旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

SDGs未来都市の志摩市と協定を締結 マイボトル用給水機の設置・拡大で連携

2021年05月11日12時15分 / 提供:PR TIMES

東海地方で初 2050年までに温室効果ガス実質排出量ゼロを目指す志摩市と協働

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、志摩市(市長:橋爪 政吉)と「マイボトル等で利用できる給水機の設置に関する連携協定」を締結したことをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45090/18/resize/d45090-18-919201-0.jpg ]

■締結式概要
締結日:2021(令和3)年4月22日(木)
出席者:志摩市 橋爪 政吉 市長、ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

■出席者コメント
志摩市長 橋爪 政吉 様】
志摩市は2020年2月に「ゼロカーボンシティしま」を表明し、持続可能な社会を目指すSDGsの「気候変動への具体的な対策」と併せた環境への取り組みを進めております。今回の協定を機に、伊勢志摩国立公園内でのペットボトル等の使い捨てプラスチックの使用抑制を図り、市民の皆様や民間企業に対しても、マイボトルの積極的な利用を啓発していきたいと思います。

【ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均】
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回るという試算があるなど、いま地球を取り巻く環境は危機的な状況を迎えています。そんな中、海のめぐみ豊かな志摩市と協定を締結できることを大変嬉しく思います。当社は使い捨てプラスチックボトルの削減に取り組むことで、気候変動対策にも貢献していきます。今回の協定締結により、志摩市のゼロカーボンの取組みがますます加速することを期待しております。

■協定の概要
ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用やプラスチックごみの削減を目的として、市営公共施設6箇所に、計7台のマイボトル用給水機を設置します。マイボトルを持参すれば誰でも無料で給水できるため、マイボトルの活用を促進します。この取組みを市内民間施設へ広げることで、志摩市全域での使い捨てプラスチックボトル削減に繋げていきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/45090/18/resize/d45090-18-233869-1.jpg ]

■SDGs未来都市としての志摩市の取組み
2016年に開催されたG7伊勢志摩サミットは、気候変動に関する国際社会全体の取組とSDGsの達成を先導すべく参加首脳が話し合う初めてのサミットとなりました。その後、同市は2018年にSDGs未来都市に選定されました。2020年2月には、持続可能なまちづくりの一環として2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティしま」の実現を表明しています。
今回の協定締結は、近年深刻化する海洋プラスチックごみ問題の解決のみならず、志摩市の脱炭素に向けた取り組みを更に加速することを目的としたものです。

■当社が取組む「ボトルフリープロジェクト」
水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。
当社の「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水にアクセスでき、環境負荷も少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。これまでに10の地方公共団体と協定を締結しており、今回で11例目となります。
本活動への協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大していきます。

ボトルフリープロジェクトについて https://waterstand.co.jp/csr/bottlefree.html

■自治体との協定締結実績一覧

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/45090/table/18_1.jpg ]

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/45090/table/18_2.jpg ]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る