旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

モイ、アバターで通話を楽しむ音声SNS「パルミン」をリリース

2020年06月04日10時00分 / 提供:PR TIMES

モイ株式会社(本社:東京都千代田区 代表:赤松 洋介)は、2Dイラストアバターで通話できる音声SNS「パルミン」をAndroidにて先行配信いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/43237/12/resize/d43237-12-402354-0.png ]

パルミンの特徴
◆ 1. アバターでオンライン上の友達とつながる
 パルミンは、2Dイラストアバターを用いて、気の合う仲間と気軽につながれる新しいトークアプリです。ユーザーは自分の好みに合わせてドレスアップしたアバターで友達の部屋へ遊びに行ったり、他ユーザーを自分の部屋に招待して交流を深めていきます。

◆ 2. 友達と最大3人で音声通話
 部屋に集まったユーザーは、文字(チャット)はもちろんのこと、最大3人までアバターを介して同時に音声通話が可能ですので、コミュニケーションの幅が広がります。

 誰かと話したい時は一覧ページでオンライン中のユーザーを探します。気になるユーザーの部屋をタップすれば、すぐにトークをすることができます。また、ハッシュタグを設定することで共通の趣味をもつユーザーと出会いやすくなります。

◆ 3. 300種類以上のパーツを自由に着せ替え
 自分のアバターは、服や髪型や顔の表情、アクセサリーなど300種類以上のパーツで自由に着飾ることができ、その日の気分に合わせていつでも着替えられます。パルミンでは、様々なテイストのパーツを無料で用意しており、ゆめかわ系の衣装にしたり、アニメキャラを再現したり、アバターを通して自分を表現できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/43237/12/resize/d43237-12-994860-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/43237/12/resize/d43237-12-434599-2.png ]

開発背景
 従来の見知らぬ人と通話をする暇つぶし系トークアプリは「誰かと話したい」という需要を叶える一方で、顔出しのプロフィールが暗黙的に求められるなど、気軽にコミュニケーションが取れる環境ではありませんでした。

 ライブ配信サービス「ツイキャス(*1) 」を開発・運営してきた同社は、この課題を解決する可能性をツイキャス
上に根付く「イラスト通話」文化に見出しました。同サービスで提供する「コラボ機能」は配信者と視聴者が通話できる機能で、多くのユーザーは自分の映像を動画で流すより、音声のみ(+イラストなどの画像)で参加しており「イラスト通話」文化が根付いています。

 キャラクターのイラストを使うことで普段と違う自分になりきることもでき、顔出しをせず気軽におしゃべりを楽しめる「イラスト通話」の文化は日本人の嗜好にもマッチしていると言えます。

 私たちは、この文化が日本の音声SNS市場の主流になっていくと考え、その可能性を追求するため、アバターを用いたイラスト通話アプリ「パルミン」を展開するに至りました。

■ 今後の展開
 パルミンのコミュニケーション・システムを広く浸透させ、アバター機能を拡張することで、オンライン上で、友達と出会い、会話を楽しめる場所を創造したいと考えています。
パルミンの今後の主だった施策は以下を予定しています。
・海外へのサービス展開
・アニメ系コンテンツとのコラボ
・ユーザーによるアバターのパーツ投稿・配布機能

パルミン概要

アプリ名:パルミン
公式HP:https://palmin.app
利用料金:無料
アプリダウンロード:https://play.google.com/store/apps/details?id=app.palmin
対応端末:Android7.0以上の端末で利用可能

*1 ツイキャス
ツイキャスは、 同社が運営する登録ユーザー数2800万人を超えるライブ配信サービスです。スマホやPCを使って、誰でも手軽に無料でライブ配信を行うことができます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る