旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

次世代型オフィス『ToMaRigi』。入居者特典として、『Akerun入退室管理システム』を最大1年間無料で提供開始。

2021年04月05日11時15分 / 提供:PR TIMES

コストパフォーマンス×新しいオフィスのあり方。

“戦略的オフィス移転を浸透させ 企業をスケールさせる”をミッションに社会課題の解決に取り組む株式会社ベンチャープロパティ(代表取締役: 宇田川富大 / 東京都品川区)と、株式会社Photosynth(代表取締役社長: 河瀬 航大 / 東京都港区、以下フォトシンス)は、双方のサービス強化を目的とした連携を開始いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/47526/18/resize/d47526-18-950653-0.jpg ]

株式会社ベンチャープロパティが提供するスタートアップ、ベンチャー企業に向けた圧倒的なコストパフォーマンスな次世代型の賃貸オフィス『ToMaRigi』において、フォトシンスが提供する『Akerun入退室管理システム』を最大1年間無料で利用できる特典の提供を開始いたします。

これにより当社の賃貸オフィスで、スマホやICカードによるスマートな入退出ができるようになるだけでなく、入退室の履歴取得や曜日/時間帯などでの権限付与により、柔軟かつ正確な入退室管理を行う事が可能になります。

■提携に至る背景
以前はオフィスというハード面はデジタル化やスマート化の導入が非常に遅れている分野でした。しかしコロナ禍によってオフィスの考え方や需要の変化に伴いリモートワークやDXといった旧時代の技術との切り替えの時期に入ってきました。

その中でオフィス賃貸業を行っているベンチャープロパティはオフィスのあり方に改革が必要であると考えていたところAkerunを活用することで新時代に沿ったオフィスのあり方を提供できると思いたち当オフィスへの導入を決定しました。
今回の特典により、 最大1年間分のAkerunの利用料金が無料で利用できるようになります。

■クラウド型『Akerun入退室管理システム』(https://akerun.com/)

[画像2: https://prtimes.jp/i/47526/18/resize/d47526-18-625177-1.jpg ]

「Akerun入退室管理システム」は、既存のドアに後付けで導入できる法人向けクラウド型入退室管理システムです。オフィスや施設のドアに後付けで導入することでスマートフォンアプリやICカードを使って施錠・解錠できます。また、Web管理画面「Akerun Connect」や専用のスマートフォンアプリからユーザーの入退室履歴の確認、ユーザーへの鍵権限の付与・剥奪を行うことができるなど、クラウド上での柔軟な権限管理と正確な入退室履歴管理が可能になります。

また、API連携により外部の勤怠管理システムや会員管理・決済システム、顔認証システムと連携させることで、労務管理、キャッシュレス決済、生体認証によるセキュリティ強化が可能になります。

■次世代型賃貸オフィス『ToMaRigi』(https://www.ventureproperty.jp/tomarigi)

[画像3: https://prtimes.jp/i/47526/18/resize/d47526-18-491579-2.png ]

ToMaRigiはセットアップ済みで入居費用を抑えられ、退去費用の原状回復の必要がない特約を付けたオフィスです。さらに入居者に合わせて柔軟な契約条件にする事が可能です。

◆ToMaRigiの特徴
1.入居費用のかからないセットアップオフィス
2.退去時に退去費用のかからない契約条件
3.通常のオフィスに比べてトータルコストは6割ほど安価

株式会社ベンチャープロパティ 会社概要】
代表取締役:宇田川 富大
所在地:東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー9階
設立 2019年8月1日
コーポレートサイト: https://www.ventureproperty.jp/
事業内容:オフィス移転・退去、空室予防サービス、賃貸オフィス事業(ToMaRigi)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る