旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【2020年4月より提供開始】TOEIC(R) Program 団体特別受験制度(IPテスト)にオンライン方式を追加

2020年03月10日10時00分 / 提供:PR TIMES

~TOEIC(R) Listening & Reading Testは、1時間の受験が可能に~

日本でTOEIC(R) Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、2020年4月より、英語で聞く、読む、話す、書く能力を測定するTOEIC(R) Programのすべての団体特別受験制度(IPテスト)にオンラインでの実施の提供を開始いたします。昨今の働き方改革による団体内での研修やテスト実施方法が多様化し、さらにテレワークなどが推進される中、場所や時間を選ばずに実施できるオンラインでのIPテストを、TOEIC(R)Programを制作しているEducational Testing Service(ETS)が新たに開発いたしました。
また、TOEIC(R) L&R団体特別受験制度(以下、TOEIC L&R IPテスト)につきましては、これまでのマークシート方式のテストに加えて、オンラインでの1時間のテストを追加いたしました。オンライン化にあたりCAT(Computer adaptive test)*の仕組みを取り入れることで、テスト時間を2時間から1時間に短縮することが可能となりました。
個人で受験いただけるTOEIC(R) L&R公開テストにつきましては、従来どおり、マークシート方式のテストで実施をいたします。IIBCは今後もIPテストの利便性を追求してまいります。
*CAT・・・受験者の能力に合わせて出題するテスト問題を変化させていく、適応型のテストシステム。

TOEIC(R) ProgramのIPテスト受験方式について

IPテスト(オンライン)とは、企業・団体・学校などで任意に日時を設定し、インターネット上で受験いただける制度です。
今回開発されたテスト方式は、青字部分となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/51295/12/resize/d51295-12-504572-0.png ]

【団体ご担当者の皆様のお問合せ窓口】(土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
東京        Tel :03-5521-5901
名古屋事業所    Tel :052-220-0282
大阪事業所     Tel :06-6258-0222

TOEIC(R) L&R IPテスト マークシート方式とオンライン方式の問題形式

<IPテスト(マークシート方式)の問題形式~約2時間での実施~>

[画像2: https://prtimes.jp/i/51295/12/resize/d51295-12-886525-3.png ]

<IPテスト(オンライン)の問題形式~約1時間での実施~>
TOEIC L&R IPテスト(オンライン)では、最初のステージ(Unit One)で全受験者に25問の同じ問題のセットが出題され、次のステージ(Unit Two)では最初のステージでの正誤度合に応じて受験者ごとに異なる20問の問題セットが出題されます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/51295/12/resize/d51295-12-885284-2.png ]

※マークシート方式のPart7(Single passages, Multiple passages)とオンライン方式のリーディングセクションUnit TwoのReading Comprehensionは同じ内容です。

TOEIC(R) L&R IPテスト(オンライン)の概要

<受験料について>
◆IPテストの受験料は、マークシート方式・オンライン方式ともに4,230円(税込)です。

<受験について>
◆担当者は、テスト実施のお申し込みからテスト結果受領までをインターネット上で行うことができます。

<テスト結果について>
◆公開テスト、IPテストおよびIPテスト(オンライン)のテスト結果(スコア)の意味は同じです。ただし、IPテストは、当協会の管理下で実施・運営する公開テストと異なり、テスト実施の進行・管理を実施団体に委ねている点から、Official Score Certificate(公式認定証)は発行されません。

◆受験者は、TOEIC L&R IP(オンライン)の受験終了後、その場でパソコンの画面上に表示されるスコアを見ることができます。
また、紙のスコアレポートは発行されませんが、後日、オンライン上に結果がPDFファイル(下記)で表示されますので、必要な場合は、PDFをダウンロードし、印刷することが可能です。

◆担当者は、「TOEIC Listening & Reading IPテスト(オンライン)申込サイト」からCSVまたはTSV形式でテスト結果のデータファイルをダウンロードいただけます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/51295/12/resize/d51295-12-154262-1.png ]

IPテスト(マークシート方式とオンライン方式)、公開テストの違いはこちらからご確認いただけます。
https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/guide/toeic.html

TOEIC(R) Program
TOEIC(R) Listening & Reading Test、TOEIC(R) Speaking & Writing Tests、TOEIC Bridge(R) Listening & Reading Tests、TOEIC Bridge(R) Speaking & Writing Testsの総称。TOEIC(R) Programは、世界160カ国、14,000団体で実施されている。

[画像5: https://prtimes.jp/i/51295/12/resize/d51295-12-202526-4.png ]

ETS (Educational Testing Service)
ETSは、厳密な調査をもとに各種試験を制作することで、世界中の人々にとっての教育の質と公平・公正性を向上させることを基本理念に、1947年に非営利組織として設立されました。教育に関する調査・分析、また政策研究を実施することで、教員認定、英語学習、初等教育、中等教育、中等後教育向けにカスタマイズしたソリューションを個人、教育機関、官公庁や政府機関に提供しています。年間5,000万件以上のテスト開発、実施、採点を行っており、テストは世界180カ国以上で実施されています。代表的なテストは、TOEFL(R) Program、GRE(R) テスト、The Praxis Series(R) アセスメントなどがあります。
公式サイト:www.ets.org

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
(IIBC: The Institute for International Business Communication)
「人と企業の国際化の推進」を基本理念とし、1986年に設立。以来、「グローバルビジネスにおける円滑なコミュニケーションの促進」をミッションとし、国内外の関係機関と連携しながらTOEIC事業およびグローバル人材開発事業を展開している。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る