旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

美味しくフードロスを削減するスムージー『PONO』から冬の新商品、ホットスムージーが登場!

2020年12月16日15時15分 / 提供:PR TIMES

野菜と果物の旨味を楽しむ新感覚ホットドリンク!冬のステイホームに彩を届けます。

特殊冷凍(TM)事業を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:木下昌之)は、当社が製造・販売するスムージー『PONO』の冬の新商品として、レンジで温めるホットスムージー『ほっとPONO mahana』を本日12月16日に発売いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/42920/12/resize/d42920-12-626073-0.jpg ]

『PONO』は、規格外やキズなどの理由でこれまで廃棄されていたフードロスの食材(野菜・果物)を使用したスムージーパックです。採れたての状態で特殊冷凍™することで、素材本来の味や栄養価を維持。保存料や砂糖は使用しない完全無添加で、生産者のこだわりも丸ごととじ込めました。

デイブレイクでは、「寒い冬にもスムージーを楽しみたい」という声をお客様からいただいたことから、温かいスムージーを商品化。野菜と果物の旨味を味わう新感覚ホットドリンクで、未体験の美味しさをお届けします。体を温めながら野菜と果物の豊富な栄養を摂取でき、健康増進にも貢献。コロナ禍で在宅時間が増える中、冬のステイホームを彩るアイテムとしてもご活用いただきたいと考えています。

『ほっとPONO mahana』は、Green(葉物野菜、梨、タマネギ)Purple、(紫人参、柑橘、しょうが、柑橘の皮)、White(ホワイトコーン)の3色で展開。作り方は、お好みの水分(水、牛乳、豆乳など)とパックの材料をブレンダーにかけ、レンジで温めれば完成です。動物性の出汁は一切使用しない、体にも環境にもやさしいホットスムージー。心と体にしみわたる至福の一杯を、ぜひご賞味ください。

●『ほっとPONO mahana』商品概要
・PONOブランド概要
生産者が真心を込めて育てたのにも関わらず、規格外やキズなどの理由で捨てられてしまう果物や野菜を使ったスムージーです。特殊冷凍™で旬の味や栄養を保ち、完全無添加で素材本来の味を凝縮。生産者のこだわりもまるごとお届けします。

・商品名:ほっとPONO mahana
『PONO』から登場した冬の新商品。コンソメや動物性の出汁は不使用の、野菜・果物のお出汁や旨味だけを楽しむ新感覚ホットスムージーです。

・商品展開:
1.Green mix:葉物(熊本県産他)、和梨(福島県産)、サラダたまねぎ(熊本県産
2.Purple mix:紫人参(北海道産)、柑橘(熊本県産)、しょうが(国産)、柑橘の皮(熊本県産
3.White :ホワイトコーン(北海道産
[画像2: https://prtimes.jp/i/42920/12/resize/d42920-12-156961-1.jpg ]

・価格:
6パックセット(1.~3.各100g×2パック計6パック)3,300円/税込
3パックセット(1.~3.各100g×1パック計3パック)1,700円/税込

・販売先:
『HenoHeno』公式オンラインストア https://henoheno.jp/
6パックセット https://henoheno.jp/collections/smoothielineup/products/0201013
3パックセット https://henoheno.jp/collections/smoothielineup/products/0201014
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B08QRR54FC
※Amazonは6パックセットのみ

●『HenoHeno』についつて
「美味しくフードロス削減」をコンセプトに、規格外やキズなどの理由で廃棄されていた果物を、特殊冷凍™で 新食感のフローズンフルーツに生まれ変わらせるプロダクトです。フレッシュな甘味・風味を保ち、素材本来の味を凝縮。砂糖や保存料は一切使用しない完全無添加で、からだにも環境にもやさしいフローズンフルーツです。2020年3月にはスムージー「PONO」を発売し、野菜のロス削減に着手。2020年春には長野県豊丘村に特殊冷凍™のシェアリングファクトリーを開設するなど、フードロス削減および生産者支援を推進しています。

●デイブレイク株式会社について
「特殊冷凍™テクノロジーでフードロスを解決する」をミッションとして掲げ、特殊冷凍™事業に特化した国内唯一の専門会社として2013年創業。食品業者への特殊冷凍テクノロジー導入支援事業や、冷凍した食品を消費者に届ける食品流通事業を展開。2018年秋には、自社の特殊冷凍テクロノジーを踏襲したフードロスを減らすフローズンフルーツ事業を開始し、翌年3月に初の自社製品「HenoHeno」を商品化しました。デイブレイクは、これらも特殊冷凍™のパイオニアとして、フードロスの削減をはじめとする食品流通のあらゆる課題を解決する事業を展開・推進してまいります。(https://www.d-break.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る