旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

稲垣吾郎、主演作『半世界』は「新しい景色を見せてくれた」

2019年02月18日04時15分 / 提供:ぴあ映画生活

稲垣吾郎が2月14日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作『半世界』の先行上映イベントに出席し、「大切に育て上げた作品をお届けできてうれしい。僕にとって新しい景色を見せてくれた作品」と強い思い入れを示した。

稲垣演じる40歳手前の炭焼き職人が、旧友との再会をきっかけに、仕事や家族と向き合い、「残りの人生をどう生きるか」と葛藤しながら、新たな希望を紡ぐ。昨年、開催された第31回東京国際映画祭でコンペティション部門の観客賞を受賞。舞台挨拶には稲垣をはじめ、共演する池脇千鶴、渋川清彦、オリジナル脚本を書き上げた阪本順治監督が登壇した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る