旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

IT&BASIC、「韓中科学技術革新企業家フォーラム」にて開催された「優勝スタートアップ企業ピッチング大会」で優勝!

2019年05月07日13時40分 / 提供:PR TIMES

4月17日、韓国のソウル市サンアムの中小企業DMCタワーで開催された「韓中科学技術革新企業家フォーラム」の「韓国優勝スタートアップ企業ピッチング大会」にて、IT&BASIC(代表取締役:ミン・キョンウク)が優勝しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/35409/12/resize/d35409-12-549561-0.jpg ]

「韓中科学技術革新企業家フォーラム」は韓国の科学技術情報通信部の傘下にある「韓国革新センター中国(KIC中国)」が主催し、「B2Gセンター」と「仁川創造経済革新センター」が主管するイベントで、韓国の科学技術市場やトレンド調査を通じて国際交流の場を作り、韓国の有望IT企業を紹介して、両国のネットワークプラットフォームを構築することを目的としています。

中国からは、中国共産主義青年団(共青団)傘下の中国国債青年交流センター及び、中国のシリコンバレーと呼ばれる中関村創業ストリートの関係者を含む、80ヶ所以上のスタートアップ関連機関から役員が参加して、韓国企業への関心を示しました。

当日の午後1時から3時まで行われた「韓国優秀スタートアップ企業ピッチング大会」では、韓国の有望ITスタートアップ企業が9社参加して、自社の製品やサービスを紹介するプレゼン大会を行い、中国市場での可能性や準備事項などについて、中国の専門家たちから意見を聴取しました。また、授賞式では、IT&BASICが1位で優勝し、副賞で中国現地のオフィス提供、現地のパートナー発掘、投資への連携などが与えられる予定です。

IT&BASICは韓国実績No.1のライブQ&Aサービス「SYMFLOW」を開発、提供しているスタートアップ企業で、2017年には日本法人であるIT&BASIC Japan株式会社を設立するなど、積極的にグローバル進出を進めています。ミン代表取締役は授賞式で、「受賞するとは思わなかったが、中国の審査委員たちから良い評価を頂いたのでもっと大きな意味があると思う。SYMFLOWのデータ運用やB2B拡張戦略などが中国で競争力を持っているというコメントが印象的だった。現在進めている日本ビジネスだけではなく、中国への進出も具体的にプランを立てて、近日中には事業展開ができるように準備していきたい」とコメントを残しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/35409/12/resize/d35409-12-130625-1.jpg ]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る