旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

OYOフェア2019「3D for Innovations~三次元化技術でつながる新たな革新」

2019年10月04日11時00分 / 提供:PR TIMES

10月10日・11日 東京秋葉原で開催!

2019年10月4日
応用地質株式会社
報 道 関 係 各 位

OYOフェア2019「3D for Innovations~三次元化技術でつながる新たな革新」
10月10・11日東京秋葉原で開催

応用地質株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:成田 賢)は、10月10日(木)・11日(金)の2日間、東京秋葉原にてOYOフェア2019を開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/47274/12/resize/d47274-12-778145-0.jpg ]

    

オープンイノベーションのための「三次元」
自然災害の激甚化・頻発化、インフラの老朽化、少子高齢化、資源・エネルギー問題など、私たちの社会は今、実に様々な課題を抱えています。地盤の三次元化技術は、これら課題の解決をめざし、シビルエンジニアリングの革新を支えるとともに、特定の業界やサービスの枠を越えて、オープンイノベーションの機会を創出します。

OYOフェアでは、これまでも、当社グループがリードする地盤の三次元化技術について、たびたび紹介して参りました。いま、BIM/CIMの世界的な潮流化や、国のi-Construction推進の中で、「三次元」の重要性がますますクローズアップされています。また、近年では、建設分野以外の異業種企業との、「三次元」を核とした新たなオープンイノベーションの機会も増えてきています。

持続的な開発目標SDGsに向けて
当社グループは、インフラ・メンテナンス、防災・減災、環境、資源・エネルギーという4つの社会的課題の解決を企業の事業領域としています。当社グループの事業目的そのものが国際的な共通目標であるSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)と軌を一にしておりますが、同時に、SDGsへの貢献のためには、社会課題に対するより直接的なソリューションを生み出すことが必要であり、そのためにも、当社グループ以外の企業・団体とのオープンイノベーションが不可欠であると考えています。
OYOフェア2019では、オープンイノベーションを全面的に取り込み、三次元化技術を核とした、社会課題起点でのわかりやすいサービスと価値を提供することで、SDGsへの貢献をめざす当社の今の取組みを紹介します。

詳しくは、下記ウェブサイトをご覧ください。入場無料、予約不要です。是非、お越し下さい。

OYO フェア2019 特設サイト:https://www.oyo.co.jp/exhibition-oyo-fair-2019/

【セミナー:A~Dは特別講演】
A. 地中埋設物位置情報提供サービスの取組み
B. トヨタのビッグデータとまちの見える化
C. 災害から身を守るために「都市」が為すべきこと
D. SDGsをビジネスに統合するには?

E. BIM/CIMの国際標準化とは?~bSIの現状と当社の取組み~
F. 三次元地下空間を「量る」~三次元探査が変える世界~
G. 三次元物理探査から見える地下三次元情報とその活用 
~地すべり・斜面BIM/CIMへ向けて~
H. OYOが目指すSociety5.0で実現する安心・安全な社会

【昨年のOYOフェアの様子】
                     
 
[画像2: https://prtimes.jp/i/47274/12/resize/d47274-12-840305-1.jpg ]

  

[画像3: https://prtimes.jp/i/47274/12/resize/d47274-12-527844-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/47274/12/resize/d47274-12-780489-3.jpg ]

以上

【本件に関するお問合せ先】
応用地質株式会社 経営企画本部 川地真人・橋本晋一
TEL:03-5577-4501
E-mail:prosight@oyonet.oyo.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る