旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

もっと観客の近くに。ゲンロン開発協力の新しい放送プラットフォーム「シラス」ついに正式オープン!

2020年10月16日16時36分 / 提供:PR TIMES

 株式会社ゲンロン(本社:東京都品川区、代表:上田洋子)は、新しい放送プラットフォーム「シラス」(https://shirasu.io/)が、2020年10月19日(月)に正式オープンすることをお知らせします。

 シラスは、株式会社ゲンロンの協力のもと、合同会社シラス(本社:東京都品川区、代表:東浩紀)が開発した放送プラットフォームです。合同会社シラスは株式会社ゲンロンのグループ企業です。株式会社ゲンロンは同日、シラス上で、ゲンロンカフェのイベントをすべて生放送する(※1)「ゲンロン完全中継チャンネル」を開設いたします。

 シラスは、ゲンロン完全中継チャンネルに加えて、11月には評論家の辻田真佐憲氏、ライターのさやわか氏、画家の弓指寛治氏の個人チャンネルの開設を予定しています。その後も順次チャンネルを追加していく予定です。観客と配信者がともに育つ新たな放送プラットフォームに、どうぞご期待ください。

 シラスは観客と配信者をつなぐ、新たな放送プラットフォームです。従来の放送サービスとは異なり、すべてのコンテンツが原則有料で提供され、購読料金を通して配信者を支援する仕組みが特徴です。ユーザーが煩わしい広告動画やバナーを目にすることはありませんし、配信者もユーザーの購読料によって継続的な運営が可能になります。

 月額の利用料金はチャンネルごとにそれぞれ設定され、お支払いいただくことで、そのチャンネルの生放送やアーカイブ動画が見放題になります(※2)。一部の番組については、番組ごとの単独購入にも対応しています。

[画像: https://prtimes.jp/i/34496/12/resize/d34496-12-619420-0.png ]

 シラスには、観客と配信者との継続的なコミュニケーションを促進するための機能が多く実装されています。本編放送のあとに有料で番組を延長する機能、番組購入者のみ作品や資料ファイルがダウンロードできる機能など、既存のプラットフォームとは一線を画すサービスをご提供いたします。

 また、日英2ヶ国語に対応しており、国外からも簡単にご利用いただけます。AWS Elementalシリーズとサーバーレスアーキテクチャを採用し、AWS上にすべてのシステムを構築することで、安全で安定した配信を実現しました。

 10月19日の時点では「ゲンロン完全中継チャンネル」のみの先行オープンとなりますが、今後「辻田真佐憲の国威発揚ウォッチ」、「さやわかのカルチャーお白洲」、「弓指寛治のSur-Vive!」といったチャンネルがスタートします。「ゲンロン完全中継チャンネル」は月額6600円(税込)で生放送が見放題となり、放送後も半年間にわたりアーカイブ動画をご覧いただけます。

 今後チャンネルは拡大予定。開設を希望される方、資料をご覧になりたい方は、シラスサポート窓口(info@shirasu.io)までご連絡ください。

※1 ゲンロン主催のイベントの場合。他社主催のイベントは中継されないことがあります。
※2 通常の枠を超えた延長放送などの際に、追加の課金が必要になる場合があります。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/34496/table/12_1.jpg ]

問い合わせ先
株式会社ゲンロン/合同会社シラス
東京都品川区西五反田1-16-6 イルモンドビル2F
Tel 03-6417-9230 FAX 03-6417-9231
E-mail info@shirasu.io
Twitter @shirasu_io

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る