旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

京都伝統産業ミュージアム、企画展示室にて10月18日まで 写真展「 継ぐもの -In between crafts-」が開催中!

2020年08月25日12時45分 / 提供:PR TIMES

伝統工芸の「継承」を肌で感じ考える関連イベントを多数実施

京都伝統産業ミュージアムでは、2020年8月22日から10月18日まで、関西で初となる町田益宏による写真展「 継ぐもの-In between crafts-」を開催中です(本展はKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭と連携した公募型アートフェスティバル”KG+”の関連プログラムです)。
京都の文化と暮らしを彩ってきた伝統工芸を支える職人たちの知恵と技術は、その多くが「家族」によって受け継がれてきました。本展では町田が撮る6つの工房とそれぞれの「家族」の姿を通して、未来へと受け継がれる伝統を見つめます。約280平米の展示場には50点の写真作品を展示。また町田氏と職人を中心としたトークイベントや職人による実演・ワークショップなど京都の工芸の「継承」を肌で感じ考えて頂く関連イベントを実施します。貴媒体にて掲載や取材をご検討頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-685329-0.jpg ]

”多くの工房を取材してきた写真家の町田益宏が京都にある6つの工房に通い、その家族と工房風景を撮影。「これからも長く続くであろう時間の一点に立ち会い、そこにあるものをそのまま記録した」というその写真には、私たちが想像するよりもはるかに多様で、アンビバレントな工芸の「継ぐもの」が写されていた。
過去から未来へとものづくりを継承する「職住一体」の暮らし、家族のリアルは、コロナ禍以降の社会をも照らし出す。
京都伝統産業ミュージアムは、技術、哲学、センスなど、職人が持つ要素を未来に残すための場として、2020年3月に開館。本展は、企画展示室を使った写真展となる。” (本展より 編集・ライティング:竹内厚)

企画展概要

特別企画展
「継ぐもの -In between crafts- 」
開催期間
2020年8月22日(土)~10月18日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※8月25日・26日のみ休館
会 場
京都伝統産業ミュージアム 企画展示室
住 所
京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 京都市勧業館みやこめっせ地下1階
観覧料
500円(高校生以下無料)
主 催
京都伝統産業ミュージアム、京都市
後 援
京都新聞
協 力
KYOTO CRAFTS MAGAZINE

展示風景

[画像2: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-928330-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-715779-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-242568-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-502755-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-955887-4.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-216724-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-720141-9.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-414235-10.jpg ]

エントランスでは、本展に合わせ、撮影したそれぞれの工房の道具を展示しています。被写体となった実物を見ることができます。

写真集「In between crafts」

[画像10: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-840877-11.jpg ]

特別企画展「継ぐもの」に合わせ、作られた写真集。町田氏が撮影した写真を、デザイナーの仲村健太郎氏、編集を担当した竹内厚氏が丁寧に綴っています。展示される作品以外にも6つの工房それぞれの様子が映し出され、今を生き継ぐ鮮やかなものづくりの風景が映し出されています。会期中は会場(京都伝統産業ミュージアム)と京都市内の書店(京都岡崎 蔦屋書店ほか)、オンラインショップみやびでも販売。
販売価格:1,100円(税込)
|撮影:町田 益宏 |デザイン:仲村 健太郎 |編集:竹内 厚 |印刷・製本:株式会社ライブアートブックス
|企画・発行:京都伝統産業ミュージアム

関連イベント

【関連イベント1.|トークイベント(定員:30名・参加費無料)】
町田益宏氏(写真家)、竹内厚氏(ライター、編集者)と本展の撮影に協力頂いた山本晃久氏(山本合金製作所)、堤拓也氏(堤淺吉漆店)によるトークイベント。撮影での出来事や作品についての解説、今改めて考える「継ぐ」ことについて語り合う。
■開催日時 : 8月29日(土) 15:00-16:00(開場は30分前)
■開催場所 : 京都伝統産業ミュージアム マテリアル・ライブラリー
■申込方法 : https://inbetweencrafts02.peatix.com
上記URLよりお申し込みください。

【関連イベント2.|職人による実演】

[画像11: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-999658-12.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-887733-13.jpg ]

協力いただいた職人による実演を行います。職人とコミュニケーションをとりながら、受け継がれてきた職人技を直近で見ることができます。また、本展の写真のモチーフにもなっている道具を職人が実際に使っている様子を見ることができます。
■8月23日(土) : 山本合金製作所 |和鏡
■8月29日(土) : 小嶋商店 |京提灯
■9月12日(土) : 小嶋商店 |京提灯

【関連イベント3.|職人によるワークショップ】
●「和鏡づくりワークショップ」
写真や動画で和鏡づくりについて学んだあと、実際に小さい和鏡を削って・研いで・磨いて、鏡面に仕上げる工程を体験。完成した鏡は持ち帰ることができます。
[画像13: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-815176-14.jpg ]

■開催日時 : 9月13日(日) 14:00-15:30
■講 師 : 山本合金製作所
■参 加 費 : 1名 3,850円(税込)
■定 員: 8名
■申込方法:https://inbetweencrafts01.peatix.com

●「ちび丸作りワークショップ」
「京提灯」の技術を継承する小嶋商店による、手のひらサイズの提灯「ちび丸」作りを体験。好きな色の和紙を選んでオリジナルの提灯が作れます。
[画像14: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-893698-15.jpg ]

■開催日時 : 10月10日(土) 14:00-15:30
■講 師 : 小嶋商店
■参 加 費 : 1名 3,850円(税込)
■定 員 : 8名
■申込方法 :https://inbetweencrafts03.peatix.com

●「おりんの音色で作る癒しのサウンド作り」
写真や動画そして実際におりんに触れて音色を体感。佐波理製おりんについて学んだあと、iPadを使っておりんの音色と自然の音色(雨の音や鳥の鳴き声など)を組み合わせて自分だけの癒しのサウンド作りを体験。作ったサウンドはデータで持って帰っていつでも聞くことができます。
[画像15: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-208699-16.jpg ]

■開催日時 : 9月27日(日) 14:00-15:30
■講 師 : 南條工房
■参 加 費 : 1名 1,650円(税込)
■定 員 : 6名
■申込方法 :https://inbetweencrafts04.peatix.com

【関連イベント4.|ニュイ・ブランシュ KYOTO 2020】
ニュイ・ブランシュ KYOTO2020に合わせ、当館でもナイトミュージアムを開催します!
■開催日時 : 10月3日(土) 9:00-21:00
■入 場 : 無料 ※企画展「継ぐもの」を特別に観覧無料観覧に!
<イベント1.>
夜間開館(ナイトミュージアム)※この日だけの特別な演出も
<イベント2.>
山本合金製作所(和鏡)の山本氏による実演
<イベント3.>
南條工房(佐波理製鳴物神仏具)のおりんを使ったサウンドインスタレーションとサウンドパフォーマンス

写真

[画像16: https://prtimes.jp/i/54427/12/resize/d54427-12-274758-17.jpg ]

町田 益宏
群馬県生まれ。大学時代よりカメラに触れる。当時写真部の壁に掲げられた、「芸術は夜生まれる」という言葉を信じ、夜な夜な暗室に引きこもる。同時にオフロードバイクにて海外レースなどに参戦。写真の師である土井浩一郎氏に師事。独立後に京都に移住。最近は写真の刹那的で記録としての要素に強く惹かれる。
http://masuhiromachida.com

編集・ライティング

竹内 厚
1975年生まれ。雑誌、書籍、広報誌、ウェブマガジンの編集、執筆を手がける。「KYOTO CRAFTS MAGAZINE」の執筆、フリーペーパー『おうさきるさ』の編集を縁に、町田益宏氏と出会う。

グラフィックデザイン

仲村 健太郎
1990年福井県生まれ。京阪神の美術施設や文化施設の広報物や、出版社の書籍からオルタナティブな出版活動まで幅広いジャンルのブックデザインに取り組む。
http://www.nakamurakentaro.com/

撮影協力

小嶋商店(京提灯)
http://kojima-shouten.jp/
紫紘株式会社(西陣織)
https://www.facebook.com/shiko.kyoto/
堤淺吉漆店(漆精製)
https://www.kourin-urushi.com/
南條工房(おりん)
http://linne-orin.com/
牧神祭具店(神具指物)
山本合金製作所(和鏡)

会場情報

京都伝統産業ミュージアム 企画展示室
企画展示室は、京都伝統産業ミュージアムの一番奥に位置する約280平米の空間です。ここでは、伝統産業を時には学びとして、時には新たな発見の場として体感できる企画展を年に数回開催。
また、その他のエリアでは京都市の伝統産業が一堂に見られる「7 4 C R A F T S W A L L 」や、工程を学び、触れ体験できる「74CRAFTS EXHIBITION」を常設。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/54427/table/12_1.jpg ]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る