旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【LFNデジマラボ ニュースレターVol.1】コロナショックで日本市場の各業界が苦境に!Googleアナリティクスが“回復のカギ” ~ビジネスのオンラインへのシフトが急務~

2020年06月26日15時40分 / 提供:PR TIMES

~2020年よりマーケテイング担当者に向け、オンラインセミナーを定期開催を開始~

現在、新型コロナウイルスの影響が全世界のほぼすべての経済に影響を与えていると言っても過言ではありません。日本経済も例外でなく、急速に悪化しています。その影響は各業界のWEB広告への影響も大きく、今までのデジタルマーケティングのナレッジだけでは太刀打ちできない状況となっております。そこで、株式会社Lifunext(本社:東京都港区、代表:田村 一将、以下:Lifunext)では、各業界のビジネスが今だからこそやるべきデジタルマーケティングの対策を伝授します。

新型コロナウイルスによるデジタルマーケティングへの影響は甚大!
 Googleによると、米国では新型コロナウイルスによって全体の7%i上検索回数は減っており、広告をクリックした後でもサービスの申し込みや購入などへのアクションに対して、とても慎重になっていることがわかります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/48104/12/resize/d48104-12-321712-2.png ]

 健康・医療業界や動画配信サービスなど、この状況においても広告のパフォーマンスが改善している業界、今後のパフォーマンス改善が予想される不動産やリフォーム、教育などの業界はもちろんありますが、その反面、旅行や飲食、スポーツフィットネス、ライブエンターテイメントなどの業界は現時点ですでに大きな影響を受けています。飲食店においては、右の図からわかるように、来店コンバージョンが大きな下げ幅となっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/48104/12/resize/d48104-12-186795-1.png ]

この不況を打破するには「Google Analytics」の活用がカギ!求められるビジネスのオンライン化
 このような状況で、各ビジネスが今すぐにできる対策は「オンライン上でのビジネスのアピール」。オンラインビジネスを加速させていくことがこの不況を打破するための大きなカギとなっています。そこで重要となることが、ただ闇雲にオンライン上であらゆる手段を講じるだけでなく、きちんとサイトの訪問者に関する分析をすることです。

 そこで活用すべきなのが「Google Analytics」。サイトの訪問者数や訪問者がどこから来たか、使われたデバイスは何か、を始めとする訪問者のさまざまな分析が可能になります。これを活用して、何が効果があるのかを見極め、オンライン上での効果的なマーケティング方法を実行することが可能になります。

【コメント】Lifunext 代表 田村 一将
 Googleアナリティクスの活用は多岐に渡ります。ただ、日々お客様と対面させて頂いている中で、活用ができていない企業が大半です。また、必要な設定もしっかりとされていない企業も多数いるというのが現状となります。我々Lifunextでは、マーケティング活用に必要な設定代行からGoogleアナリティクスを活用したマーケティング支援までを一貫しておこなっております。しっかりとデータに向き合い、正しいマーケティング活動を支援したいと考えてます。

株式会社Lifunext 概要】
■会社名:株式会社Lifunext(ライフネクスト)
■所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布五丁目10番37号 Esq広尾 5階
■代表:田村 一将
■事業内容:1.デジタルマーケティングコンサルティング事業、2.メディア事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る