを最適なコストで提供することを理想とする人々によって設立。Chittagong Medical Universityと連携、バングラデシュ人民共和国政府の保健家族福祉省から承認を受けている施設である。
URL: https://www.mcmchedu.com

株式会社T-ICU】
事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等
代表取締役社長/医師:中西 智之
所在地:〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2-5 IN東洋ビル605
URL: https://www.t-icu.co.jp/

代表経歴:
2001年 京都府立医科大学 医学部 卒業
2003年 熊本赤十字病院 心臓血管外科
2007年 横浜市立大学 麻酔科学教室 入局
2009年 武蔵野赤十字病院 救急救命センター
2013年 守口生野記念病院 救急科 部長
2019年 聖マリアンナ医科大学 非常勤講師(救急医学)
2019年 東京女子医科大学 非常勤講師
日本集中治療医学会専門医・日本救急医学会専門医・日本麻酔科学会専門医 等

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る