旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

[日本初!]Gladfield Malt社製モルトを使用したビール“Godzone Beat”。海の上の醸造所「NUMBER NINE BREWERY」本日よりリリース!

2021年04月18日12時45分 / 提供:PR TIMES

クラフトビール文化が根付くニュージーランド、Gladfield社モルトを使用、日本初輸入

株式会社HUGE(本社:東京都渋谷区神宮前)は、QUAYS pacific grill内の醸造所「NUMBER NINE BREWERY(ナンバーナイン・ブリュワリー)」にて、ニュージーランドGladfield Malt社のモルト3種を使用したクラフトビール、“Godzone Beat Pale Ale(ゴッドゾーン ビート ペールエール) 4.9%”を本日リリースいたします。

▶NUMBER NINE BREWERY(ナンバーナイン・ブリュワリー)とは?
2019年10月、横浜みなとみらいのレストラン「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)」内にオープンしたレストラン併設の醸造所。レストランが作る醸造所らしく、食事中に楽しんでいただける“ドリンカブル”なビールや、お酒の弱い方にも楽しんでいただける低アルコールビールをラインナップ。
ブリューマスターの齋藤健吾は、国内や海外の醸造所で製造の経験をもち、ニュージーランドでの醸造経験もある。
[画像1: https://prtimes.jp/i/28731/33/resize/d28731-33-603147-0.jpg ]

Godzone Beat Pale Ale(ゴッドゾーン ビート ペールエール) 4.9%

ニュージーランド Gladfield社のモルト3種とホップ・水のみで作られたペールエール。ホップは奥行きのある香りを表現したく、4種類使用し全てニュージーランド産にこだわりました。また、副原料を使用していない分、モルト(麦芽)の香ばしさとホップの香りをダイレクトに感じられます。
ニュージーランド、Gladfield Malt社のモルトを扱うのは、日本ではNUMBER NINE BREWERYが初めてです。 Gladfield Malt社はクオリティの高さはもちろん、クラフトマンシップへのパッション・チャレンジし続ける姿勢がブリュワー達から支持されているメーカーです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/28731/33/resize/d28731-33-548299-1.jpg ]

【商品概要】
商品名:Godzone Beat Pale Ale(ゴッドゾーン ビート ペールエール) 4.9%
アルコール度数:4.9%
発売店舗:QUAYS pacific grill
発売日:4月18日
価格:パイント ¥1,430 / ハーフパイント ¥715
[画像3: https://prtimes.jp/i/28731/33/resize/d28731-33-313391-2.jpg ]

ビールに合わせた豊富なメニュー

ニューアメリカンレストラン「QUAYS pacific grill」に併設されたブリュワリーの強みとして、移動距離ゼロでフレッシュな出来立てビールを楽しめます。
「QUAYS pacific grill」ではフライドチキンやハンバーガーなど、ビールに合うメニューが豊富です。
・オリジナル・骨付きフライドチキン ¥1,650
・Rバーガー  ¥1,430
[画像4: https://prtimes.jp/i/28731/33/resize/d28731-33-889023-4.jpg ]

<QUAYS pacific grill/NUMBER NINE BREWERY>
(キーズ パシフィック グリル/ナンバーナイン・ブリュワリー)
【住所】〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-14-1横浜ハンマーヘッド 1・2F
【営業時間】月-金 11:00-21:00/土・日・祝 8:00-21:00 ※緊急事態宣言解除後、営業時間延長
【電話番号】045-900-0310
【HP】http://www.quayspacificgrill.jp
【Instagram】@quays@acificgrill
※NUMBER NINE BREWERYはレストランQUAYS pacific grillに併設のブリュワリーです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る