旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

スパイスファクトリー、アマゾン ウェブ サービス(AWS) のPartner Network (APN)セレクトティアの認定を取得

2021年06月16日12時45分 / 提供:PR TIMES

APNコンサルティングパートナーのDXエージェンシーとして、今後より高度なAWS活用サービスに挑む

スパイスファクトリー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:高木 広之介)は、2021年6月、Amazon Web Services, Inc.が運営するアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)のパートナープログラム「AWSパートナーネットワーク」(以下APN)において、「APNコンサルティングパートナー・セレクトティア」に認定されました。

[画像: https://prtimes.jp/i/22779/33/resize/d22779-33-331221-0.png ]

■APNコンサルティングパートナー取得の背景
当社は、システム開発・運用、UIUX、アート、マーケティングなどあらゆる技術・メソッドを用いてクライアント企業 のデジタルトランスフォーメーションを包括的に支援しているDXエージェンシーです。

システム開発・運用に関しましては創業時より一貫して注力しており、2016年の創業以来、様々な分野、規模、形態のシステムに携わってまいりました。特に分野においては教育、医療福祉、人材、公共など多岐にわたります。

様々なプロジェクトに携わる中で、利便性が高い幅広いサービスを提供している点や信頼性などの点から、AWS を選択、活用する機会が多くありました。また、AWS の活用により高速でかつ品質の高い開発と運用のフローを構築や、柔軟にスケールするサービスの開発が可能になり、今後もお客さまへの更なる価値提供に繋がると考えています。

これらの状況を踏まえ、AWSを活用した高度なシステム開発・運用をより強化していくべく、この度 APN コンサルティングパートナー・セレクトティアを取得いたしました。

■APNコンサルティングパートナーとしての今後の展開

この度のAPNコンサルティングパートナー認定を機に、今後より一層 AWS の開発、運用体制の強化に注力してまいります。

具体的には、AWS の運用と開発をつなぐ DevOps の体制の強化に加え、より信頼性や安全性の高いサービスを提供し続けるためのノウハウの蓄積、高速かつ安価なシステムの開発に繋がるサーバーレスサービスの更なる活用、AI やビッグデータ分野への進出など、お客さまのニーズに柔軟に対応し、より高く多様な価値の提供に注力していきます。

また、弊社メンバーの AWS の経験と知識のレベルを引き続き高めていき、アドバンスドパートナーの取得に向けて継続的に取り組んでいく所存です。

これからもスパイスファクトリーは、"革新の触媒"として、デジタルトランスフォーメーションを通じて世の中の課題を 解決して参ります。

スパイスファクトリーについて
スパイスファクトリーは世界がより良い方向に向かうよう、変化を加速させる “触媒”(スパイス)としての役割を全うすることをミッションとしたDXエージェンシーです。最新テクノロジー、UIUX、アート、マーケティングなどの技術・メソッドを用いて、モノゴトを素早く、美しく、本質的に再定義し、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
https://spice-factory.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る