旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ウールの専門ブランド『Woolly/ウーリー』が、『走るためのウール靴下』を研究開発。実現の為クラウドファンディングで支援を募る。

2020年05月08日09時35分 / 提供:PR TIMES

ずっと快適!地面をつかむグリップ力と丈夫さを兼ね備えた、走るためのウール靴下。

天然のエアコンと呼ばれる快適なウール素材に、更に機能を加えた本格ランニンングソックス

[画像1: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-824079-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-671959-1.jpg ]

オールシーズン快適な天然の機能素材「メリノウール」をベースに、激しい動きにも耐えるグリップ力、摩擦耐久性を兼ね備えた靴下の開発を行った。本格販売に向けた資材調達の為、キャンプファイヤー(クラウドファンディング)で支援を募る。
【CAMPFIRE ページリンク】
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

なぜウールなのか?

[画像3: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-188855-2.jpg ]

羊からとれるウールは、厳しい環境を生き抜くため、多くの機能を有します。空気をたっぷり含んだ繊維は夏は涼しさを保ち、冬は高い断熱機能を発揮します。他にも、軽量、抗菌性、抗臭性、静電気防止など、最先端の化繊スポーツソックスよりも多くの面で優れた機能を持っています。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

足裏の『滑止め糸』

[画像4: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-273713-3.jpg ]

靴下全体の基礎構造に、高品質メリノウールを使い、足の裏側と内側パイル部分には最新技術で開発されたグリップ力の高い『滑止め糸』を採用し、二重構造で編み立てています。一般的な滑止めプリントとは異なり、点ではなく面で体重を支えてくれます。

【滑止め糸の主な特徴】
▶︎ シューズ内での足の滑りを抑える
どんなに良いシューズを履いていても、靴の中で足が動いてしまっては台無しです。『滑止め糸』は一般的な糸よりも摩擦力がある為、靴の中での足の滑りを大幅に軽減してくれます。

▶︎ 強度も兼ね備えた『滑止め糸』がウールの弱みをカバー
ウールの機能はとても素晴らしいのですが、一点だけ磨耗しやすいというデメリットがあります。耐久性も兼ね備えた『滑止め糸』は、かかと、母趾球周辺の強度を大幅に上げてくれます。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

土踏まずのアーチをサポート

[画像5: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-391036-4.jpg ]

長距離ランナーの最も重要な要素、土踏まずの引き上げ。編み地を切り替え、変化させることでしっかりサポートする機能を持たせました。
※アーチサポートは、足本来のクッション機能である土踏まず部分に適度な締め付けを与えることで土踏まずが落ち込まないように支えて疲労の蓄積を防ぐ機能です。また、着地時の衝撃も吸収してスムーズな蹴りだしをサポートします。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

足裏のクッションと滑り防止

[画像6: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-976252-5.jpg ]

足裏の肌に当たる部分、かかと~つま先まではクッション性の良いパイル(タオル状)構造としました。母趾球までは滑止め糸、つま先キャップ部分は、ウールをブレンドすることで強度的にも快適性も◎。クッション性を確保しつつ、滑り防止機能も期待できます。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

ウールは軽い素材

[画像7: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-510495-6.jpg ]

S:約38g M:約40g
一般的なアンクル丈のランニングソックスはMサイズ45g~50gとなる為、軽量な部類に入ります。ウールは綿よりも軽い素材です。長距離ランナーにとって、この数グラムが披露軽減につながります。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

安心の【日本製】

[画像8: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-174347-7.jpg ]

【メイドインジャパン】走るためのウール靴下は全て奈良県にある提携工場にて編み立てています。使用している『滑止め糸』は編立て機械の中でも滑りにくいので、特に調整が難しい素材になります。また、二重に編み立てていく構造もとても複雑な為、熟練した職人によって細かくメンテナンスされた機械のみで生産が可能です。

サイズはS、M 2種類

[画像9: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-878333-8.jpg ]

※ 複数購入の場合でも、異なるサイズのご指定が可能です。10足まとめ買いの場合は、サイズ内訳を備考欄にご希望をご記入ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

ホールドの良いミドル丈

[画像10: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-203357-9.jpg ]

アンクルソックスよりほんの少し長めの、少しシューズから出る丈に設定しました。口の裏側にはナイロン糸を入れ、ゴロゴロしないすっきりとしたシルエットにしています。

こだわり素材とカラー

[画像11: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-302984-10.jpg ]

深みのあるチャコールグレーは、ワタの状態で染めたメリノウールを混ぜて調色しています。落ち着いた色味の中に存在感があり、着用するだけでコーディネートに奥行きをつけてくれます。足裏の滑止め糸などは、ウールの色に合わせることで主張しすぎないデザインにまとめています。
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

お手入れ

[画像12: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-205012-11.jpg ]

ウールと聞くと、洗濯が大変!と思われる方も多いと思いますが、『走るための靴下』はウォッシャブルウールを使用している為、洗うことができます。手洗い推奨ですが、ネットに入れて洗濯することもできます。

予定販売価格

販売予定価格は一足2,890円を予定しているが、クラウドファンディングの目的は資材調達の為、【早割】で一足1,950円~のスペシャルオファーも準備している。
【CAMPFIRE ページリンク】
https://camp-fire.jp/projects/view/270439

【Woolly/ウーリーについて】
[画像13: https://prtimes.jp/i/42295/12/resize/d42295-12-922952-12.jpg ]

https://woolly.co.jp/
『Woolly』は家族や仲間と健やかに過ごすことで生まれる、心のつながりを大切にしています。
ウールを中心とした製品で体をケアをすることで、毎日の生活からストレスを減らし、楽しい時間を過ごす。そんな想いからできたヘルスケアブランドです。

Instagram: https://www.instagram.com/woolly.official/
facebook: https://www.facebook.com/Woolly-331864923953319/

株式会社ウーリー
代表者:代表取締役 山本友弘
設立:2018年2月
資本金:500万円
事業内容: 健康衣料、生活雑貨の販売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る